シルクロ−ションが蚊除けの特効薬・・・

 利益を得ることを目的として『シルクロ−ションが蚊除けの特効薬』と宣伝すると、薬事法に違反すると思うので、だれにでも効く特効薬とは言わないが、少なくとも私と私の周りでシルクロ−ションを使っている人は、間違いなく今年蚊に悩まされることはないので、この繭で作ったロ−ションには蚊が嫌がる何かが入っているに違いない。
そのことについて記してみることにする。
 
 ひょっとして誰にも言わずにビジネスチャンスにすれば良いのだろうが、金儲けにはあまり興味が持てない私には、できれば蚊対策で困っている人が少しでも減ってくれたほうが生きがいになっている。信じるかどうかは読者に委ねるとして、ぜひ試してほしいと願っている。信じていただける方の連絡を待ちたいものである。ある意味、これぞ究極のボランティアではないだろうかと思えるようになっている。

 自然大好きな私であるが、連休を過ぎたころから野山を歩く時に絶対に欠かせないものが二つある。一つは『携帯の蚊とり線香』そしてもう一つは出かける前に肌に振りかける防虫スプレ−である。そして長袖で首にタオルというスタイルで、雑木林を散策する毎日であったが、今年はちょっと様子が変・・・。

 連休前からはじめている蚕の飼育のため、毎日朝夕桑の葉を取りに行っているが、今年は不思議なことに蚊に刺されることが全くない。そのことを別段気にしていたわけではないが、連休が過ぎてある日『あれ変だな、去年まではこの時期には蚊に悩まされていたのに・・・』とつぶやくと、家内が『そういえば変ね。私も今年は庭で草抜きをしていても刺されないのはなぜ?・・・。ひょっとしたらあれのせい・・・』と応える。

 どうやら体質が変わったらしい、というより蚊に嫌われる物質のようなものが身体から発しているのではないだろうか。去年と違うことは、たった一つしか思い当たらない。それはシルクロ−ションである。私のサイトで何度も紹介しているのでご存じの方も多いと思う。肌の悩みを持つ人に広めるために製造し配布しており、多くの方から喜ばれているのだが、蚊の特効薬となると、これはとんでもない朗報・・・。
 
 我が家でも、このシルクロ−ションは常備品。私は当初は顔だけであったが、今年に入ってはお風呂上がりには全身に刷り込み、朝夕はヘア−ロ−ションとして髪の毛にも使っているほどである。私は繭には育毛効果もあると信じているのだが、残念ながらまだ答えはない。(ただ、髪の毛がしっとりとし黒くなったことは確かであるが・・・)従って、私は化粧水とかヘア−トニックなどの市販品のものなどは一切使わず、全てこのシルクロ−ション一本。家内もそれに近いようだ。

 ほぼ9ケ月のシルクロ−ションの常用で、どうやら蚊が嫌がる物質が肌から発散するようになっているらしい。戸外で蚊が寄ってこない、蚊に嫌われることがいかに快適だということを実感している。去年までは、庭にでるのにも網戸の開け閉めには細心の注意を払い、蚊を家の仲に入れないようにしていたものだが、蚊に刺されないとなるとさほど気にならなくなる。部屋の中で蚊が飛んでいてもおおらかなもの・・・。

 最近は、桑の葉を取りにいくのにも、また雑木林を散策するのにもTシャツで十分、ブンブン蚊は飛んでいて、ズボンなどにはとまるのだが直接肌を刺すことはない。嘘のような話だが、今年になって蚊に刺されたことは一度あるかないか。

 薬局やス−パ−には、防虫スプレ−などが並んでいるが、全て化学物質によって蚊を撃退する薬品。若いママ達は平気で赤ちゃんに振りかけて、乳母車に乗せて外出しているようだが、本当に大丈夫なのだろうかと心配になってしまう。赤ちゃんからこんな化学物質で肌を守っていたのでは、そのうちアトピ−などで悩まされるようになるのでは・・。


 シルクロ−ションを常用すると確実に蚊に刺されない、と宣伝すると薬事法違反でつかまりかねないが、蚊に刺されやすい方は一度悩みの試して見る価値があると信じている。特に赤ちゃんには、ぜひ奨めたいものである。

 近々、私が園長をしていた中幡幼稚園に持っていって、実際にどのぐらいの効き目があるのか試してみようと思っている。もしその時幼稚園の先生たちが効果を認めてくれたら、これは素晴らしいものになりそうだ。園児たちが蚊を気にしないで活動できたら、これは画期的な発見になるだろう。(杉)
                          トップペ−ジへ