今瞬放話(まだボケていないと思っている私のボケ防止の独り言)
ア−カイブ(これまでの掲載分

7月20日  殺さない前に進まない国?・・・
 連日の猛暑に、かなり暑さに強いと自認している私でもかなりバテ気味になり、ク−ラ−に頼る日が続いている。
 それでも、ここは横浜の片田舎の山の中。超夏向きのオンボロ我が家では、夜になれば軍と気温が下がり息を吹き返すことができるが、コンクリ−トで固められた都会では、ク−ラ−なしでは寝つけないのでないだろうか。
 一昨日などは、岐阜県多治見市で40.7℃、京都とでは8日続きの38℃越えに加えて昨日は39.8℃というから、京都の夏を知っている私でも想像に絶する値。
 5年程前に、高知県の四万斗で40.5℃と発表された時には、日本中からウソだろう疑問の声がでたらしいが、今回は無条件に納得したのではないだろうか。いやむしろ、暑さ日本一を誇る熊谷や館林などが40℃越えがないのが奇怪しくないという声さえ聞こえてくる。

 そんな中で、一昨日に2020年の東京オリンピックの協議日程が決まったというニュ−スが流れていた。
 20年7月24日から8月9日まで17日間に、史上最多の33競技339種目が実施されるのだそうだ。こんな日程を決めた輩の脳味噌は腐っているのかも知れないが・・・。
 中でも、この酷暑の中でホントにマラソンを行うのだろうかという素朴な疑問が頭をよぎるが、マラソンはオリンピックの花ということで、競技開始の時間を午前7時にして開催するのだそうだ。
 何度も繰り返しているが、私はオリンピックには全く関心がないので、どうぞご勝手にというところであるが、最近は、熱中症で救急搬送されるということが、NHKはもとより民法各局のニュ−スやワイドショ−の最初のテ−マになっているほどの猛暑が続いているとなると、2年後はさらなる暑さにならないとも限らないことから、もしも、暑さで人が死んだら、誰がどう責任をとるのだろうと、要らぬ心配をしてしまう。

 そんなことをぼんやり思っていると、昨日の朝、ネットでトンデモ記事を見つける。ヨミウリ新聞が報じたらしいが、17日に政府がマラソン元五輪代表の瀬古利彦氏らによる有識者会議の初会合を開いたところ、猛暑対策として『打ち水』や『浴衣』などが提案され、マラソンコ−スの沿道で実行するのだそうだ。
 『有識者会議』は、日本ならではの暑さ対策として、観光PRにも生かしたいと打ち水のほか、浴衣やよしずの活用などが浮上しているとのことだが、政府が招集する有識者会議のバカバカしさをこれまでも知らされているので、ただ『アホカ』という言葉しかでてこない。
 確かに、打ち水や浴衣は何となく涼しい感じを与えることは否定しないが、これが流行った江戸時代と現在とは日中の気温が違う。詳しく調べたわけではないが、私が子どもの頃は、30℃などはめったにお目にかかる数値ではなかったことから、江戸時代ではもっと低かったと想像している。
 それが現在は、横浜の片田舎でも連日33℃°越えは当たり前、東京や横浜の都心部では軽く40℃を越しているのだから、打ち水で気温が一挙に下がるとは思えない。
 むしろ、暑さを覚悟で大勢の人が集まる沿道では、熱気がピ−クに達しているとなると蒸し暑さをさらに高めるだけで、救急搬送される人の数を増やすだけではないだろうか。マラソンコ−スでは交通異性で救急車もたどり着けない可能性も大きいとなると、死人がでても奇怪しくないのでは・・・。
 まして、直射日光の当たる場所での浴衣姿など誰が好んで着るというのだろう。早速、ネットでは『竹槍で爆撃機に突っ込むようなもの』という書き込みがあったそうだが、なるほどもっともと変に感心してしまう。

 またまた『日刊ゲンダイ』の記事になるが、この大衆紙曰く、そもそも東京五輪は、五輪招致委員会が『この時期の天候は晴れる日が多く、かつ温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候』とIOCをだましてもぎ取ったビッグイベントで、イギリスのタイムズ紙は今年1月、『東京五輪では選手だけでなく観客も極度の蒸し暑さによる熱射病で死亡するリスクにさらされている』と報じているとのこと。
 その通りだと納得する。しかも、『熱中症』ではなく『熱射病』と表現していることも、私には不気味な警告と受け取れるのだが。
 先日、愛知県豊田市の小学校で行われた校外学習で、1年生の男児児童が熱射病で亡くなったことから、世間が大慌てで動き出したが、この国では、人を殺さなければ何事も改善しないことが当たり前になっているのは悲しい事実。

 死人が出る可能性が確率が大きいのだから、2年後のこの時季でのオリンピックは返上した方が無難だと思うのだが、オリンピック命の輩にはそんなことすら考えることもできないようだ。
 どうしても開催したいのなら、せめて半世紀前の東京大会のように、10月にずらすべきだと思うのだが、こちらもいう方が無駄か・・・。 
 しかし、人が死んでも東京都はもちろん、国も組織委員会も、『遺憾』という一言で片づけることを許して良いとは思わないのだが・・・。(杉)








7月19日
  日本人が中国でスパイ行為?・・・
 朝日新聞の記事にある、『中国各地で2015年以降に日本人がスパイ行為などを疑われて相次いで拘束された事件で、遼寧省丹東市の中級人民法院(地裁に相当)は13日、丹東で拘束された神奈川県の50代男性に対して、刑法のスパイ罪などで懲役5年の実刑と服役後の強制国外退去処分などの判決を言い渡した』という一文に、なんとも不吉な気分にさせられる。
 何故かといえば、少し前の日には、同じ事件で拘束され起訴されていた8人のうち愛知県の50代男性に対しては浙江省杭州市の裁判所が、懲役12年の実刑を言い渡していたことをやはり朝日新聞が報じていたからである。
 記事には、この男性は在日朝鮮人の父と日本人の母と一緒に北朝鮮に渡ったが、その後脱北して01年に日本に戻り、日本国籍を取得したとある。また、男性は、日本の政府筋の情報機関と以前に接触していたという情報もあるという。なんとなく曰くのあるような書き方であるが、スパイ行為が事実だとしたら、これはかなり深刻な問題になりそうだ。
 丹東市は北朝鮮に接する貿易都市らしい。周辺には国境を守る軍事関連施設があり、また、脱北者が中国以外の第三国に逃亡するために多く潜伏しているとされるというから、なるほど小説や映画の世界にある、スパイたちが暗躍する舞台装置は揃っていたようだ。
 毎日新聞のネット版に、この問題が明らかになると、すぐに日本政府は官房長官が、記者会見で、スパイ行為には現政権はかかわっていないと断った上で、『日本人保護の立場から、政府としてできる限り支援していく』と発言したという記事を見つけたが、かのシラ−とした官房長官のこれまでの言動を見るにつけて、どこまで本気なのかと違和感を覚える。
 毎日も朝日も、これ以後の続報はないが、今、現政権にもっとも批判的な記事を掲載している『日刊ゲンダイ』という大衆紙のネット班に、面白記事を見つけて、ひょっとしてこれは小説の世界ではなく、現政権がかかわっているのではないかという疑いを持ってしまった。
 その記事には、ある政府関係者は『公安調査庁が(逮捕された)男性らに写真撮影や情報収集を依頼した』と話しているというから、これはトンデモ事件に発展する可能性がありそうだ。
 また、中国当局は、『日本からのスパイ目的での訪中者リストを入手しており、一網打尽の検挙が出来た。今回の手続きも自信満々です』とある。
 ホホントかなと思うが、私自身、現政権のやり方を真正面から批判していることから、『日刊ゲンダイ』の発している記事を注視していると、実に核心を着いていることが多く多分このスパイ事件でも、全てが正しいとは思えなくても、現政権が何らかのかかわりを持っている可能性はありそうだ。
 ここからは、いつもの推理小説気味の想像になるのだが、中国政府としては『よくぞスパイ行為をしてくれたもの』と、内心喜んでいるに違いない。日本政府として、もしも事実だとしたら、中国に対して最大限の負い目を背負いこんだというところ。
 官房長官が、すぐにスパイ行為を否定したことが、かえってキナ臭く思える。表沙汰になったら、それこそ中国に首根っこを押さえられる重大事件だから、絶対にスパイ行為を認めることはできないことは明らか。
 だといって、知らん顔ができないことから、『なんとしても救出する』という表現ではなく『支援する』という曖昧な言葉になったのではないだろうか。官房長官の『支援』とは、家族や親戚などに対して『男性のことは諦めてくれ。その変わり、官房機密費を使って莫大な補償金を出すから・・・』という筋書きは、小説の読みすぎだろうか・・・。
 現政権の犠牲にされる8人が気の毒で仕方ない。朝日も毎日も、恐らくその他のメディアも、起訴された事実はつかんでいることから、さらに深く調べているに違いない。
 しかし、間違いなく政府から報道規制がかかってことだろうから、続報は期待できないが、8人が現政権の犠牲になって事件をウヤムヤになってしまうことはなんとしても許せない。
 ここは『日刊ゲンダイ』にもう一踏ん張りしてもらい、真実に近い情報を発信してほしいものである。(杉)

