今瞬放話(まだボケていないと思っている私のボケ防止の独り言)
ア−カイブ(これまでの掲載分

10月19日  また、悪名高い中教審が・・・
 また悪名高い中央教育審議会(中教審)の特別部会が『教員が本業である授業に専念できるようにする改革が必要だ』と、いつもの正義ぶった発想を前面に立て、教員の働き方を早急に改革するよう求める緊急提言をまとめたという記事が目に留まる。
 記事によると、提言の中に、タイムカードやICT(情報通信技術)を使った勤務時間把握や学校への留守番電話設置、部活動の休養日設定などを例示し、今できることはすぐに実行するよう文部科学省や教育委員会に求めているのだそうだ。背景には、今盛んに取り上げられている教員の勤務時間の改善がねらいあるとのこと。
 文科省は内部調査で、公立小中学校の教員の勤務時間は1日あたり11時間を超えて、小学校で約3割、中学では約6割の教員が『過労死ライン』に達する週60時間以上の勤務をしていると発表しているが、分かっているのなら、なぜ永年放置しているのかと皮肉りたくなる。
 また、こんな事は、わざわざ調査しなくても昔から分かっていた事で、私の担任時代でも、テストの採点や通知表の作成などのために、職場での残業はもちろんだが、自宅に持ち帰ってするのは当たり前だった。
 ところが不思議なことに、教員たちは、勤務時間が長いとか残業が苦痛だという声はほとんど出さなかったし、今日のように過労だ・自殺だという騒ぎはあまり耳にした事はない。というより、聞いた記憶がない。

 何故だろうと改めて昔を思い出してみるが、答えは簡単。
 一言で表現すれば、教員が楽しんでいたからである。小学校の場合で話を進めるが、当時の勤務時間は、朝は8時半から、夕方は4時まで。理由は、教員は絶えず子どもたちの安全を見積もらねばならないことから、休憩や休息がとれないという理由からである。
 小学校では、一部の専科教諭は別にして、担任は2時限目と3時限目にある少し長めの休み時間も子どもの安全に気配りが必要で、休息とれないことに加えて、労働者の権利として認められている昼休みには『給食指導』という、食事のマナ−まで教えなければならないような(私にいわせれば)トンデモ勤務があるため、一般の公務員のように休憩なんてとれるはずがない。
 そこで、この休憩や休息を、朝と夕方に取るという、いわゆる『みなし』という約束事が当局と組合できめられていたので、東京都の公立小学校では、このような勤務時間が不文律になっていた。ことから、教員は他の公務員に比べるとかなり自由な気分があった。
 会議も今日程多くなく、職員会議が定例化している水曜日をのぞいて、放課後は児童の下校時間が過ぎて校庭が開いたら待ってましたとばかり、人数が揃えば、テニスが野球だという日も当たり前だったような気がする。
 私は、メンバ−が揃わないと、男の子を子どもたちを集めて、野球やサッカ−に興じたことも懐かしい思い出である。当時は、それが当たり前だったので、校長は見て見ぬふりどころか、むしろ安心していたような気がするが・・・。

 ところが、イシハラ知事の時代になって大きく様変わり、教員だけ4時に帰宅するとは何事だという通達が出て、職場の雰囲気は一変した。教育委員会が、形だけでも教員の休憩時間を確保するという苦肉の案は、記憶が少し違っているかも知れないが次の通り。
 8時10分までに職場に到着して、出勤簿に押印。その後20分間は、職場で休息。8時30分(児童の登校終了)から正規の勤務(朝の会の指導)につく。昼は給食指導があるため休憩は取らず、その休憩時間を4時から45分間とする。この場合は校外の喫茶店で過ごすのは自由だが、45分には必ず職場に戻り、その後15分間は、原則校長が教員の存在が把握できる場所で書類作成などの正規の勤務をへて、5時に終業。
 さらに、これまでは教育基本法にも保障されていた、夏休みの自宅での研修は失くし、子どもがいない(正規の仕事がない)学校にきて、ひねもす退屈な時間を過ごすように強要されるようになった。
