日々の散策から・・・
                                  トップペ−ジに戻る
6月21日   『夏至』太陽が一番高くなる日です・・・
早いもので今年も増せなく半分が過ぎようとしています。
今日は『夏至』、毎年梅雨の真っ最中なので、あまり感じないのですが、太陽が一番高くなる日で
す。言い換えれば、一番昼間の時間が長い日になる日です。
昨日までのカラカラ天気と違い。今日は朝から雨模様の鬱陶しい定期になりましたが、それでも花
たちは季節を敏感に読んで、咲き始める日は毎年ほとんど変わりません。
今、人々の眼はアジサイに向かっているようですが、この花たちもこの季節を代表する主役です。
左は『ネムノキの花』です。梅雨の晴れ間には特に輝く鼻だと思います。
右は、『ザクロの花』です。オレンジの鮮やかさが緑と映えて一段と目立ちます。
すでに、子房が膨らみザクロの、赤ちゃんザクロが育っています。
6月 5日   『芒種』稲植えの季節という意味だそうです・・・
前の『小満』同様、今期の『芒種』というのも名前だけからは季節感が見えません。
『芒種』とは、稲科の諸物の総称ということらしいので、私は、田植えの季節だと解釈しています。
実際゛横浜の片田舎の田んぼでは、一昨日と昨日は田植えラッシュでした。
この季節は、やはり『ハナショウブとホタル』の季節というのが私の認識です。
昨日で、横浜花博が終了しました。
そこで、『芒種』に合わせる花として、花博から選んでみました。
左は、大花壇に植えられている『アリウムギガンチウム』という、長ったらしい名前の花です。
多くの人は、『綺麗なネギボウズ』と言っていますが、日本人にとっては、ネギボウズそのもので
やはりこの季節では目立ちます。
右は、ご存じの『ハナショウブ』ですが、今もって私に、アヤメとカキツバタ、そしてハナショウ
ブの区別がつきかねています。
この花が咲き始めると、繰り返しになりますが、ホタルの濃いの季節が始まり、神秘的なホタルた
ちが乱舞している様子が観られます。
先日、近所のホタルの名所に出かけて、堪能してきましたが、私の技術では、その様子が紹介でき
映像が撮れないのが残念です・・・。
5月21日   『小満』初夏の香りが満ち溢れるという意味だととらえています
二十四節気の名前は、立秋んから立夏までは読んで字のごとく、どんな季節なのか漢字を見ただけで
像像できるのですが、今日『小満』は、どんな意味があるのだろうと首をひねりたくなります。
解説書にはいろいろと説明が書かれていますが、私は自然界の生き物にとって、過ごしやすく『満
足』できる季節からつけられた名前ではと推測しています。
この季節の我が家のプランタ−の主役はトマトです。
左の写真は、道行く人たちと前の老人施設に入居している高齢者の癒しになればと思って、今年も
ずらりと植えているトマトに花が咲き始めました。
まだ一段目だけですが、これから二段・三段と咲き始めると、なかなか見応えがでてきます。
右は、トマトの花に近寄ってパチリ。
後一月もすれば、緑と赤のコントラストが目立つと思いますが、現在は、黄色の花より紫色の『ホ
タルルブクロ』や真っ白な『マ−ガレッテト』などが勝っています。
5月 5日   『立夏』みどり溢れる素晴らしい季節です
5月5日は『こどもの日』。誰が決めたのか知りませんが、新緑の素晴らしい季節のこの日を、国
の宝である子どもたちを讃える日としたことに、その感性に心から敬意を表します。
今年は、ここ数日ずっと天気に恵まれ、一層、みどりが目に染みるような気がします。
この季節になると、唱歌の歌詞にあるように、『ウノハナ』が咲き始め、『ホトトギス』の甲高い
『テッペンカケタカ』と聞こえるような歌声があたりに響くようになります。
『卯の花の垣根』など、最近目にすることはありませんが、我が家にも小さいながら『卯の花』を
植えていますので、白い小さな花が咲き始めています。ホトトギスの声えも聞こえはじめました。
暦の上では、今日から夏ですが、ここ数日は実際に夏がきたような日が続いています。
この季節になると、決まって咲き始めるのが『サンザシ』の白い花です。
我が家にやってきて、はや40年近くなりますが、毎年可憐な白い花が満開になり、道行く人から
『何の花ですか』と問われることが稀ではありません。
まだ、咲き始めたばかりですので、花の数はお多くありませんが、これからが楽しみです。
右の後ろに黄色く見えるのは、今年5本に増えた『黄エビネ』です。
4月20日   『穀雨』この季節の雨は恵みをもたらします