7月18日
  『熱中症』という言葉に思う・・・

 今年は関東地方の梅雨明けは6月末。ところが、西日本は、それからが連日大雨になったのだから、天の采配というか、自然の気まぐれと表現した方が良いのかは別にして、皮肉な巡り合わせである。
 その上、西日本に降った雨が半端な量ではなく、数日で年間の総雨量の半分ともなると、川の水が急激に増えて、堤防を乗り越え、また決壊させて住宅地に押し寄せ、真備町の場合はあっという間に数mも浸水するのも当然かも知れない。しかし、これは誰もが想像もできなかったに違いない。
 今回被災した地域は、川の増水だけではなく、山の斜面が崩落するという、いわゆる土砂災害も多く、この場合は、土砂に加えて数トンの岩が流れてきたというから、瞬時に住宅は破壊するのだから逃げる間もなかったことから、全体で200人以上の死者を出す大災害になってしまったこともうなづける。
 私には、亡くなられた方々のご冥福を祈るだけしかできないが、大雨が終わった翌日には西日本に梅雨明けとは、自然はさらに気まぐれな巡り合わせを嘆いたもの。以後、30℃を越す猛暑の連続に加えて、水害なのに水道施設が破壊されたため、ほとんどの被災地では水道も使えないという過酷な環境の中、被災者の方と、駆けつけたボランティアの人々は懸命の復旧作業を続けている。
 その映像がテレビのニュ−スでは連日報じられているが、アナウンサ−が必ず口にするのは『熱中症に注意して下さい』という言葉。確かに、炎天下飲み水にも困るとなると、年寄りはもちろん、体力ある若者にとっても少しの油断が命取りになる。
 被災地の過酷な環境は容易に想像できるが、横浜の片田舎の山の中でも、猛暑騒ぎは例外ではなく、ここ一週間以上、30℃を越す日が続いている。
 私の体力が落ちたことは確かだろうが、去年までは、日中数時間野山を歩いても、さほど疲れたと感じず、シャワ−を浴びなければならなくなる日はさほど多くなかったが、今年の暑さは、帰宅すると同時に冷たいシャワ−が日課になるほど・・・。
 以前は『熱中症』という言葉になんとなく違和感を覚えたものだが、最近は自分自身が『熱中症になったのでは・・・』と思うこともあるから、日本列島の大半が、この強烈な熱波に包まれていのだろう。当然のことながら、被災地に限らず、全国的に『熱中症』という言葉が氾濫するのはしごく当然のことだろう。
 以前もつぶやいた記憶があるが、『熱中症』という言葉を聞いたり見たりしない日がないと言っても良いほど日本国中暴れ回っていることに対して、いつから『熱中症』という言葉が流行り出したのだろうと、思うことがしばし・・・。
 解説書を読むと、『熱中症とは高温環境下で体内の水分や塩分のバランスが崩れて体温調整ができなくなり、吐き気や頭痛、めまい、顔のほてり、手足のけいれん、筋肉痛などが起きるとある。
 さらに、『熱中症』は、気付かないうちに進行して、症状が表れてきた時にはすでに深刻な状態に陥っていることが多く、重症の『熱中症』になって、適切な処置が遅れると高体温から多臓器不全を併発し、死亡率が高くなるという一文が付記してある。それほど、20年前と比べると、夏の気温が異常に高くなっているのだろう。
 昔は、日射病という言葉があったが、現在はほぼ目にすることがない。日射病はどこに行ってしまったのかと思っていたが、昨日、新聞記事で重度の熱中症の項目に(日射病・熱射病)とカッコつきの言葉を発見。熱中症という言葉は、暑さが原因の体調不良を網羅する言葉なのだと認識する。だから言葉の異葉が軽く、人々に徹底しない原因になっているのかも知れないと変に納得するが・・・。
 愛知県の小学1年生の男児が、校外学習を終えて学校に戻ったら、意識をなくしそのまま亡くなったというから、単なる『熱中症』である体調不良に加えて、行き帰りの炎天下を歩いている間に、『日射病』にかかったに違いない。
 子どもの頃に、良く回りの大人たちから『日射病に気をつけろ・・・』と言われたことを思い出す。ならば、熱中症と一括りの言葉で現すよりも、子どもでもイメ−ジできる『日射病』という言葉を日常的に復活し、『病』という感じが持つ恐ろしさを強調すれば良いのではと思いたくなる。
 そそれにしても、最近は社会全体が『熱中症症候群』に罹患しているといっても過言ではない。毎日、イヤというほど天気予報のコ−ナ−で、気象予報士たちは、競って、『熱中症』の危険を現す指標を持ち出して警告を発している。
 その際、彼らは例外なく、『水分をこまめにとって、冷房を28℃いかに設定して休息を頻繁に入れるように・・・』という決まり文句で注意を呼びかけているが、彼らの立ち位置はほとんどが冷房が効き過ぎるほどのスタジオの中となると、この言葉は何らかのアリバイ作りではと思えて、その説得力には『?』を感じるのは私だけではないだろう。
 以前は運動中は『水分をとるとバテる原因』と事ある毎に言われ、運動途中での水分補給はタブ−視されていたことを思い出す。それが今では、運動途中では必ず水分をとりなさいと教えているが、水分を取る以前に、直射日光を避けることが大事ではないだろうか。
 話は飛ぶが、熱中症対策にはこまめな水分補記が必要なことが当たり前になってくると、一部の保護者から水道水は不味い(健康に悪い?)という不満の声とともに、水飲み場の数も不足していることもあって、ならば水筒持参を認めようという動きが広がり、最近では全国津々浦々の小学校では、ランドセルと共に魔法瓶型の水筒をぶら下げて登校する児童の姿が当たり前になっている。
 中には身の丈に添わないほどの大型の水筒を持ち歩いている児童も存在し、ランドセルの中身が重くなっている上に、水筒の重さが加わり、子どもたちの負担が大幅に増えということも一部では問題になっているらしい。
 このままこの問題を放置すれば、これほどの猛暑が続く中、近い将来、下校時の水筒の重さが原因で、『熱中症』の重症症状の『日射病』で亡くなるという笑い話(言い過ぎかな)のような事故が起きるのではないかと心配になる・・・。(杉)