 そして、10年20年と時が過ぎ、子どもの安全を見守るために校長が校門にたちあいさつが当たり前となると、本来休息時間であったはずの教員が登校時に校門に立たないと保護者からは怠け者として偏見の眼で見られる。また、4時からの休憩時間も、連日会議(ほとんど名目的に過ぎない)が入っていれば、『しばしコ−ヒ−タイム』などといえるはずがなく、勤務時間は限りなく延びていく。そして気がつけは9時、10時・・・。

 これが当然となっているのだから、自殺はともかくうつ症状を自覚しない方が珍しくなり、今日やっと社会問題として世間に知られようになってきたという次第・・・。
 今回の中教審の提案は、残業を少なくするためにタイムカ−ドを導入するとのことだが、保育園への送りを毎朝繰り返している(特に)女性教員のイライラは激しさを増し、タイムカ−ドで勤務評定となると、持ち帰り残業が増えることは確実。ますます教員を追い詰めることになる。どうして中教審の御用学者たちが、こんな当たり前のことに気付かないのだろうと、正直、私の得意言葉である『アホカ・・・』を連発したくなる。
 それ以前に、教員の仕事は時間では計れないということから、本俸の4%を特別手当として支給し、その代償として残業代をチャラにしているのに、残業を少なくするためにタイムカ−ドを導入という発想に大きな違和感覚える。
 中教審の会議で,『何故、こんなに教員が忙しくなったのだろ。その原因を探るために歴史を調べてみませんか・・・』という発言する委員はいないのだろうか。
 何でも学校へという世間・それを唯々諾々として受け入れてきた学校。教員の仕事は時間で計れない特殊なものだというのなら、タイムカ−ドで管理したり、子どものいない夏休みの無駄な登校の強要を見直す事が先決だと思うのだが・・・。(杉)








11月18日
  CSって?・・・
 パリ−グのCSファ−ストステ−ジは3位の楽天が2位に西武に勝利して、ソフトバンクと日本シリ−ズの出場権をかけての戦いが今日から始まる。
 楽天・西武戦は屋根がついている西武球場だったので、寒さを我慢すれば何とかスム−ズにできたようだが、セリ−グは一日遅れで、同じく3位の横浜が勝利して、やはり今日から、日本シリ−ズの出場権をかけて広島球場で行われる予定だが一昨日の横浜と阪神の試合は凄まじかった。
 ララクビ−やサッカ−なら雨の中の試合もありだろうが、それはグランドが芝生だからであると私なりに解釈している。が、野球は基本的には内野は土。当然気象条件で大きく左右され、雨でドロドロになったグランドではまともな試合が展開できないことから、試合開始前に中止になることは避けられない。また、途中で急に激しい雨が降りはじめると試合が中断することは稀ではない。
 天気予報では、昨日までの1週間程は全国的に大気の不安定が続き、阪神の本拠地の甲子園球場は屋根がない事もあって、14日(土曜日)の試合ができるのか危ぶまれていたが、日程が押していたこともあって雨模様の中の試合で阪神が勝利。
 ところが、翌日は西日本から関東にかけては終日の雨の予報に、多分中止だろうと思ったが念のために2時過ぎにBS1にチャンネルを切り換えてみたところ中継が始まっていた。どうやら試合をやるらしいが内野グランドは完全にカバ−に覆われている。
 驚いた事に、テレビの画面で見る限り、スタンドは阪神のチ−ムカラ−である黄色の合羽を身にまとった観客でほぼ満員。改めて阪神ファンの凄さに驚くと同時に、これで中止となったら暴動が起きるのではという気配さえ感じる。
 いつ始まるのか分からないが、横浜の片田舎は朝から強く冷たい雨が降り続いているので外に出られない。農作業などできるはずがないので、ついついBSの5と1のチャンネル切り換えの連続。
 そして、1時間以上遅れてついに試合は始まったが、予想通り、たちまち内野はドロドロで外野は水浸し。
