☆『120田舎自然塾』の設立
 私は2004年3月末で、30数年間の教職生活に幕を下ろしました。嘱託や再就職のお誘いもありましたが、全てお断りして教育委員会や役所からのしがらみを取り去ることを優先しました。
 もったいないというお声もいただきました。やることがあるの?と心配していただいた方も沢山おられますが、何より時間的な自由を最優先にしたくて、我が儘を通させていただきました。しかし、ただ悠々自適な生活を求めたわけではありません。
 私は、子どもたちの心が貧しくなっているのを心から憂えています。毎日のように新聞紙上を賑わしている少年たちによる凶悪な事件に対して激しい憤りを感じています。多くの人が自分の立場から、あるいは経験から解決策を提言しています。それぞれなるほどと思わせる立派な提言だと思いますが、私は少年たちに豊かな未来を感じさせられる社会を創ることしかないと思っています。
 そのためには大人たちが立ち上がらなくてはなりません。特に戦後便利な世の中、快適な生活を目的として、自然環境より開発、心より物の充実を叫び、がむしゃらに働いてきた私たちの年代の大人たちが、責任を感じて立ち上がる必要があると強く感じています。
 あまりにも激しく動く世の中に翻弄されて、私たちは次代を築く年代の人たち(今の少年たちの親の世代)に、日本人の持つ豊かな感性を伝えて来なかったのではないでしょうか。自分たちが豊かで便利な生活を求めて、子どもたちの躾をおろそかにし、実体験の場を奪ってきたのが今日マイナス要因として顕著に現れてきたように思えてならないのです。
 鉛筆をナイフで削ることなどまさに幻の世界となり、マッチで火をおこすこともなくなりました。最近では調理済みの食材がコンビニに並び包丁やまな板さえない家庭を笑えなくなりました。まして子どもたちにお手伝いを頼むことなど何一つなくなってしまいました。子どもたちが生活するために、自分で何かしなければならないことなど何一つなくなってしまったといっても過言ではありません。
 私は、子どもたちの豊かな心を育てることは、自分で体験すること、特に本物の自然体験だと信じて、教職に携わってきました。特に土と親しみ種から野菜を栽培し収穫して食する、という一貫した体験活動を楽しむことができるプログラムが子どもたちの心を豊かにすることを実践を通して得る事ができました。
 宿泊体験で、自分たちで食事を作らなければ生きていけないような生活をすることによって、友だちや先生との絆が強く深くなり、協力と自主という精神が育つ事も実践を通して体得しました。耐える能力が育つことも確信できました。テストで優劣を決めなくても良い環境で、自分の仕事を楽しむゆとりができると、あて手を思いやる心が育つのは当然です。
 私は、はたしてこれから自分の意志で動ける時間がどのぐらい残っているのか分かりませんが、残こされた時間を、ただ自分の趣味や刹那的な快楽を求めるために過ごすのではなく、次の日本の社会を担う子どもたちに夢と希望を与える仕事をしたいと願っています。
 といって、大した事ができるわけではありません。私にできる事は、自分の経験を通して培った、自然体験の重要性を語り続けていく事ぐらいしかないと思っています。その意味で、この『120自然田舎塾』というちっぽけな組織を立ち上げて、自然体験の大切さを訴えて行く事にしましたのです。
 このサイトは、日本人の血の中に流れるもっとも重要な感性だと確信している『季節感』をキ−ワ−ドとして構成しています。文字が中心のサイトですので、ゆっくりできない現代人にとっては、なかなかとっつきにくいかも知れませんが、少しの時間立ち止まって、一緒に自然について考えていただければ幸です。

☆季節感について
 私たち日本人の基本的な生活習慣は、日本の風土気候から生まれていることは誰も疑わないでしょう。世界に例のない温暖な島国であるが故に、生きる糧を得るに易しい風土は、争いを好まず盗む必要もない生活を生み、お互いを同胞としていたいたわりあい助け合う精神を自然に培ってきたにちがいありません。
 一年を通して雨の多い温暖な気候は、はっきりとした四季を作ってきました。
 四季というよりさらに細かい季節変化が毎年繰り返され、悠久の時を過ごすうちに人々は二十四節気七十二候という世界に例のない季節の変化を微妙に言い表す素晴らしい知恵を生み出したのです。

