蚕の飼育記録
2010年の蚕の観察記録です。かなり成長が遅い記録ですが、参考になれば・・・。
6月21(月) 誕生42日目
 ようやく、一つの繭が敵はじめています。何と孵化してから42日という日数が過ぎています。これは私としても一番長くかかった記録です。
 一応、ここまで育ったので、数日後に繭を様子はお知らせるとして、今回の観察記録は一旦終了したいと思います。 
 作りはじめた繭をアップで撮影してみました。この映像をとった後で、まぶしの向きを変えましたので、左の映像とは縦横が逆になっています。(21日午前8時撮影)
6月20(日) 誕生41日目
 今日こそは繭をつくっていると楽しみにしていたのですが見事裏切られたようです。このマンションは4年ほど使っていますので、嫌なのかもしれ増せん。去年も同じようなことを感じたような気がします。  そこで、朝から大急ぎで新築のダンボ−ルマンションをつくって見ました。でも、つくり終わって気がついたのですが、どうも表面がツルツルしていますので、気に言ってくれるか心配です。
6月19(土) 誕生40日目
 やっと繭をつくる気になってくれたようです。
 明日には、つくっている様子を紹介できることを楽しみにしています。
6月18(金) 誕生36日目
 それにしても遅れています。忙しさにかまけて、そんなことを気にしないで育てていましたが、もう36日目になってしまっています。本来ならどんど繭をつくっても良い日数はすでに超えているのですが・・・。  本格的に繭つくに入るため、その気になっているように思える蚕を別室に移しました。明日は繭の映像が提供できれば良いなあと思っています。
6月17(木) 誕生35日目
 いよいよ忙しくなんてきました。昨日から、網を用意して移動しやすいようにしていますが、今朝はとりあえず『まぶし』を用意して、何時繭を作りはじめても良いように準備しました。  個別の映像がもう必要ないと判断しましたので(場所もないのですが)、個別飼育は今日でお終い。明日からは、一緒に育てます。白繭の方の映像は省略します。明日からも・・・。
6月16(水) 誕生34日目
 何時 糸をはいて繭を作ってもおかしくないほどの大きさになってきました。そろそろ『まぶし』を用意しなければいけないようです。  同じ頃に卵を配った学校からは、繭を作りはじめましたという連絡が入りはじめました。我が家では少し遅れ気味ですが、つもなく追いつくのでは・・・。
 今日は、映像だけで・・・。  こちらも映像だけにします・・・。
6月15(火) 誕生33日目
 黄色繭の蚕は、多少の個体差はありますが、平均的に大きくなっているようです。休んでいるものもあって、桑の葉が追いつかないという状態ではありません。  際立って大きい蚕が一頭います。この様子ではあと数日で巻きはじめるのではないでしょうか。同じような条件で育てているはずですがが・・・。
 二頭そろって、首を上げた蚕独特のお得意のポ−ズです。  シンクロしていませんが、こちらも・・・。
6月14(月) 誕生32日目
 昨日はクワコを発見。桑の葉も多く採ってきたのでふんだんに与えています。でも与えすぎで食べきれないようです。
 今日から梅雨入り・・・。
 気温が下がっていますので少し活動が鈍っているような気がします。
 黄色繭の2頭の蚕がそろって脱皮しました。こちらも5齢になったようです。繭を作るまでには、あと1週間というところでしょうか。  今日はごく近くに並べて見ました。改めて個体差の大きさにビックリします。小さい個体を変えてみることも考えていますが・・・。
6月13(日) 誕生31日目
 昨日の夜にたっぷり桑の葉を与えたので、今朝はご覧のようにまだ食べきれていないようです。今日はこれからとりに出かけて新鮮な桑の葉を上げようと思います。  こちらも同じです。
 どうですかこのお得意のポ−ズ・・・。  大きい方は5齢になったようです。脱皮した脱け殻と一緒に写してみました・・・。
6月12(土) 誕生30日目
 やっと時間がとれるようになりましたので、大きい住まいを提供することにしました。少し見にくいですが、蚕たちにとってはよい環境になったと思います。  新しい桑の葉を与えたので、蚕たちがどこにいるのか探すのが大変かもしれませんが、30分もしないうちに、ほとんどが上に上がってきますよ。