 何故ここまで強行しなければならないのだろと強い疑問をもったが、プロ野球CSル−ルによれば、阪神は昨日勝っているところから、今日・明日とも中止になれば、17日の試合を待つ事なく、阪神がファイナルステ−ジに進むことになり、明日が中止になる可能性が大きいとなると、どうしても今日行なう必要があるのだそうだ。
 なんとも凄いル−ルである。プロ野球機構の役員たちは、先に2勝すれば良いのだから、予備日は一日で良いだろうという安易な気持ちがあったに違いない。少しうがって見ると、フア−スト・ファイナルステ−ジの日程をきめる時、大量の観客動員が見込まれる土・日を最優先するという考えか根底にあるのでは・・・。
 そんな中試合が始まるのだが、当然、回が進むにつれてグランド状態は想像を絶する状態になってくる。選手たちは真剣にプレ−していたが、普段見られるような動きとはほど遠く、けがでもしたらどうするのだろうと心配が先にたつ。
 結果は横浜が打ち勝つ。私が心配しても仕方ないことながら、あの熱狂的な阪神ファンに囲まれて、数少ない横浜ファンが無事甲子園球場をでられたのかと気になるところ。
 それはともかく、今日から、パ・セ両リ−グのファイナルステ−ジが始まるのだが、今回の最悪の状態での試合から、多分『CSって何なの・・・』という声が高まることは間違いなさそうだ。
 それ以前に、観客動員が大前提で土日を中心にした日程を強行したプロ野球機構の姿勢は選手のけがや故障よりビジネス(カネ儲け)が前提である事は自明だろう。これは、自分だけ・今だけ・カネ儲けだけという現政権と通じるものがありそうだ。
 CSなどという、分かりにくいル−ルではなく、それぞれのリ−グで優勝したチ−ムが日本一かけて戦う。こんなスッキリしている方法はない。
 これで良いのではと感じた、今年の阪神と横浜の試合・・・。(杉)

10月17日
  高速道路に歩行者?・・・
 マスコミ報道によればアベ首相の続投を希望しないという人が47%もいるという。それなのに、自民・鵺連合で300議席・・・などと、なんともアンバランスな情報を発していることに違和感を覚える今朝の私・・・。
 300議席も与えたら、オレは信任されたと大いばりして、モリ・カケ疑惑は禊ぎが終わったと宣言すること間違いない。高校の無償化も、今は北挑戦の脅威を取り除く事が先決と、と防衛予算に回すことも可能性として大。この事に気付いたら、間違っても自民党と書かないはずなのに、そこが日本人の情けないところ・・・。
 緑のタヌキの『全員受け入れる気はサラサラない・・・』と冷たく笑って発した一言がマスコミのいう300議席になり、日本の将来を真っ暗にするだろう今回の選挙結果につながることは間違いなさそうだと絶望感を味わっている。この5日間に情勢が一変するようなトンデモ事態になってほしいと願うだけ・・・。
 ところで、昨日の朝日新聞一面に、トップではないものの「『高速に歩行者・自転車』5年で4割増」という網かけの横文字網の大見出しが踊っていたが、このところすっかり世間知らずになっている私には大きな違和感を覚える。
 書き出しの文章は、『歩行者や自転車などが高速道路に誤って進入するトラブルが昨年度3678件あり、5年前よりも約4割増えていることがわかった。近年、若年層の誤進入が目立つ。国土交通省は、スマートフォン用の道案内ソフト(ナビアプリ)が誤誘導したケースが多いとみて、業者に改善を求めた』というもの。
 国交省によると、誤進入は2011年度は2598件だったが、14年度3338件、15年度3501件、16年度3678件と年々増加。半数は歩行者で、原付きバイクが約3割、自転車が約2割を占める。/高齢者の認知能力の低下による誤進入が多いと思われがちだが、50歳以上の誤進入が11年度から16年度で約1・3倍に増えたのに対し、50歳未満の件数は約2・2倍に増えている。/11〜16年度の合計数を年代別に比べると、最も多いのは20代の3345件だ。次いで70代の3101件、60代の1649件、10代の1580件、30代の1542件となっている』と続く。