7月17日
  この男が首相である国の不孝 2・・・
 西日本災害の被災地の、雨は心配は全くなくなくなったが、連日30℃を軽く越す猛暑が続いている上に、断水という悲惨な状況に追い込まれている現状を、連日新聞テレビが報じ手いる。それを見るたびに、何とかならないものかと天を仰ぐ日々。
 ボランティアの人たちの涙ぐましい活躍にはただただ頭が下がる。東北大震災以来災害の規模が大きくなったように思えるが、私の体力は年々衰えるばかりで、何かお手伝いをという気持ちがあるが、かえってジャマになるだけだろうとの思いが先にたち、今回も天に祈ることしかできないのだから自分で自分が情けなくなる。
 それにしても、今回も災害に対して、アへという男と取り巻き連で構成されている現政権の欺瞞に満ちたやり方が腹立たしい限り。
 昨日は、参院議員の6増に触れたが、本来なら、国交省が災害状況の把握と復旧に、迅速に当たる責務があるはずにもかかわらず、こともあろうに大臣が、被災地のことを後回しにして、国内にカジノを作る法案の審議を優先し、国会にへばりついていたのにはヘドが出るほどの気持ち悪さを感じる。
 カジノという建物?には、実際に入ったことはもちろん、実際に見たことはないが、映画や小説で知る限り、大がかりな『バクチ場』と言っても間違いではないだろう。バクチとは、競馬・競輪のような公営ギャンブルはもちろん、パチンコやはてまた宝くじに至るまで、カネを投入してあわよくば大金を得ようという行為であると受け止めている。
 これらの行為が展開される『バクチ場』にあっては、古今東西、胴元と言われる主催者側が絶対に儲けるようになっていることは周知のこと。そこに日をつけて、現政権は、観光という美名で、外国人(むしろ日本人という説もあるが)をカジノに誘い込み、カネを巻き上げるというからさもしいというしか表現のしようがない。
 イシイという国交相は鵺党(本名は公明党)所属の議員である。公明党の基礎基盤は創価学会という宗教団体であるとも私が述べるまでないが、公明党と名前が示すように、党の方針は『平和で公正な社会』を目指していると聞いている。
 創価学会の会員は女性たちが多いらしい。実際に、私が知る学校現場においては、用務や給食調理、学童養護など現業の女性が多く、富裕層とはとてもいえない階層の人たちばかり。その女性会員たちは、カジノを作ることに賛成しているとはとても信じられないが、その声が表に現れないのが、鵺(ヌエ)のヌエたる組織の所以なのかも知れないとガッカリするばかり・・・。
 下駄の雪と揶揄されても、政権にしがみついているのだから、よほど利権が大きいのだろうが、『平和で公正な社会』が党是ならば、とても、貧乏人から金を巻き上げるという発想は生まれてこないと思うのだが、真っ先に大災害の復興の陣頭指揮に当たらねばならない国交相がカジノを作るために先頭に立っているのだから、なんとも情けない。
 しかも、そればアメリカのトランプの命令らしいとなると、この国の主権はどうなっているのだろう。まさに売国行為そのもの。
 ごく普通の女性会員たちは、我が子、我が夫を心配しないのだろうか。それとも、創価学会という組織は、下部の意見など無視するのが当たり前で、学会組織が膨らめば良いとしているのだろか。私が知る女性会員たちを思い出してみても、カジノが『是』だと本気で思っているとは考えられないのだが・・・。
 国会で数の力で、カジノ法案の成立が見通せたらしく、イシイという大臣が広島県の被災地に視察に入ったらしいが、被災者たちからは激しい言葉が浴びせられたそうだ。このことは大マスコミは書かないので、国民が知らないだけで、ネットではこの事実を知らせる人たちからの投稿で満ちている。
 なんでも、このことを知ったデンデン親分は、翌日に広島の視察予定だったらしいが、罵声が怖くなって、急遽病院に駆け込み、奇妙な病名をつけてもらって、視察を止めたという文面もある。本当かどうかという以前に、この男のこれまでの行動を見ると、あり得るあり得る・・・と納得する。

 自衛隊員の活躍は、災害の度に頭が下がるが、時に、『私ですら『?』をつけたくなるようなトンデモ命令が出るらしく、今回の『コンビニの荷物を運べ』というのはその典型。
 被災地では、徐々に支援物資は届くのだろうが、人々は先を争って食料や生活物資を求めるのは当然の話。たちまち、コンビニの陳列棚からモノが消えるのは容易に想像できるが、だからといって自衛隊がコンビニの下請けをして良いとはとても思えない。
 自衛隊が物資を運ぶことに何ら疑義はないが、本気で被災者を救う気があれば、戦闘機一機を削れば、何百倍何千倍の物資はたちまちのうちに集まり、それを運べば、即刻、被災地の物資不足はなくなるはず。
 コンビニの陳列棚を一杯にすれば、被災者やボランティアは一安心することは理解できるが、被災者やボランティアに金を払わせれば良いという発想が、あまりにも汚らしい。
 まだまだあるが、今日はここまで・・・。
 いつもの繰り返しになるが、この男に総理大臣を続けさせれば、ごく普通の善良な国民は確実に不孝になることだけは間違いない。このことを早く気づいて、今度の選挙では、反対の一票を入れて、退場に追い込みたいものである・・・。(杉)

7月16日
   この男が首相という国の不孝・・・
 西日本を襲った大雨による大災害。昨日の段階で死者が216人、不明者が30人超とマスコミが伝えているが、未だに道路が寸断して報道機関が入レ邸内集落もあるというからこの数値はさらに大きくなる可能性がありそうだ。
 自然災害だから仕方ないという声もあるが、災害には必ずと言ってよいほど、人為的なミスが目立つことから、半分、あるいはそれ以上は人災といっても差し支えない。
 災害のために『未曾有の・・・』と表現される一文がある。そして災害に対して、真っ先に対応しなければならないのは地元自治体であることは論をまたないが、災害の規模が自治体の救援体制を越えるとなると、国の出番であることは明らか。
 しかし、現政権のやり方は国民の安全などは二次三次で、自分たちの利益ばかりを優先しているのだから被害は拡大する一方。今回の災害もそのほとんどが人災であると断言しても差し支えはないようだ。
 今回も、気象庁が『西日本の各地には、50年、イヤ100年に一度という大雨が降る可能性があり、特別の警戒が必要』と、重大な情報を出したが、自民党の議員たちは、議員宿舎に詰まって宴会を開いていたというから危機管理意識はゼロ。
 しかも、そこにはデンデン親分まで参加してのドンチャン騒ぎの大盛り上がりだった様子を、カタヤマサツキというバカ女が投稿したことを知り、呆れはてたものであるが、そのすぐ後に、最初に投稿したのが、ニシムラ某という官房副長官だったとのことを知り、ダメダこれは・・・と改めて感じたものである。
 事態は急速に悪くなり、西日本各地の多くの河川が危険推移を超えたという情報が私のような者にも入るが、デンデン一家は全く動かず。9月に行われる自民党総裁選のことばかりだったらしい。
 そのため、親分は災害の陣頭指揮などどこ吹く風で、何と66時間というからほぼ3日間雲隠れしていたという。その間、政府の危機管理体制が整わず被害を拡大させたことは今更繰り返すことはないだろう。
 その後の被災者の苦労を思うと、この男は市中引き回しの上で火あぶり獄門さらし首という江戸時代の極刑に処せられても奇怪しくないのに、そんなことはどこ吹く風とばかり、のこのこと記者会見で、『最大限の迅速な対応』とのたまうのだから、事態は悪くなる一方。
 さらに酷い話は続く。でンデン親分の命令なのだろうが、こんな非常事態にもかかわらず、自民党と鵺党は数の力を発揮して、参院の一票の格差を縮めるためと称して、県をまたいだ選挙区そのままにして、一方の県の落ちた候補者を助けるために、比例を4にして、しかも特定条件をつけるという悪辣案を参院で可決してしまった。何とも浅ましい発想であるが、この政権が続く不思議さに絶望感しか生まれない。
 それでも国民の批判が高まることを恐れたのだろうが、大勢のマスコミ記者を従えて岡山県の真備町に視察に入ったが、その避難所の小学校には前日にク−ラ−を取り付け、新しい災害服を身につけて、はじめから決めてあった体育館の一番前の被災者の前で、さも同情しているかのよな顔つきで膝をついた姿を、信じられないほど多くのカメラに撮影させれば今日のオモの役目は終わりとばかり、自衛隊機でサラウナラ・・・とはあまりにも酷過ぎる。
 翌日は、今度は愛媛県に視察に入ったが、これは視察ではなく、カケ問題で政府に批判的な発言を続けている知事に対して、災害復旧に協力してほしかったらこれ以上ガタガタ言うな・・・という脅しのためとなると、これはヤクザさんでも驚く手法である。
 岡山に真っ先に入ったのは、岡山がカケ学園の本拠地であり、地元でカケ批判をなくすためだと説があるそうだが、この男のやることだから決してうがった見方ではないだろう。カケ理事長から、ちょっと見舞いに出かけてもらえませんかという要請が合ったのではというネットの書き込みさえ変だとは思えない。
 そして、広島県にも視察に入ると発表していたが、よほど被災者の人と顔を合わせたくないらしく、股関節が痛くなったと訳のわからない理由をつけて敵前逃亡にも驚き呆れるばかり・・・。
 ことさら左様に、この男が首相である国の不孝の数は数え切れないが、今日はここまでにしておこう・・・。(杉)