 
一年を72に分け、ほぼ5日を単位として変化していく自然の変化の基準は、日本の自然の中で咲く花ではないでしょうか。多くの野の花は蕾が膨らみだし、柔らかな色合いになりだしてからおよそ5日で満開を迎え、満開の日数が5日、そして散り始め5日で見頃を終えるというのはうがちすぎでしょうか。約半月15日は節気の長さに該当します。まさにはかない命かも知れませんが、この花を愛でる気持ちこそ日本人の美意識そのもののように思えてならないのです。
 この、ほぼ5日間で日々折々変化する自然が日本人の気風となり、自然界の生きとし生きるものに神が宿るという独特の哲学を生み出したに違いありません。私たちの祖先は、生きとし生きる物を育む、全ての自然、山・川・海・岩などにも神格を与え、信仰の対象としてきました。
 西欧社会が18世紀の産業革命によって、大量生産大量消費の思想を打ち立てました。わが国は鎖国という条件があったのは確かですが、19世紀の後半まで、この考え方を知らずにいたこと、そして知った後も、つい50年ほど前まではこの季節感が生活の基本になっていたのです。
 最近話題になっている様々な社会的な負の要因や事件は、実はこの日本人として一番大切な『季節感』を日本人自身が失ったからではないか、と考えるのは私一人ではないはずだと信じています。

 
季節感どころではなく、季節の行事もすっかり忘れ去られている感じがします。
 私の守備範囲だった教育現場でも、荒れた学校、校内暴力、登校拒否、問題行動、無気力無関心などなど、学校がかかえる問題は数多く、決してこれから少なくなることなど考えられません。ますます荒れの話題は多くなり、原因もより複雑化し、問題の解決は今以上に難しくなっていくに違いないでしょう。

 私はこのような問題を根本的に皆無にできないまでも、少なくする有効な方法の一つが、幼い時から季節の行事を家庭で親子が楽しむことではないかと考えています。
 物心ついた頃、親子で『鬼は外・福は内』。『明かりをつけましよ、ぼんぼりに…』などの合唱。香りのたかい菖蒲湯に親子で入る体験。わが子の将来を短冊に書き星に祈ったり、お月見をしながらお団子を作ったり食べたりするゆとり。これがわが子との信頼を作り上げると同時に、子どもの心の教育としてこれからの人生の糧になるのではないでしょうか。

 そのような両親の十分な愛情で育まれた子どもたちを、プロとしての教師が、そのこの才能を見いだし引き出し伸ばしていく、これが学校教育の本来の姿なのです。

 
涙が出るほど悲惨な現状ですが、『季節感』をキ−ワ−ドとして児童生徒と接していくことによって、何時の日にか日本人本来の優しい思いやりのある心が広がった社会ができあがることを信じています。
 この日本でしか味わえない季節感の素晴らしさを改めて認識し、季節の移り変わりを実感として感じ取り、それを誇りを持って世界に発信できることが、真の国際理解だと思っています。


☆ネイチャ−エバンジェリスト
 
私は退職後の仕事として、日本の原風景である里山の大切さや自然の中での活動の重要性を訴えていこうと思っています。
 『ネイチャ−エバンジェリスト』と称していますが、自然体験の大切さの語り部というか伝導する人(伝道師)という意味です。
 当初は『自然体験伝道師』と言っていましたが、敬愛する友人の柳田さんから『新興宗教と間違われるので、あまり例がないと思うがカタカナのこの方が良いよ。ネイチャ−エバンジェリストってなんだということから話題が発展すると思うよ。』とアドバイスいただきました。その意味では柳田さんが名付け親です。
 また、自然体験のお手伝いだけではなく、私自身が長年に経験で身につけた、教育のノウハウも、必要とされる方や団体がおられるならば、お話しに上がろうと思っています。
 特に、教育の縦割り、というか教育行政に対して、大いに疑問を感じている部分がありますので、校長職というしばりがとれた今、本心から教育を語っていきたいと思っています。場合によったら、現在の教育委員会や教育行政に対して、真っ向から反論することも少なくないと思いますが、よろしくお願いします。
 ネイチャ−エバンジェリストである私は、全国で自然体験を始めようとする学校や、自然体験の企画をすすめようとする地方の自治体などの要請があれば、どこでもいつでも飛んで行ってお手伝いすることが生涯の仕事なのです。


 『120自然田舎塾』など変な名前ですが、120が自分の名前の五雄(イツオ)と読めることと、0120はフリーダイヤルなので、要請があれば基本的にボランティアとして自然体験の重要性をいつでもどこでも話していく、という趣旨でもあるのです。  (杉)
                          トップペ−ジへ