 ここまで読み進めた感想は、こんなことがあるのだろうか・・・という疑念。時に高齢者が運転する車が高速道路を逆走という記事はあるが、これはあり得そうだと思うものの今回の記事とはいささかニュアンスが違う。
 若年性認知症という言葉もあるように、こんなミスを起こすのは年寄りとは限らないことから、10代や30代のこの数値はムリムリ納得するしかないとしておこう。とはいえ、自転車はひょっとしてあるかもとは思うものの、歩行者が高速道路の入り口に入り込むことなど常識的に考えられないのだが・・・。
 記事によると、これらの誤進入の要因の一つに、急速に普及しているナビアプリの存在があるとのこと。
 昨年の冬に足を痛めた事から、一日の上限を原則的に15000歩と決めているが、バスや電車などを使って、知らない町に出かけるのはしばしばで、そんな時に役立つのがスマホの地図機能。GPSがほとんど誤差なく現在地を示してくれるので安心できる。
 さらに、目的の場所があった場合、ナビ機能を使うと、歩くル−トも示してくれることからかなりの頻度で使っているが、グ−グルやヤフ−マップのナビ機能では、歩行者を高速道路に導く事は、今までなかったし今後もあり得ないと信じている。
 ところが記事には、首都高速道路では、誤進入の約17%はナビアプリが原因との昨年度の調査結果にもとづいて、>国交省と警察庁は7月、アプリの開発業者に対して歩行者や自転車を自動車専用道路や高速道路に案内しないよう求めたとある。
 確かに、最近は『アプリ』という言葉が大氾濫。記事にもあるが、歩行者用に設定しているのに高速道路に誤誘導してしまうトンデモアプリもあるというから恐ろしい。
 もっとも、アプリが全能でスマホの誘導をそのまま鵜呑みにする人間が増えていることが一番恐ろしく、国の役所や警察がこんな申し入れをしなければならない世の中が奇怪しいのだろうが・・・。
 この記事を一つの教訓に、ナビ機能を使う時、『?』を感じる感性だけは失わないようにしたいものである。(杉)

10月16日
   今日もまた杞憂を願うつぶやきに・・・
 超経済音痴の私には、株式の話などチンプンカンプンであるが、衆院選挙が公示された日ごろから、日経平均株価なる数値がどんどん上昇し、先週終わりには2万円を軽く超えたとマスコミが大きく報じていた。
 これを受けて、自民党の候補者たちは口を揃えて、『景気は確実に上向いている』とか『アベノミクスが正しかった事を証明している』など、私の散歩コ−スのいくつかの駅前で連発しているが、なんとも空虚な感がぬぐえないのは私だけなのだろうか。
 彼らは、有効求人率の数値が高くなっていることは理由に、景気が大幅に改善されたと訴えているが、この文言の前に『職種を選ばなければ』という言葉が入るのなら納得できるのだが、私の耳には、自分が望む職種に正社員として採用されるなんて話はめったに聞こえてこない。
 毎日のように、複数のス−パ−の安売りのチラシが新聞に織り込まれている。中には、牛肉始め豚肉や鶏肉などの肉類全ての価格が4割引という信じられない文面もある。それが年一度ではなく、私の記憶では先月も先々月もあったのに驚くが、それだけ消費が落ち込んでいる証拠なのだろうなとムリムリ納得させられる。
 試しに出かけてみたら。確かに、肉の売り場には『レジで40%引き』という文言がある。購入している客も多いのだが、私には、40%も値引きして大丈夫なのだろうか・・・という素朴な疑念が先にたつ。
 常識的に考えて、そこまで値引きしても利潤があるのなら、仕入価格は一体いくらなのだろう。まさか、普段では仕入価格に50%もの利益を見込んで売値をつけているとはとても思えないのだが・・・。