7月12日
  3年前のつぶやき・・・
 昨日の続きになるが、真備町の惨状を上空から写した映像で、まさにナイフで切り取ったような小田川の堤防の姿に、何ともいえぬ違和感を覚え、このことについて3年前につぶやいたことと関連があるのではないかという思いが生まれている。
 そこで今日は、3年前の9月26日に『堤防が私有地?・・・』と題した文章をそのまま掲載することにしたい。
 台風18号による大雨で鬼怒川の堤防が決壊、凄まじい映像に釘付けになってすでに2週間過ぎてしまったが、今思い出しても背筋が寒くなる。
 決壊した部分は修復されて、水は完全に引いたと報じられているが、家が流され、田畑が水に浸かるなど多大な被害を出て、未だに数百人もの人が避難所生活を余儀なくされているというから、気の毒で仕方ない。
 この被害直後、決壊した堤防の部分は、ソ−ラ−パネルを大規模に設置するために、既存の堤防を2m切り取ったことに対して近隣の住民が危険を察知。市議会も動き出していたということを、一部のマスコミは報じていた。
 このことに『堤防が私有地などあるのだろうか・・・』と、素朴な疑問をつぶやいたものであるが、日が経つにつれて、被災者の現状やボランティアの活躍などは大きく取り上げているのに、私の疑問の解決にヒントになるような記事が少なくなっていることが気になっていた。同時に、その間に大型連休が入り、私自身、その意識が薄くなっていたことも事実だが・・・。
 ところが、一昨日、久しぶりに鶴見川の堤防の上を通っている道路を歩いていたら、『ここから私有地。工事車両は進入禁止』という看板を見つけてビックリ。
 大変ロ−カルな話題ながら、鶴見川の左岸にはサイクリングロ−ドが完備されているので何度も通っているが、右岸を通ることはめったになく、一昨日はたまたま歩いていてこのことを発見した次第。
 そこは、鬼怒川の決壊現場のように堤防が一段と高くなっているわけではなく、周りの畑や住宅と同じ高さの平らな場所なので堤防という概念からほど遠く、決壊とか氾濫という言葉とは無縁だと思うのだが、鬼怒川の決壊原因の『私有地堤防』が、横浜にもあることを知り驚いてしまった。
 そこで、改めて鬼怒川の私有地堤防についてネットで調べてみたところ、ソーラー発電開発者が自然の堤防を削り取ってソーラーパネルを設置していたことは事実であり、(テレビの映像からは、はっきりとした堤防のように見えが)その部分は国や県が築いた堤防ではなく、自然に土が堆積して丘になり、自然の堤防の役割を果たしている部分があったことを知る。
 いろいろな城を見学した経験から、自然の川を堀として利用していることが多いことは知っているので、堤防の役割をしている土地が私有地だということはあり得る話と納得するが、常総市の決壊現場とはほど遠い話。
 その記事を使わせてもらうと、次のような動きになるようだ。
 (その丘の部分を、業者が今年3月、ソーラーパネルを設置するために削る)→(住民は、危険だと役所に話し合いを求める)→(市会議員も動き出す)→(しかし、発電の業者は『建物を建てる訳ではないので申請は不要』と市に掘削許可をとらずに工事を続け、実質的に堤防としての機能が2mほど低下)→(市は法令的にはOKなので規制せず)→(市は議員の声を無視できないので、『住民が心配してるので少し土嚢を積ませて』と業者に相談し、業者も承諾して気持ちばかりの土嚢が積まれた)ということに・・・。
 驚く限りである。まさにこれは人災だろうが、工事を行った業者は逃げ出して行方しれずだという。見つけても、そんな業者ではとても賠償金など払えるはずがない。自己破産をしてオシマイ・・・となるのも過去にあった通りの筋書きだろう。
 結局は、被災者に対して涙カネを渡して我慢を強いるこれまでのパタ−ンになりそうだが、こんなことがまかり通って良いはずがない。
 堤防(河川敷かな)が私有地?・・・。横浜片田舎でも存在するとなると、全国の河川でもあって不思議ではないので、先日私が見た鶴見川の様子を少し述べておきたい。
 鶴見川にはいくつもの小さな河川が流れ込んでいるが、鶴見川本流の折本川にもう一本の大きな流れとして恩田川が合流して鶴見川になっている。合流地点が私の徒歩圏内にあることで、身近な川として親しんでいる。
 昔から、合流点より下流域では洪水が繰り返されていたが、上流の水害被害は小さかったことから、堤防を高くするのではなく、コンクリ−トで固めることで治水が可能だったらしい。しかし、合流点より下流は水量が多くなり、その方法では追いつかず、堤防も嵩上げされ、いわゆる天井川になって、つい10年ほど前までは、少しの大雨でも横浜線が止まるのは日常茶飯事だった。
 今では、堤防が巨大化されたことはもちろん、川幅が広げられると共に、新横浜付近には大規模の地下貯水池が完成しているので、雨が原因で横浜線の遅延などは皆無となっている。さらには、数日間で500ミリの豪雨にも耐えられると聞いている。
 話は少し飛躍するが、荒川は源流域で3日間600ミリ以上の豪雨が降り続くと決壊の危険性があるのだそうだ。首都圏でこれならば、地方では今回の鬼怒川でないが、今後増え続けるゲリラ豪雨によって危険な河川は少なくないだろう。
 何故、大マスコミが鬼怒川の堤防決壊の原因追求の記事を報じなくなったのかは、別に調べるとして、堤防が周りより高くなっている天井川の流域に住む人々は、今回の鬼怒川の堤防決壊を、気の毒にと他人事で済ませてはトンデモ事態にもなりかねない。まして、私有地堤防を放置していたら・・・。
 自治体は、自分たちが作ったハザ−ドマップに満足しているのではなく、私有地堤防の位置を書き込んだ、改訂版の作成を急ぐ必要がありそうだ・・・。
 今回の小田川の堤防決壊について、『私有地』などは考えられないとは思うが、あれほどスッパリと切り取られた姿には、人為的な原因がありそうだと思えてならない。
 しかし、マスコミは競って現地に取材スタップを投入して、被害の状況を細かく伝えているが、堤防決壊については一切語っていないのが気になるところ・・・。(杉)

7月12日
  鬼怒川堤防決壊を思い出す・・・
 信じられないほど凄い数の人が亡くなった。しかし、行方不明者が50人超も存在するとなると、この数はさらに増えることは間違いなさそうだ。
 雨が完全にあがり、西日本各地に梅雨明けが宣言された10日は完全な夏日。猛暑にうだる中、広島県の府中という町では、突然川の水かさが増して突如溢れ出し、周辺の住民が緊急避難を余儀なくされたというのも、過去にあまり例がない。
 また、鳥取県の米子では、やはり10日に突然裏山が崩れて、民家を押しつぶしたという報道があったが、ここには危険情報がなかったというから、日本中の山が崩れても奇怪しくないことになりそうだ。
 うだるよな暑さの中で、行方不明者の捜索に当たっている警察や消防,自衛隊員の皆さんの苦労が伝わってくるが、なによりもショックを受けているのは被災者の方々。ただただお見舞いの言葉を口に出すしかできない私の無力が情けない。
 今回の被害状況を映像で見ると、愛媛県の宇和島のように、突然山が崩れたというのなら避難が遅れることはあるだろうが、倉敷市の真備町の場合は、川の堤防の決壊が原因だという。ならば、もう少し早い段階で避難誘導が可能だったのではなかっただろうか。
 町全体が泥の海に飲み込まれている映像は、私が小学校3.4年生の頃に台風13号で淀川(すぐ手前までは宇治川と呼ばれていた場所)の堤防が決壊して、巨椋池開拓田がスッポリと泥水の中に沈んだ光景の記憶が蘇る。違うのは、当時の巨椋池干拓田の家は農家ばかり、作りも古いことからみすぼらしさが目立ったことと、泥水の中に民家の数の多さであるが・・・。
 巨椋池というのは戦国時代には大きな池だったという。江戸時代に埋め立てられて、広大な穀倉地帯になったらしいが、私が知っている巨椋池は普段は、悪ガキたちの絶好の遊びだというところだったが、大雨が降り続くと、どこかで洪水騒ぎが起こるという場所だった。
 その地域を流れる淀川は、いつの頃にそんな姿になったのかは知らないが、川が田畑や人々の住居よりもはるか高い場所を流れている、いわゆる『天井川』だったことも原因で、大雨で溢れた川の水が堤防を乗り越えて、辺り一面が水浸しにするのはかなりの頻度で起きていた。
 台風13号による大雨は堤防を乗り越えるだけではなく、堤防を数百メ−トルに渡り決壊させたことから、一挙に家々は泥の中に沈み、翌日、私は高台にある自分が通う小倉小学校の校庭から見たわけであるが、その凄まじさは、半世紀以上過ぎても忘れられない。
 当時、小学生なりに、大雨で水害が出るのは、いつも左岸の巨椋池の田園地帯で、酒蔵が建ち並ぶ伏見市街ではないことに、何故なのだろうと疑問を抱いていたが、堤防設計が巨椋池側が低くしてあるということを随分後になって教えられ、ここでも農民たちは虐げられていること知ったもの。
 真備町の被害を上空から写したテレビの画像で、小学校から見た光景が蘇ると同時に、パックリと堤防が切り裂かれている光景は、3年前の茨城県の常総市の鬼怒川堤防の決壊現場とほぼ同じであることを瞬時に思い出す。
 鬼怒川の場合は、堤防が私有地だったという信じられないような事情があったということを知り、なるほど、堤防の工事自称が均一化できていなかったことから、決壊につながったのだろうと納得したものだが、今回の小田川の堤防も、何か似たようなことがあるのではないだろうか・・・。
 この地域は、過去にも同じ河川が繰り返し氾濫していたというから、巨椋池と同じような事情があったのかも知れない。その危険を知らせる洪水ハザードマップを見ると、浸水した箇所はほとんど重なっていることから、市は危険は認知し河川改修も計画していたそうだが、莫大な予算がかかることだけに市だけでできる話ではない。
 また、同じようなつぶやきになるが、今回、気象庁が50年・100年に一度の大雨との情報をながしていたにもかかわらず永田町では、総裁選挙のためにデンデン親分をはじめ幹部たちが集まって、トンチャン騒ぎをしていた上に、自慢げにその映像をネットに投稿するバカ男とバカ女たちの危機感のなさを見るにつけ、ここでも政治の貧困さを嘆くしかなさそうだ。
 まだつぶやきたいことはあるのだが、今日はここまで・・・。(杉)