 上方に見える蚕は、頭を持ち上げる蚕独特のポ−ズをしています。黄色繭の蚕はいつも同じような場所で生活しているので撮影は比較的楽です。  こちらは一つの画面に収めたいので、まだ3齢小さな蚕を探すのが一苦労。こんなに個体差があるという見本ですので、大事に育てています。
6月11(金) 誕生29日目
 今日まで時間がありません。あすから丁寧に世話することにして、映像だけ・・・。  7時半撮影
6月10(木) 誕生28日目
 あと、一週間ほどでしょうか、繭を作ってくれるまでは・・・。今日も時間がありませんので、映像だけに・・・。  桑の葉のやり方が変だったので、多くは葉っぱの後ろに隠れています。7時半撮影
 順調に成長しています。  小さい方も少し大きくなったようです。
6月9(水) 誕生27日目
 ようやくコンピュ−タの不具合が直りました。昨夕、たくさん桑の葉を与えたのですが、ご覧のように食欲は旺盛です。   黄色繭に比べて個体差が大きいのは変わりませんが、こちらも食欲は旺盛、元気です。
 すっかり蚕らしくなってきました。   片方の成長の遅れは何なのでしょう・・・。
(8時撮影)
6月8日(火) 誕生26日目
 コンピュ−タのシステム復旧をしなければなりませんので
今日は映像のみ・・・ 
 明日・明後日とカンヅメの会議です。更新できないときはご勘弁ねがいます。(8時半撮影)
   
6月7日(月) 誕生25日目
 コンピュ−タの不具合で古い機械で更新しています。カメラもちがいますので、いつもと少し違った画像になってしまいました。  ここまで大きくなると、世話のし甲斐があります。後10日ほどで繭を作り始めるのではないでしょうか。
 黄色という文字を入れてみました。  小さい方が葉の後ろにいるのがわかるでしょうか。
6月6日(日) 誕生24日目
 ここまで成長すると毎日の成長がより早く大きくなります。住まいが小さいので、先日から一回り大きい箱にしているのですが、それでも窮屈そうです。  白繭の蚕も負けてはいません。大きくなっている様子は映像からもよく分かると思います。こちらも住まいを大きくしていますので今日は全景を・・・。
 昨日寝ていた蚕も起きて活発に活動しています。こちらは2頭がごく近くで暮らしています。  一方の成長が際立っています。個体差が大きくなっていくような気がします。
6月5日(土) 誕生23日目
 脱皮の痕跡がたくさん残っていましたので、多くは4齢になったようです。こうなると桑の葉の食いつきも凄いものがありますので毎日が大変です。  こちらは個体差が大きいですね。3齢になったばかりの小さな個体もありますが、多くは黄色の繭と変わらない大きさになっています。
 左の個体は完全にお眠りのようです。脱皮の痕跡が残っていますので、2頭とも夜の間に4齢になったようです。  こちらも脱皮していました。しかしこの個体差は何なのでしょうね。余りにも違うので気になります。
6月4日(金) 誕生22日目
 一昨日あたりから天気が安定し、昼間の気温も高くなったので食欲がでたようです。これから毎日の桑の葉採りが大変ですが、日々の成長は楽しみです。  こちらの蚕も全て3齢になり元気に活動しています。ここまで大きくなると桑の葉の取り替え時、神経を使わなくても済みそうです。
 だいぶ接写に慣れてきたので、撮影にかかる時間が少なくてすむようになってきました。  小さい方が心配ですが・・・。
 (10時撮影)
6月3日(木) 誕生21日目
 今日は時間がありませんので、映像だけで・・・。  (午前7時撮影)
6月2日(水) 誕生20日目
 今年は例年に比べて桑の葉の食いつきが悪いようです。気温が低いせいだと心配していませんが・・・。  食いつきは悪いのですが、ここまで大きくなると朝夕の桑の葉採りが忙しくなってきます。
 面白い構図で撮れました。相変わらず近くで過ごしているようです。  かなりアップで撮れましたが、こちらは個体差が開く一方なのが少し気がかりです。
6月1日(火) 誕生19日目
