繭のエキスから作ったロ−ション

黄色と白の繭とエキスで作ったロ−ション 100円ショプで入手した入れ物に詰めてみました
試作品の数々です 繭が溶けている様子がわかりますか
 05年6月末から10日余り、養蚕の指導の取材を兼ねてフィリピンのネグロス島のオイスカのバゴ研修センタ−で滞在する機会を得ました。
 このことは、すでに何度も紹介しフィリピン紀行として掲載していますので、読んでいただいた方も多いと思います。

 この滞在中に、同研修センタ−の渡辺所長から繭を煮た液が『かゆみ止め』に大変良く効くと教えていただきました。肌にもなかなか良いらしく、所長と奥さんは愛用しているそうです。

 
そこで私は、繭から生糸を取り出し紡いでいる人たちの仕事ぶりをじっくりと拝見しました。ほとんどの人たちが近くの農家の、平均して子どもを5人以上産んだ婦人たちです。当然かなりの年齢の人たちばかりですので、皮膚の色は黒く、顔などは当たり前ですが皺が目立ちます。歯の欠けた人もたくさんいました。言葉を選ばずに言うと、決して美人とは言えない人たちですが、その手先は不思議ことにすべすべしています。顔の皺と手先の美しさの対比が極端です。なぜなのでしょう。

 
これこそ繭の力なのだと気がつくのにはそれほど時間は必要ありませんでした。繭を煮て生糸をざくり、紡ぐのですがその煮汁に皮膚を滑らかにする要素が含まれているのだろうと確信できました。早速、いろいろな文献を調べてみたところ、生糸に含まれるセリシンというタンパク質がそのような働きをするようです。
 
 私は帰国してすぐこの繭エキスロ−ションを作って、まず自分で何に効くのだろうと実験をはじめました。
 渡辺所長の言う通り、蚊に刺された時にこのロ−ションをぬると驚くほどの効果がありました。家族も同様に実験に参加してくれましたが、私と同じように蚊に刺された時のかゆみ止めとしては、一般に市販されている薬よりも効き目があるという結論に達しました。早速友人や知人に実験に参加してもらいましたが、ほとんどの人が効果を認めています。
 次は化粧水としてどうか、ということですが、これも素晴らしい効能が確認されました。寝る前や朝起きた時に顔や手に吹きかけて塗るのですが、全体的にしっとりと肌が引き締まリます。これも家族や友人たちの協力を仰ぎましたが、異口同音に『これは良い』と言ってくれます。かゆみ止めに効果があるのであれば、汗疹や水虫にも効くはずです。私は皮膚が比較的強いので悩みがありませんので、水虫で悩んでいる友人に試してもらったところ、好評で定期的に作って渡すようになっています。
 
 私は、この繭のエキスロ−ションが子どもたちのアトピ−に効くのではないかと思っています。アトピ-については原因がはっきりしませんので、現代医学では治療が難しいことなどから、悩んでいる子どもたちが多いことは校長職の時から知っていましたし心を痛めていました。
 実証数が少ないので、間違いなく効くとは断言できませんが、アトピ−で悩んでいる人にはぜひ奨めたいと考えています。子ども達はこんな自然からのプレゼントを待っているのではないでしょうか。

 私が作るこの繭のエキスを取り出したロ−ションは、一切薬品を使っていませんので数日間しか持ちませんが、新鮮な繭さえあればごく簡単に作ることが可能です。繭のタンパク質は人体と同じような性質を持ち無害であることはよく知られています。

 
偶然知ったことながら、この蚕からの素晴らしいプレゼントを多くの人に伝えるのことも私の仕事だと考えています。アトピ−や皮膚炎などで悩んでいる方にぜひ試していただければ幸です。
 アトピ−の特効薬になれば最高と願っていますが、私はこのロ−ションで商売をする気持ちは全くありません。ただただ、私はこの繭からのプレゼントが、今多くの人々特に子どもたちを悩ましているアトピ−に効果があるならば、ぜひ広げたいと願っているだけです。
 もし、アトピ−でお悩みの方や興味がある方がおいでになったらご連絡ください。トップペ−ジにメ−ルのアイコンがありますので、そこをクリックしてお便りいただければ幸です。
 基本的には作り方をお教えしますので、ご自分の手で作られることをお薦めしますが、繭が入手できない方には、実費だけ負担していたければ、何らかの方法でお渡しできると考えています。東京近辺でお住まいならば、直接お会いしてお渡しすることも可能ですし、遠方の場合は郵便か宅配便でお送りできると思います。

 つい最近まで、日本のほとんどの地方で養蚕が行われていました。現在の日本があるのも養蚕のお蔭だと言っても過言ではないほど日本の発展の歴史には養蚕なくして語ることなどできません。都会でも桑の樹が至る所で見つかるのも、養蚕が残した遺産に違いありません。

 私は『蚕の飼育』は、命の教育のプログラムとして最高の教材だと信じています。
なぜ蚕の飼育なのか?、と聞かれることもありますが、その場合私は次のように答えています。
1.カイコは、卵−幼虫−蛹(マユ)−成虫(蛾)と完全変態する昆虫で、卵から孵化する瞬間から繭を作るまでの約一月の間、時系列に沿って継続観察できること。
2.幼虫時代には脱皮を繰り返し成長するがその変化が大きく、間近で観察できること。
3.桑の葉しか食べないので、桑の葉さえ入手できれば飼育は比較的簡単であること。
4.長い歴史の中で改良された昆虫であるので人体に全く無害であること。
5.わが国が発展の原動力・蚕を知ることそのものが歴史的にも価値があること。 など

 日本において、養蚕としての産業は無理だとしても、自分の皮膚を守るためにも蚕を飼育して繭を作ってみたらいかがでしょうか。
 繰り返して恐縮ですが、蚕の飼育は最高の命の教育プログラムなのですから・・・。
 (杉)
                          トップペ−ジへ