7月10日
   水道民営化で格差はさらに広がる・・・
 先日のこと。ネット記事で、衆議院本会議で水道事業の『民営化を促進』させるための水道法改定案が賛成多数で可決したことを知る。このトンデモ情報を一部
のメディアが報じていたが、大マスコミは揃ってスル−。>
 なぜこんな重要な法案の成立を報じないのか腹立たしいが、いつものどおりデンデン一家の報道規制がしかれているのだろうと思うと、およそ力も知恵もない貧乏老人ながら、本気でこの国はどうなるのだろうと心配になってくる。
 全国のほとんどの自治体では、水道事業の維持に悲鳴を上げていることは以前から良く耳にしている。水道を必要とする人がドンドン減じている過疎地では、水道管はそのままにしておくしか方法がなく、維持管理は従前と変わらず必要なのだから、それでなくても予算不足で悲鳴を上げているのが現状となると、国に何とかしてほしいと願うのは当然だろう。
 そこで、現政権が『ならば、水道事業を民営化すれば良いだろう』という話になったのではと想像しているが、各自治体は、本当にこの方針に飛びついたのだろうかという疑問がわいてくる。
 しかし、この法案を自民党と鵺党がいつものように数の力で強引に可決させたならば、例によっての無理筋の話としてわからないでもないが、維新はともかく、希望の党と民主党で行き場のない議員たちが合併した国民民主党も賛成したとなると、水道の民営化は、全国的に広がる恐れがありそうだ。
 以前もつぶやいたが、国鉄が民営化されたのは随分の大昔のことである。
 当時の政権は、民営化することで、巨大化組織を分割して互いに切磋琢磨すれば、組織の活性化につながり、より良いサ−ビスが受けられるようになると主張。あたかも地域の活性化が進むという幻想を住民に持たしたのではなかっただろうか。
 当時の国鉄労組の凄まじい反対行動はぼんやりながら記憶にある。しかし、国は強引に国鉄労組を切り崩し、JR〇〇という名で地方別に分割されたのだが、高度なサ−ビスを受けられるようになったのは一部の地域と富裕層の人々だけで、むしろ地域の格差が広がり、特に北海道ではほとんどの路線が廃止、あるいは廃止が確実になっていることを忘れてはならない。
 いわば、現在大問題になっている過疎化が、国鉄の民営化によって加速したといっても過言ではない。また、郵政の民営化もしかりであることは今更私が述べるまでもない。
 水道は各自治体が個々に管理運営していることから、全国一律の組織だった国鉄や郵便局の民営化とは本質的に訳が違う。
 それぞれの自治体は、そのやり方はマチマチだろうが、水道官や貯水池などのハ−ドを含めて、システム全てを民間企業に経営を委託することになる。いわば、払い下げである。払い下げられた企業(経営者)は、経営を維持するために利益を出すことが大前提になる。
 現在、自治体が受け持っている水道事業はいずれも大赤字なのだが、代金を値上げするには議会の承認が必要になっていることから、無闇に値上げができないことも良く知られていること。
 民営化すれば、議会はストップをかけることができず、確実に値上げは避けられない。しかも信じられないような大幅な値上げが待っていることは間違いない。今でも、料金が支払えない人に対して、電気や水道を止めるというトンデモ処置が当たり前のように実施されているが、民営化すれば水道料金は上がり支払えない階層が増えることは、これまた容易に想像できる。
 下手すると、水道の配給制度ができて、貧乏人は風呂にも入れなくなりそうだ。洗濯も満足にできない人が増え、『貧乏人は人にあらず』という、『富裕層による富裕層のための政治』がまかり通る社会になりそうだ。
 フランスは民営化していた水道事業を、元通りの公営に戻したことはネット情報として知っている。デンデン政権のアホウ財務相の娘婿が、フランスで水道事業の会社の幹部らしいという情報も流れている。
 真偽は不明だが、アホウさんは、以前、『水道を民営化にすれば、水道料金が安くなる』と発言したことなんとなく引っかかる。
 またいつものグチになるが、日本人は何故、こんなトンデモ社会作りを目指しているデンデン政権を選挙で選ぶのだろうという強烈な疑問がわいてくる。
 一億層痴呆が完成し、全ての国民は、無気力無抵抗になっているばかりか、いじめられることが快楽になっているとは信じたくないのだが・・・。(杉)
7月9日 
 峠を越えてから立ち上げ・・・
 関東地方だけは、早々と6月末に梅雨明け宣言が出て連日の猛暑が続いていたが、台風7号と日本海に延びた梅雨前線の影響で、西日本は7月に入ってからは断続的に雨が降り続き、各地に甚大な被害がでていることに、今年も悲惨な災害が続くのかと気分が暗くなっていた。
 そんな最中、6日の金曜日の朝、オウム真理教事件の死刑囚の死刑が執行されるというニュ−スに驚くと同時に、何か変だぞと私の情報アンテナが動く。普通、死刑の執行は事前に公表されることなく、執行後『〇〇死刑囚の死刑の執行をした』という小さな記事が出るのがこれまでなのに、今回のように事前に発表するのは異常である。悪知恵だけが異常に発達している現政権がやることだから、これは必ず裏があるはず・・・。
 夕方のニュ−スでは、アサハラ死刑囚だけではなく、幹部たちも含めて7人の死刑囚を絞首刑を執行したというマスコミ報道に、『面倒だからいっぺんに片づけるか・・・』という発想から生まれたものではと疑念を持つ。もしも、本当にそうだったらと思うと、なんとも表現できないイヤな気分になる。
 ネットでは、死刑の執行は例によって、デンデン一家の得意技の一つの世論操作で、モリ・カケ疑惑外しだという意見が多い。なるほど一家のやりそうなことと思うが、北九州はじめ土砂災害報道が続いている最中、何もこの日を日を選ばなくて良いのに・・・と思いたい。しかし、一家にとっては、土砂崩れなど他人事で、当初から決めていた死刑執行の日程は外せないというところだったのかも知れないと考えると変に納得する。
 それにしても、西日本各地の土砂災害について何の動きも出さないことに引っかかる。
 ビックリしたのは、翌日の朝(土曜日)のこと。フェイスブックを開いたら、自民党の幹部たちが料亭で大騒ぎしている映像が飛び込んでくる。なんでも、この映像は、カタヤマサツキという参院議員が自分のツイッタ−に投稿したものだというが、この宴会が開かれたのは木曜日の夜だったことを知り、何なのだこの連中のやり方はと改めて怒りがこみあげてくる。
 大勢の人々が自然災害に苦しんでいるにもかかわらず、そんなことは関係ないとどんちゃん騒ぎをする神経を疑うが、平気でというより自慢げにツイッタ−に登校するとは、カタヤマという女は完全に気が狂っていると表現しようがない。
 翌日7名の死刑が執行されたことを考えると、この宴会は明日の死刑執行の前祝いということになる。死刑囚とはいえ、一度に7人もの命を奪うことをお祝い事にするという意識に最大限の嫌悪感を持つ。何とも不孝な国の民になったものと情けなくなる。
 この日は土砂被害はさらに広がり、気象庁は各地に特別警戒情報を出すという、前代未聞の最悪状況になっているが、それでも政権はダンマエを決め込んでいる。本来なら、これほどの大災害では、激甚災害と指定し、内閣総理大臣を本部長にした、特別災害対策本部を設置となるはずなのに、その気配はない。
 マスコミはそのことについて何一つ報じないのもおかしな話と思っていたところに、デンデン政権が動かないのは、災害本部を設置したら、親分がなによりも楽しみにしている11日から出かける予定の外国旅行ができなる恐れがあるのだろうというネット記事を発見し、なるほどもっとも・・・と変に納得する。
 昨日の日曜日、朝のテレビをつけると、倉敷市の真備町の町が完全に水没水没している映像はじめ、各地の被災状況を報じている。さらにアナウンサ−が、『今朝5時50分に、高知県と愛媛県に大雨特別警報が発表されました。これまでに経験したことのないような大雨となっています。最大級の警戒をしてください』という、いつも聞くフレ−ズを流していた。
 寝ぼけ眼だったが、字幕にでている『愛南町』という文字にビックリ。たちまちテレビに釘付けになる。誰もがそうであると思うが、自分と因縁の深い地名が画面に出ると、その話題がどうであれ気になるところ。まして、大雨で特別警戒情報が出たとなると、大丈夫なのだろうかと心配にならないはずはない。
 私的なことはさておき、こまで被害が広がっているのだから、特別対策本部を作らないとならなくなるだろうと思っていたが、この時点ではまだその動きはない。昼のニュ−スでやっと立ち上げたらしいことを知るが、その時は愛南町からの情報では、峠は過ぎたとのこと。