 黄色繭の蚕も個体差がかなりでてきました。条件は同じだと思っているのですが、何かが違うようです。  今年は気温が低い日が続いたからだと思っていますが、かなり数が少なくなっているのが気になります。
 この2頭はいつも同じような場所で生活しています。当然大きさも変わらず、観察者としては楽ですが・・・。  こちらは別行動ですので、一緒に写せません。今日は同じ葉っぱに移して撮影しました。
5月31日(月) 誕生18日目
 今朝は充電も終わり、ある程度納得できる映像が撮れました。個体差は少しありますが、全体的にそろって大きくなっています。  こちらは個体差が大きいのがはっきりしています。
 2頭とももう1円玉の直径より成長しました。何となく仲が良いような感じです。  こちらは、こんなに違います。違う葉っぱで生活するのも面白い現象です。
5月30日(日) 誕生17日目
 今日はいつものデジカメが電池で使えません。違うカメラで苦労してアップしていますが、全体の姿はピンボケで使い物になりません。今日は別飼育の方だけを・・・  個体差がかえって大きくなっていくようです。別に苛めているわけではないでしょうが、大小が離れた場所にいるのは気になります。部分的に切り取っていっしょに写しましたが
5月29日(土) 誕生16日目
 どの蚕が被写体なのか識別不能ですが、全体的に成長していることは理解できます。ただ、気温が上がらないので成長の速度は遅いようです。  白色繭の蚕もどんどん大きくなっていますが、黄色繭の蚕に比べると個体差が大きく、全体的に少し遅いような感じです。
 デジカメの気分が悪いらしく、近づくと暗くなってしまいますが、一円玉とほぼ同じぐらいの身長になっています。  こちらも暗い映像になっています。一方の成長が遅れていますが少しは追いついてきたようです。
5月28日(金) 誕生15日目
 ほとんどが3齢になっています。いよいよこれから毎日の桑の葉集めが忙しくなります。  黄色に繭に比べて少し成長が遅く感じられます。少しピントがぼけてしまいました。
 これもピントがぶれましたが、左の個体は脱皮が終わった直後、その皮が写っていますのでそののま掲載しました。  ここまで個体差があるのはどうしてなのでしょうか。確か同じようなものを選んだつもりなのですが・・・。
5月27日(木) 誕生14日目
 全体を撮ってみました。個体差はありますが、全体的にずいぶん大きくなりました。  黄色繭に比べると個体差が大きいのが気になります。同じように世話をしているつもりなのですが・・・。
 今日は比較的美味く撮れました。3齢になるとすっかり蚕らしくなってきました。  これも一つの個性には違いありませんが、どうしてこんなに違いが出るのでしょうね。
5月26日(水) 誕生13日目
 どうもカメラが言うことを聞いてくれません。ピントが甘いのですが下の映像は個別飼育の蚕です。  下の映像が白色繭の個別飼育の蚕です。個体にこんなに差ができてしまっています。(午前9時撮影)
5月25日(火) 誕生12日目
 個体に差がありますので、一日の変化はなかなか分かりにくいものですので、個別飼育の映像は明日に・・・。  白色繭の蚕の方が全体的に少し遅れ気味のように感じます。 こちらも個別飼育は明日紹介します。
5月24日(月) 誕生11日目
 今日は会議が入っていますので、まもなく出かけなければなりません。映像のみと言うことで・・・  下の映像は2頭別飼育のそれぞれの蚕たちです。
5月23日(日) 誕生10日目
 カメラの調子が良くないらしく、昨日のようにアップするとボケてしまいます。  今日はこの程度で・・・。
5月22日(土) 誕生9日目
 写真を後で選ぶときに、黄色と白色との区別が難しくなりますので一円玉に印をつけることにしました。
 ずいぶん大きくなったのだわかります。
 白色繭教育蚕も食欲旺盛です。
 こちらも大きくなっています。単独飼育の方は動きがないところをみると眠の状態のようです。(午前11時半)
5月21日(金) 誕生8日目
 デジカメの調子が今一つよくありません(腕が悪いと言った方が良いのでしょうが)ので、こんな映像になってしまいました。
