桑の葉パウダ−について

昔から『桑の葉』には大変身体に良い成分が入っていることは、一部の人たちの間ではよく知られたことだったようです。
 しかし、養蚕家にとっては、蚕の餌となる大変重要な植物ですので、漢方薬として専門家筋しか扱わないようにして、積極的に桑の葉の効能については広まらないようにしていたフシもあるます。

近年、養蚕が廃れ、桑の樹が無用の長物となってきたことから、逆に『桑の葉』が注目されるようになり、桑の葉にしか含まれていないデオキシノジリマイシンという成分が 腸から糖分を吸収し難くしていることが発見されてからは、糖尿病に有効だと爆発的に需要が増えてきたようで。

実際に漢方薬局はもとより、普通の薬局にも桑の葉を使った『桑茶』や『青汁』、『桑の葉の粉』など桑の葉を原料とした健康食品が数多く並んでいます。ネットでも『桑の葉』で検索してみるだけでも1000を超えるサイトが見つかるほどです。

私は、長年蚕を飼育するうちに、卵から僅か一月で体重・体積ともが約1万倍に成長し美しく有用な繭を作ることに不思議さを感じ、その源が『桑の葉』の栄養素にあることを確信していましたので『桑の葉』の成分に興味と関心が湧いてきたのです。

そして様々なことを調べ始めたのですが、まず、その成分にビックリしました。(別紙を参照願います)

カリシウム亜鉛、リンカリウムの含有量を見た時一桁も二桁も違うのでは・・・と我が目を疑いました。二度も三度も確かめましたが間違いありません。
 カロチンビタミンAの数値も物凄いものがあります。他の食品と比べると、一体どうなっているの・・・と思うほど凄い数値が並んでいます。

これは間違いなく使えそうですが、市販されている『桑の葉の粉末』の価格は高く、安いものでも100g入りで1500円、高いものになると2000円を超えてしまいますので、貧乏人の私には常用はとても無理です。

しかも、偽装流行りの昨今、誰が作ったものなのか調べようがないのが現状では、本当に100%『桑の葉』で作られたものかという疑いもあります。
 そこで、3年前からこの『桑の葉』の粉末を自分で作ってみようと、『桑の葉』が成熟する6月頃から、毎日のように試行錯誤を繰り返してきました。

桑の葉は近所でいくらでも調達できます。
 それを 良く洗って 蒸して 天日や温風で乾燥して 手で細かく砕いて コ−ヒ−ミルで粉末状 にするのです。

 かなり困難な作業の連続ですので、やればやるほど、市販されている『桑の葉の粉末』の値段は決して高くないと思い知らされましたが、何とか『世のため・人のため』になるものを作ろうと真剣に努力してきました。
 その結果、ある程度のものは作れるようになりましたが、粉末とはいえ完全にパウダ−状ではありませんでした。どうしても口の中に桑の繊維が残ってしまいます。私は気にならないのですが、どうしても気になる人には勧めても無理です。なんとかバウダ−状にできないか考えましたが、機械がないと無理なようです。そこでネットで、粉砕できる機械を探して、購入することにしました。しかし私が購入できるものですからたかだが10万円程度の機械です。

モ−タ−が水冷式で、しかも長時間の連続運転はできません。
30分が限度ですので、一度には500g程度の粉末しかできないのは仕方ないとしても、物凄い音が出るのが悩みです。

 それでも、さすがに安物でも機械は機械です。完全に『桑の葉』がパウダ−状になります。口に入れても歯触りも全く気にならなくなりました。
 機械の扱いにも慣れて、やっと満足できるものにすることができました。

毎日、パウダ−作りばかりしていられませんので、に量産にはほど遠いですが、現在では一日1500g程度(15袋)は作ることができるようになりましたので、徐々に需要に応じることができ始めました。

私は、この『桑の葉のパウダ−』を小さじに軽く一杯程ヨ−グルトに入れて、蜂蜜を加えて朝食時に食べています。お蔭で健康には何も心配なくなり、医者から薬の服用指示もなくなりました。

家内も、いつの間にかつきあうようになり『最高に身体に良い』と常食しています。

何に効くのかはお楽しみ。ぜひ、少しの間毎日試していただければ、『桑の葉』の力を実感していただけると信じています。

なお、この『桑の葉のパウダ−』はしっとりとしたバウダ−状ですので、ヨ−グルトに入れる他に、直接水で溶いて『青汁』のようにして飲むのも良いと思います。
 牛乳との相性も良いようです。

また、お菓子、あるいはうどんやそばなどに練り込んだり、蓬餅ならぬ『桑餅』にするなど、使い道は自由に広がります。
 素晴らしい効果があったよと・・・との連絡を楽しみにしています。

120自然田舎塾  杉原 五雄

桑の葉利用の最初の画面に戻る

トップペ−ジへ戻る