 何のことはない。雨が急速に収まった頃合いを見て、特別災害本部を立ち上げたことになる。以後、この本部の動きを伝える情報はない。雨が収まったのだから、ないのは当然だろう。
 これで、『親分、後はオレたちにお任せ下さい。気兼ねなく外国旅行を楽しんできてください・・・』という筋書きになりそうだ。
 政治がこんな状況では、土砂に埋まって命を落した人たちが浮かばれないと、怒りを通り越して悲しみしか浮かばない今朝・・・。(杉)

7月6日
  耳朶錯誤の発言に10年前を思い出す・・・
 最近、現政権内部から『産めや増やせや・・・』という時代錯誤の発言が続き、その度に、マスコミの格好の餌食になっているが、本人たちは反省意識はゼロ。むしろ、本気で少子化を解決するために発言しているのだという態度だから、核心はますますボケるだけ・・・。
 なんとも情けない世の中になったものだと嘆くしかできない私も悲しいが、政治屋さんたちの精神論的な発言とは次元が違い、物理的に安心して子どもを産めない事情があり、その一つが産婦人科医不足だという記事に出会う。
 そう言えば10年程前に、このことをつぶやいたことを思い出した。一部省略して、その文章を再現してみることにする。
 安心して子どもを産むためには、妊娠わかった時点で住んでいる場所から遠くない産婦人科のある病院や医院、あるいは実家で分娩できる人は実家の近くの施設に予約することが、何より安心できるだろうことぐらいは私にでも理解できる。
 しかし、最初に電話をした時点で『予約でいっぱいで、確実に受け付けは難しい・・・』と断わられたら、気持ち的には相当なプレッシャ−。慌てて、次々に電話をして予約をとろうとする妊婦あるいは若い夫妻の姿が想像できる。
 原因ははっきりしている。今年の1月から3月のたった3ケ月間で分娩を休止や制限した医療機関は全国で77ケ所にものぼるという。国民の期待を裏切ることを得意としている厚労省の調査とはいえ、これは凄い数字である。そのほとんどが産婦人科の医師不足という・・・。
 産婦人科医数は年々減少して、4年前と比べると2000人以上少なくなっているとのこと。10万人が9万8千人に減ったと言うならばさほど影響はないだろうが、当時の産婦人科医が2万人となると、この数は約1割の減少。これを緊急事態という以外ない。
 しかも、医師の高齢化が進んでおり、地方の診療所などでは60歳をはるかに超えているというから尋常ではない。さらに、産婦人科医を目指す若者自体が減っているのも気になるところだが、これといった対策がとれないのが現状のようだ。
 産婦人科では他の科に比べて治療をめぐる紛争が多く起こっていることを若者が敬遠する大きな原因らしい。が、若者に限らず『トラブルに巻き込まれたくない』というのは年代には無関係な共通した認識。当然ながら、医院そのものの『廃業』や『産婦人科』の看板を下ろす医師が増えていることは想像に難くない。
 昔も今も、生まれてきた子どもが障害を持っていることを極端に恐れるのは親の心理。生まれてきた子どもに何か障害を見つけると、妊娠中の自分の行いや遺伝的な要因などは全く無視して、医師の処置に何等かの不手際があったものだと思い込む傾向が、最近特に強くなっているのも訴訟という方法を選択するのだろう。
 母親が死亡するケ−スもあるようだ。数年前に帝王切開中に妊婦が死亡した医療で、担当医師は逮捕勾留されたという事件があった。全国の産婦人科医師にとっては大きな衝撃だったに違いない。
 昔からお産は一生の仕事と言われ、女性にとって大変な負担。死亡したり産後の肥立ち悪くてそのまま寝込んだり、病気になったりすることが多かったはず。遺族の気持ちはわからないことはないが、亡くなった原因を『医療ミス』という理由で医師を訴えたとなると、この事件が与えた影響は大きすぎる。
 関係者の間ではどうしようもなかったという見方が一般的だった、というから尚更のこと。医師としても、一生懸命間違いない医療と信じて行っても、患者が死亡したら全て医師の責任と言われ逮捕拘留となると、『やってられない・・・』となるのも当たり前。社会全体の傾向が医師不足に拍車をかけた要因の一つになっていることは間違いなさそうだ。
 産婦人科医師不足を他人事のような言い方をしている厚労省も態度も大問題。こんなことはとっくの昔から予測できたはずなのに、少子化を単に子育ての条件が整わないからだ・・・という見解で、何でも支援というバラマキ政策しかとれないのは情けない。

 繰り返しになるが、これは10年前につぶやいたことである。現在の状況と比べてみると、全く同じだといっても過言ではないのではないだろうか・・・。
 『産めや増やせよ・・・』などと言う口があったら、安心して産める環境を整えるのが政治の役目だと自覚するのが先だろう。10年間、自分たちは何ら努力しないで、全て国民の責任に転嫁するとは許し難いと怒りがぶり返す今朝・・・。(杉)