ここ数日は変わりやすい天候で、暴風雨もありましたが、連日軽く20℃を越す陽気に恵まれ
植物質が一機に花開きだしています。
左は、我が家の庭の『タカネエビネ』です。柿色というのでしょうか、実に見応えのあるエビネで
す。
回りに植えている地エビネも一緒に写そうとしたのですが、少し無理があったようです。
右は、桜の季節が終わると同時に満開期を迎える『梨の花』です。
横浜の片田舎を流れる恩田川(鶴見川の支流)の周辺は『浜なし』の一大産地です。
生産量が少ないので、全国的な知名度はありませんが、地元では大人気の果物で、私も必ず知り合
いの農家に出かけて分けてもらっています。
実に美味いので、8月が楽しみです。
4月 4日   『清明』春のすがすがしい空気が溢れる季節です
トップペ−ジでも紹介していますが、我が家のすぐ近くだ横浜花博の会場になっています。
里山ゾ−ンと呼ばれていますが、そこの谷戸の風景です。
圧倒的な数の菜の花が植えられて、黄色一食に染まっています。
いちめん菜の花 一面菜の花・・・の世界です。
右は,我が家の庭に今年も顔を出してくれた『ヒトリシズカ(一人静)の小さな群落です。
一つ一つは小さな小さな花ですが、これぐらい固まって顔を出してくれると存在感があります。
楚々とした雰囲気が漂い、まさに清らかな空気を感じます。
3月20日   『春分』百花繚乱 春爛漫の始まりです
早いもので、今年も、もう『春分』を迎えました。
散策の途中で、いろいろな花と出会える季節になりましたが、その中から二つを初回する手と
します。
その一つが、左のこの花です。全国の小中学校では、この季節になると卒業式が行われますが
私にとって,卒業式が近ずくこの季節になると、思い出されるのが『ハクモクレン』です。
今年の四季の森公園のこの花は、少し花数が少なく貧弱ですが、それでも燐とした姿は魅力が
あります。
右は、『寒緋桜』ですが、こちらも、卒業式の頃に鮮やかなピンクの色で雰囲気を出してくれ
ます。
百花繚乱。春本番が始まります。
3月 5日   『啓蟄』生き物たちが活動をはじめる季節です
寒さで動きを止めていた生き物たちが、弥生3月の太陽の光と暖かさに誘われて、活動
をはじめる季節です。
四季の森公園でも゛一番に繁殖をはじめるカエルの仲間のオタマジャクシだ動きつわっ
ています。小鳥の声も一段と明るく音規矩聞こえるようになりました。
『啓蟄』の今日、暖かさに誘われてカメラ片手にいつもの恩田川コ−スを歩いてきました。
そこで見つけた、春の映像です。
左は、ヤブツバキの垣根ですが、妻を盛りとばかり花を咲かせています。
右は、ハナモモですが、こちらはつぼみがほころびはじめたというところ。これから辺り
一面をピンク色に染めることでしょう。
2月18日   『雨水』春の足音が大きくなってきました
昨日の強風は、まさに『春一番』。歩くのも苦労するほどでした。
今年は、日々の気温変化が激しいようですが、昨日の春一番が示すように、確実に春の
近づきを感じます。
自然界も彩りが鮮やかになりはじめ、これからはカメラを持っても重く感じなくなり、
花の写真を撮るのが楽しみになってきます。
左は、四季の森公園の『サンシュウ』の並木が、黄色に染まってきましたのでパチリ。
右は、隣の公園に『よこはまさくら』が見頃を迎えていますのでまたパチリです。
我が家の狭い庭でも、間もなくヒトリシズカやシュンランが咲き始めるのを待ちにして
います。
2017年2月4日  『立春』自然界の一年が始まります
今日は立春。暦の上では春となりますが、実際には一番寒い季節と言っても差し支えありません。
しかし、太陽の勢いは日に日に増して、日溜まりではポカポカ陽気を感じる毎日です。
光を基準にすればもうすっかり春・・・。
気象学者の倉島さんはこの季節を『光の春』と名付けましたが実にぴったりの表現です。
今年も、体力が続く限り、野山を歩き周り、自然の映像を撮りたいと思っています。
最初の映像として、JR横浜線の鴨居駅近くの鶴見川の土手で開きはじめた早咲きのさくらを紹介
します。
河津桜の一種だと思いますが、(誰がつけたのか)『幸桜』と名札がありました。
何となく幸福を感じさせるような、この花の命名者に乾杯したくなります。
右は、枝先にほころびはじめたマンサクの花を、マクロレンズで撮影してみました。
春一番に『まず咲く』という言葉から『マンサク』と名付けられたと誰かに教えられた記憶があり
ますが、細長い花びらが特徴の素敵な花です。
四季の森公園ので見つけました。
トップペ−ジへ