 左は2頭ずつ飼育している容器から出したものですが、黄色が新しい葉にとりついていませんでした。眠の状態かなと思ったのですがすぐに動きはじめたので、今の葉の方が美味しいのかもしれません。
 今朝ははこの程度で・・・(午前7時)
 昨日まで時刻を記入していませんでしたが、大体9時前後でした。今日からは時刻を記入します。
5月20日(木) 誕生7日目
 誕生して1週間になります。たくさんいますので個体を識別することができません。そこで、映像のように器を別に作り、それぞれに二頭入れて観察することにしました。これで個体がはっきりすると同時に、眠っているところも映像で紹介できるのではと思っています。  器から取り出して写してみました。
 画像が小さくて分かり難いかもしれませんが、身体の大きさに少し差異があるようです。
 黄色繭の蚕たちの一部です。日一日と大きくなっている様子がよく分かります。  白色繭の蚕です。こちらの方が大きく見えますが、カメラを近づけた結果です。一円玉と比較してください。
5月19日(水) 誕生6日目
 
 一回目の脱皮を終えて2齢になっている蚕が多くなってきました。身体もだいぶ大きくなり、アリの用に真っ黒ではなく縞模様がはっきりわかるようになっています。
 あと数日すれば、第二回目の脱皮をして、ますます蚕らしい真っ白な身体に変身することでしょう。
一方白色繭の方ですが、こちらも変身した蚕がでてきましたが、一日遅れが響いているらしく、全体に少しこぶりのものが多いようです。
 それぞれ100頭ほどが桑の葉の中に隠れています。できるだけ動かさないように観察を続けています。
5月18日(火) 誕生5日目
    
 黄色繭の蚕です。早く生まれたものの中には、すでに縞模様がでてきています。  こちらは白繭の蚕ですが、黄色繭と同様かなり成長しているものもいます。
5月17日(月) 誕生4日目
   
 ピントが甘くなってしまいましたが、全ての卵は脱け殻になっています。新しい葉を与えると、数秒もしないうちに移動してきます。私は新しい葉を古い葉をはさむように、サンドイッチのようにして与え、移動しやすいようにしています。  今朝見ると、白色の方の卵も全部孵化していました。明日からは卵の様子は必要ないと思いますので、成長を中心にレポ−トすることにします。こちらも、あっと言う間に、毛蚕たちは新しい葉に移ってきました。
5月16日(日) 誕生3日目
 3日目です。ほとんどの卵が孵化したことがわかります。
 桑の葉に空いた小さな穴は、毛蚕たちが必死になって食べたあとです。
 一方、白い繭の蚕の卵はご覧の状態です。昨日の映像とかなり明るさなど違いますか、部屋の明るさの状態が違うことと、私の腕の拙さと理解していただければ幸いです。
5月15日(土) 誕生2日目
 誕生から一夜過ぎました。ピントが甘いので見づらいかもしれませんが、この間にかなりの卵から毛蚕が生まれているのがわかります。
 昨夜与えた桑の葉はしおれていますが、新しい葉にどんどん移動しています。これは本能なのでしょうね
 完全に移動し終わったと思えたら、虫眼鏡で確認して古い葉を捨てるようにしています。
 遅れている白い繭の蚕の卵が、薬1日遅れで孵化しはじめました。
 同じ距離から撮影ではないので、大きさは比較しにくいと思いますが・・・。
 毎年のことですが、この瞬間『生きもの』という実感と、命き誕生に感動します。
 親子で飼育すれば、きっき互いに心和み、命を大切にする気持ちが育つと思いますよ。
5月14日(金) 我が家の蚕の誕生日
 
 
 トップペ−ジにも示しましたが、今朝、黄色繭蚕の数個の卵から小さな小さな命が誕生しました。これからそばに置いた1円玉と比較して、どのように成長するのか追いかけていこうと思っています。(午前6時半)
 早速、若い桑の葉を与えたところ、毛蚕たちにはその存在を嗅ぎ取る能力があるらしく、すくに移動し、葉っぱにとりつきはじめます。
 このとき、指導書などには、桑の葉を細かくして与えると書いてありますが、葉を細かくするとすぐしおれてしまい、そのカスと毛蚕が見分けるのに苦労しますので、今回は葉っぱをそのまま与えることにします。(午前9時記録)


 トップペ−ジに戻る