7月5日
   キュウリが農薬まみれ・・・
 20年以上前から、キュウリとトマトに加えてレタスなどのサラダ用の野菜は、取り立てを生で味わいたいので、狭い庭とプランタ−で育てているのだが、今年に限って言えば、トマトは順調なのだが、キュウリの生育が悪いのが気になって仕方ない。
 キュウリはプランタ−栽培が難しいので地べたで育てているのだが、種から発芽させて苗を作るのは毎年3月末から4月のはじめの恒例行事。
 苗が順調に育ったので地面に降ろしたのだが、間もなく勢いを失い。16本定植したのに細々と生き残っている4本だけ。それでも1日2本程度は収穫できるのだが、例年とは雲泥の差。なんとも寂しい思いをしている。
 狭い場所なので毎年ほとんど同じ場所に植えていることから、連作障害もあるのだろうが、連作を嫌うトマトが順調に育っていることから、肥料の配分を間違ったのではないかと思い、今一度挑戦するために、先日、種をまき発芽を待っている。発芽したら、しっかりとした苗に育てて、土を耕し直して、油粕と石灰を入れて定植する予定である。
 私の野菜作りは、農薬の類は一切使わない。苗を定植する畑やプランタ−に、あらかじめ肥料として石灰・油粕・乾燥鶏糞に加えて、有機配合肥料を混ぜた自家製のブレンド肥料をかなり多めに土に漉き込む方法である。
 プランタ−で良くトマトがこんなに育ちますね・・・と近所の人から感心されるが、この肥料配合の割合が良いらしく、連作障害もほとんどなく、毎年かなりの収穫を得られるので自信を持っていただけに、今年のキュウリの不作でその自信がぐらつきはじめている。
 キュウリのことが頭から離れないのだろうが、先日、ネットで、『5日に1回・・・キュウリは異常なほど何度も農薬を浴びる』という題字を見つけて、エッ、農家はそんなに消毒するのかと驚き、疑問をもちながら記事に目を通す。
 奥野修司という人の文章である。『昨年、フランスからやってきたドキュメンタリー映画の監督を東日本大震災の被災地に案内したのだが、食事の段になって「放射能は大丈夫?」と聞かれたのは当然として、そのあとが「農薬は大丈夫?」だった。/たしかに中国では大量の農薬が使われ、世界中で禁止されているDDTやBHCといった農薬もいまだに使われているのだから不安になるのは当然として、まさか日本の農作物も、フランス人の目には中国食品同様、農薬まみれに見えるのかと思って驚いた』という書きだしてはじまる文章には、農薬を使わない主義の私には説得力を感じる。
 農薬を一切使わない農業は成り立たないことや、農薬を使う回数や量は、全国一律ではなく都道府県によって決められているということは知っているつもりであるが、ある県ではという表現だが、比較的農薬をまく回数が多い作物として、イチゴ・63回/パプリカ・62回/ナス・59回/キュウリ・56回/トマト・54回/にら・36回/梨・34回/シソ・30回とのことには、本当なのと疑問符をつけたくなる。
 奥野氏曰く、キュウリの栽培期間を8カ月としたら、ほぼ5日に1回まいていることになり、ナス、キュウリ、トマトなどは収穫前日まで農薬散布は可能だというのは、コメのように収穫したらおしまいではなく、継続して収穫するからだろうと続けている。
 この数値は、露地栽培だけではなくハウスも含めているのだろうが、本当だとしたら多過ぎる。こんなに農薬を使っている作物がよくぞ市場に出回っているものだと、驚きを通り越して感心してしまいそうになる。
 さらに、農作物に残留した農薬が安全か危険かは、マウスやウサギを使って慢性毒性(ADI=一日摂取許容量)と急性毒性(ARfD)の試験をしているが、実験動物に悪影響が出る限界値の、さらに100分の1をそれぞれの基準値にしているのだそうだ。
 この100分の1という数値に科学的根拠があるかというと、『これくらいならまあ、問題はないだろう』という程度だとの。そんなことってあるの?と思いたくなるが、原発事故後に国が決めた放射線の安全基準のでたらめから、十分あり得そうだ。
 しかも、本当に安全か危険かを調べるには、人間に20年、30年投与することだが、倫理的にそんなことはできるはずがないので、動物に影響が出た100分の1なら誰もが納得できると考えたのだろうと続け、極端なことを言えば、その数値が安全かどうかは、その数値を信じるかどうかであるとまとめているが、いやはや背筋が冷たくなる。
 奥野氏は、『国産だから安心』『国産だから安全』という文言を良く目にするが、中国食品は危険としても、この数字を見るかぎり、日本の農作物は本当に安全安心だと言えるだろうか・・・と私たちに問いかけている。
 改めて、生で食べたいために、手間ヒマと人体に安全な有機肥料(かなり割高になっているはず)を使ってプランタ−を中心に育てているやり方が、安心安全の元だと自分を褒めたくなるが、こんな野菜をス−パ−で購入しなければならない人たちにプランタ−農法を勧めたくなる今日この頃である。
 蛇足になるが、最近、近くのショッピングセンタ−に新しい八百屋が開店した。その開店セ−ルの場面に行き合わせたが、『キュウリ10本200円』には安過ぎてビックリ。当然のことだが、そこには大勢の人が集まっている。
 その人たちは山のように積み上げられているキュウリを、鮮度を確かめている?のだろうが、片っ端から手で触れては戻している光景にビックリすると同時に不快感を覚える。
 店側もそんな行為は折り込み済みらしく、『らっしゃい・らっしゃい』の掛け声でさらに人を呼び込んでいる。
 開店セ−ルとは言え、これほどまでのキュウリを大量に安価に仕入れているのは、恐らく奥野氏のいう農薬まみれ?のものではないだろうか。そのキュウリを、さらに不特定多数の人がいじくり回している。
 とてもではないが、安心安全で美味しいと思えないのだが・・・。(杉)

7月4日
   これも温暖化の影響?・・・
 昨日は『帰宅困難者』という言葉が流行っているとつぶやいたが、『発達障害』という言葉も大流行らしく、かなりの頻度で新聞紙上にこの活字を見いだすことができる。
 授業中に突然奇声を上げたり、立ち上がったりと落ち着きがない児童生徒などが典型なのだろうが、このような児童生徒が年々増えているらしい
 確かに、私の担任時代にはあまり存在しなかったような気がする。もっとも、当時は、明らかに普通の子どもと違うと『障害児』と一括りにされて、『特殊学級』に編入されていたのだろう。
 『発達障害』という言葉の定義を調べてみると、『生まれつきの脳の特性により、社会生活に困難が発生する障害のこと』とある。そして、・コミュニケーションが苦手でこだわりが強い『自閉症スペクトラム障害(ASD)』・不注意で落ち着きがない『注意欠陥多動性障害(ADHD)』・読み書きや計算など特定の学習分野が極端に苦手な『学習障害(LD)』などに大別しているのだそうだ。
 現在の『学習障害』と呼ばれる児童生徒の理解度をどの程度で線引きしているのかは、その方面には疎いのでわからないが、算数の計算が苦手だとか、文章の意味が理解できないという児童はかなり存在していたことは間違いない。
 大田区の池上小学校で担任として最後に受け持ったゴロ−ちゃんという児童などはその典型だったと30年ほど前を思いだす。この男の子は勉強は全くやる気なし。と言って体育が好きかというとこれもやる気はない。ところが、スケボ−は得意で、スケボ−持参で登校することも稀ではなかった。それを、面白いと笑っていた私も教師として失格なのだろが・・・。
 この児童は入学当時から、かなりメチャクチャな行動が目立ったらしく、当時の校長は特殊学級を強く進めたらしいが、肝心の特殊学級の担当教師が、私たちにはとても扱えないと拒否したことから普通学級に編入され、そのまま4年間過ごしたとのこと。
 ところが学年が進むにつれて、行動が派手になり担任がお手上げ状態になったことからこのままでは大変なことになると学校全体の問題になったらしいが、校長は担任する教師がいないということで教育委員会に泣きつき、結果として私に白羽の矢が立って、5年生担任として異動したのだから、今ではとても考えられないのではないだろう。
 面白いクラスだった。はじめて出会った時から、不思議にこの子とウマがあったらしくさほどの違和感も悩みもなく感じず2年間過ごせたのは、当初から、私自身に勉強を強要する気持ちがなかったからなのかも知れないが、彼もそれが気楽で居心地が良かったのではと振り返っている。
 また、池上の前任校の雪谷小学校では、6年生の担任時に、特殊学級に在籍していた男女二人の児童を、普通学校に編入させてほしいという保護者の強い希望を押さえきれなかったのだろうが、校長から、強引に頼むと言われて受け入れた経験を持っている。
 二人とも、自分の世界に入ったままだったことから、現在の定義からみると、明らかな『自閉症スペクトラム障害(ASD)』なのだろうが、存在を意識しなければ、ジャマになるわけではなく、さらにクラスの子どもたちが、(今思うと面白半分だったのだろうが)結構注意して見守ってくれていたことから、さほどの問題もなく卒業させたことも思い出す。
 もちろんこの二人に対して、私は授業に参加させようとは頭からなかったのは、私のいい加減さだろうが、今なら、教師失格の烙印を押されることは間違いない。しかし、現在の学校事情を知ると、教師が、もう少しいい加減なれる雰囲気があれば、かなりの部分は解決できるのではと思わないでもない。
 話がそれてしまったが、最近の研究では『発達障害の人の行動が周囲から理解されにくいのは見え方、聞こえ方などの感覚が、多くの人と異なっているから』ということが分かってきたらしく、対応の仕方も明らかにされているそうだ。
 しかし私だけが思うことかも知れないが、教師にとっては良し悪しで、一人一人の児童生徒に対して、きめ細かな指導をしなければならないとなると、より高度な専門性を求められるのだから、教師に対する世間の見方が、ますます厳しくなるのではと、違った意味で心配になるのだが・・・。
 そのことは別の機会に回すが、先日、ネットで遊んでいると、『自閉症が増えているのは温暖化と無関係ではない』という文章にぶつかった。極めて短文で、およそ科学的な根拠がない、いわばデマに近い書き込みであるが、私には、なんとなくだが『あり得そうだぞ・・・』という気持ちにさせられる。
 これも、『温暖化』があまりにも急速に進んでおり、政治の乱れはもとより、最近の不可解な事件・事故の多発なども、決して温暖化と無関係とは言えないように思えるから不思議である。
 このことは長くなりそうなので、今日はここまで・・・。(杉)

7月3日
   グラリには不動の心を持ちたいものだが・・・
 最近『帰宅困難者』という言葉がやたらに目につく。『自宅に帰りたいのだが、帰る手段がない』人々という意味なのだろうが、大地震で電車やバスなどの公共交通機関が止まるのだから防ぎようがないはずなのに、どうしても家に帰りたいと行動するのは帰巣本能があるためなのだろう。
 大阪北部地震が起きたのは午前8時前だったと記憶している。震度6弱と報じられていたが、その割には被害が少なかったのは、揺れが短い周期で細かく揺れたので、家屋の倒壊がほとんどなかったためだったようだ。
 それでも小学校のプ−ルの目隠し用のブロック塀の下敷きでこの小学校にに通う4年生の女児か亡くなったことについては、明らかな人災だと先日つぶやいたばかり・・・。
 7年前の3.11大地震と大津波は午後2時46分。私自身、今まで経験したことのない揺れに、思わず表に飛び出したが、後で、横浜の片田舎の揺れは『震度5強』と知ったことから、改めて震度6弱という数値に凄さを感じたもの。
 3.11では、電線が大きく揺れ、地面までも波うっていることを目の当たりにしたが、それでもオンボロ我が家はもとより、近所というか町内での被害は、たかだか戸棚が倒れて食器類が割れたという程度だったことを思い出す。
 家がオンボロだからであるが、我が家の食器棚はある程度の揺れがあったとしても倒れないように柱に頑丈に固定している上に、日常の出し入れは少し不便ながら戸棚を丸棒で閂をかけているので、食器類の被害もなかったことから、家さえ壊れなければ大丈夫だと変な自信をつけたもの。
 しかし、この地震では、大津波に続いて福島原発事故が続き、トンデモない日々の連続だった。首都圏でも、地盤の弱い地域を中心に『液状化』という現象で、土台が沈み込んで傾く家が続出したことも記憶に新しい。
 首都圏は一部をのぞいて軒並み『震度5強』だったはず。オンボロ我が家に被害がなかったことから、東北の人たちには申し訳ないが、首都圏は大した被害がないだろうと思ったこともおぼえている。もっとも、この地震というより原発事故では東電と国が共謀した『計画停電』という市民いじめの典型のような嫌がらせを受けたことは、恨みをこめた表現で記録に残してある。
 ところが、首都圏の電車が長時間全てストップするとは、当時では想像できなかったことで、金曜日の首都圏、特に主要駅周辺は帰宅したくてもできない人々が溢れて大混乱しているテレビ映像は記憶に新しい。
 一部の道路には規制がかかっていたようだが、バスが動いていることがわかると、人々はバス停に殺到。避難する車で道路が大渋滞したのが原因らしい。そのため待っても待ってもバスはこない。
 タクシ−乗り場も兆だの列。どうしても帰宅したい人たちが歩き出し、その動き広がるとさらに道路にも人があふれ混雑に輪をかけ、さらにバスやタクシ−が身動きすらできなくなるという悪循環。
 『帰宅困難者』という言葉はこの時に生まれたのではなかっただろうか。そして、その対策が必要だと議論が始まり、今では、発災後、行政が帰宅を抑制するように呼びかけるようになっていると聞いている。
 3.11の時の首都圏は震度5強であの騒ぎだったことから、今回の大阪周辺の凄さは想像できるが、阪神淡路大震災を経験している地域だけに、テレビ映像で見る限り、混雑はあっても車道ではなく、整然と歩道を歩く人々の姿に一安心したものである。
 しかし、午前8時に起きた地震なのに、夕方の帰宅ラッシュに大影響とは首をひねりたくなる。高槻市では登校時、小学4年生の女児がブロック塀の下敷きになって死亡するという、完全な人災はおきたものの、学校や始業前、ほとんどの会社でも業務ははじまっていない時刻。
 大阪府(大阪市)が『すぐに帰宅せよ』という命令を出していれば、こんな混乱は起きなかっただろうと思うのだが、何がなんでも出勤するのが、この国の国民の習性となると行政はとても踏みこめなかったのだろう。サラリ−マンたちも、せっかく出てきたのだから今日の仕事をやり終えなければ・・・というのも悲しい習慣になっているようだ。
 このところ毎日のように日本列島のどこかで、震度3程度の揺れが起きている。首都圏では千葉を中心に結構揺れているが、直下型の大きな地震は1923年の関東大震災以来ないのが不気味である。

 統計的には100年に一度程度は大きな揺れがくるというから、何時大地震が起きても奇怪しくないとのことだから、首都圏に住む人々は誰もが、自宅にかえりたくても帰れないという事態に直面する可能性は大。
 そんなときは、どうしても帰宅するという意識を持たずに、のんびりと非日常の事態を楽しむというぐらいの気持ちを持ちたいものだ。
 もちろん、出勤前のグラリには、動かない訓練が必要だろうが、日本人にはいずれも難しいだろうな・・・。(杉)

7月2日
   オバマ憎しだけ・・・
 暴君トランプのトンデモ政策が世界をかき回しているが、イスラエルにテコ入れして、アメリカ大使館をエレサレムに移動したことに続いて、今度は、イスラエルと対立しているイランに対して、アメリカ・中国・ロシア・イギリス・フランスの核保有国に加えてドイツとの間で締結された核抑止の合意から撤退すると言いだし、実際にそれを実行したことに、この男の暴走はどこまで続くのやらと心配になり、アメリカ国民は迷惑な人物を大統領に選んだものだと改めて感じている。
  この強引さには、中国やロシアは当然反発。イギリス・フランス・ドイツも、『トランプさんおやめなさいよ』と批判し、こんな無茶なやり方にはお付き合いできないと、イランとの合意を大事にして、今後も良好な関係を続けていくとの姿勢を発表している。
 このことにトランプさんは焦りを感じたのだろうが、世界に向かって、イランから一切原油を輸入するなとの大号令。マスコミ報道では、『日本を含む各国にイラン産原油の輸入を完全に停止するよう求めている』とのことだが、イギリスやフランス、ドイツはイランとの友好関係は崩さないだろうから、ねらいは『日本』であることは明らか。
  トランプのポチのウンコに成り下がっているわが国のデンデン首相は、早速『お目溢しを・・・』とお願いしているようだが、例え、トランプに少しの聞く耳があったとしても、その見返りはトンデモなく凄い負担が求められるものになるのは、一連の中古武器の購入から、政治音痴の私でも推測できること。
 このイランとの『核合意』は、オバマ前大統領がイランの核兵器開発を押さえるために、イラン原油の輸入禁止という政策を打ち出し、欧米諸国もこの政策を支持、日本などが輸入制限をしたことからイラン側が悲鳴を上げたことに加えて、これ以上核兵器の拡散を望まないロシアと中国などとの協議が整い、これらの国々とイランとの間で合意に至ったと理解している。
 以後、イランは視察などを受け入れて、核兵器を開発していないことから、イラン経済は順調に発展しているらしい。この合意は、まさにオバマ前大統領が強力な指導力を発揮して成し得たものである。そして世界に平和をもたらしたと評価されてノ−ベル平和賞を受賞したことは記憶に新しい。
 トランプは、よほどオバマに劣等感を持っているらしく、オバマ政権がやってきたことの真逆の政策が出発点になっている。保護主義などはその典型だろうか、このアメリカファ−ストが、白人を中心に支持が広がっているというから、アメリカそのものが、現在狂気の嵐に飲み込まれている状態になっているのではないだろうか。
 こんな私の見立てはともかく、『イランから原油を買うな』という命令に、まさかポチのウンコであっても、直ちに『ハイわかりました・・・』と言わないだろうと信じたいが、これまでのデンデンさんの行動をマスコミ報道で判断する限り、何とか国際世論と国民を騙しながら、トランプに隷属する可能性は限りなく大きいようだ。
 日本は、石油は全て輸入に頼っているが、その5%超をイラン産の原油だというから、影響は莫大で、事実ガソリンが徐々に値上がっているようだ。中には、イランからの輸入に頼っている分野・会社もあるだろうか、たちまちのうちに経営が苦しくなり、倒産に追い込まれる可能性が高くなり、路頭に迷う人々が続出しそうだ。
 イランとの核合意を一方的に破ったのはトランプ・アメリカであり、その動機が、タテマエはイスラエルとの関係なのだろうが、ホンネはオバマ憎し、オバマへの劣等感の裏返しだとしたら、なんとも虚しいこと。
 オバマ政権時代は、オバマのポチに徹していたデンデン首相は、いまやウンコの状態になっているとなると、めったにデンデン政権に楯突くような社説を載せない大新聞がこぞって、『トランプの禁輸要求を拒否し、制裁発動の再考を求めるべきだ』と書いても、無視されるのがオチ?・・・。
 そして、トランプもポチの姿は、ウンコとそれに群がるハエ集団のボスに矢印で『これがアべ』というような風刺画が、ヨ−ロパの新聞に載る日も近いような気がしてならない。
 今朝も困った話であるがというオチになるが、日本の最高指導者の内閣総理大臣か、トランフのウンコを認めているのだから、日本国民としたら、困ったどころの話ではなさそうだぞ・・・。(杉)

  トップペ−ジに戻る