 もしもそうなら、たちまちのうちに商品と適正価格とのギャップは消費者が気付くところとなり、すぐに客は離れて経営が成り立たなくなるはずではないだろうか。だとすると、まさかの発想であるが、前日に全ての商品のバ−コ−ド表示がついたシ−ルを代えている?・・・。これもあり得なさそうだとなるとその仕組みは謎のまま。
 話がそれてしまったが、肉の安売りは客を集めたい苦肉の策。肉以外にも、ス−パ−によっては、野菜のつめ放題やポイント5倍デイなど涙ぐましい努力をしているが、全てが価格で客の関心を得るためであることは明らか。
 そこまでしなければ売れないのが現実。この事を素直に考えると、私も含めて、庶民の目線は『安い』ということ。それだけ懐が寂しいので、毎日の安売り広告に人気がまるのははっきりしている。
 要は、庶民は景気が回復しているという実感など持っていないこと。実際に、10年前に比べて、平均年収が100万円も下がっているとの国の調査が示しているのだから、景気が上向きなどあるはずがない。なのに、株価はウナギ登りだというから不思議このうえない。何か裏があるはず。
 ネットに、『株価が上がっているのは一部の企業・キ−ワ−ドは北朝鮮』という記事を見つけ、『北朝鮮・・・ミサイル・・・防衛・・・軍事関連企業』という謎解きの連環を思い浮かべる。
 デンデン一味は北朝鮮の脅威を必要以上に煽っている。本当に脅威を感じているなら、政治の空白ができる解散など口に出せないはずなのに、国難に対応するための解散だと、例によって口三寸のでまかせで国民を平気で騙している。
 この連鎖と株価との関連、これはあり得るぞ。金もうけが何よりも『是』という風潮なので、軍事関連企業の人気が高まり株価はどんどん上がる。この株価の上昇は、景気の上向きの指標だとマスコミに擦り込まれた国民は見事に引っかかる。
 自民党の圧勝で終わると、こんな手の込んだシナリオのお役目は御免。同時に、株価の狂想曲もお終いになりそうだ。選挙後、遅まきながら、今回の筋書きを国民が知ると株価は急落。その時はすでに遅し、極端な不景気感が広がりそうだ。
 今日もまた、杞憂であってほしいというつぶやきになってしまった。(杉)

10月13日
  全てが再稼働のため・・・
 自民党には悪知恵を考え出す天才ペテン師が何人も存在するらしいことを、今朝の朝日新聞の記事で改めて知る。一面トップの『原発の補助金圏内に拡大』という白抜き飲み出しに加えて、『立地16自治体に5億円』という4段大見出しである。
 この見出しのすぐ後に、『原発立地自治体に限って支払われてきた国の補助金が2017年から原発から半径30km圏内の周辺自治体にも支払われる仕組みに変更されていた。朝日新聞の調べたところ、17年度は周辺16自治体に少なくとも約5億円が支払われる見込みだ』と二段抜きの文章が続いている。さらに私の目をひいたのは、▼マ−クの太字の『36面=補助金決定後 再稼働容認』との文言である。
 36面を開くと、『補助金決定3日後 再稼働容認』という横文字が目に飛び込んできた。今、国と佐賀県や玄海町かすすめている玄海原発の30km圏内にある、糸島市長が補助金の支給が決まった3日後に再稼働を容認したという内容。
 糸島市長曰く『自然エネルギ−施設建設のための補助金で、再稼働とは無関係』らしいがあまりにも不自然。この文面に、なるほど天才ペテン師の裏技かと納得するが気分も最高に悪くなる。
 この補助事業は、16年度から始まった経済産業省の『エネルギー構造高度化・転換理解促進事業』だそうだ。そう言えば、廃炉が決まった自治体や立地自治体が原発への依存度を減らせるよう新たに取り組む再生可能エネルギー関連事業を支援するとして始まったものだいう記事に以前お目にかかったような記憶をうっすら思い出す。 
 原発立地自治体には、迷惑料という意味合いで、国から莫大な補助金が出されていることは知っていたが、この補助金はあくまで『廃炉』がキ−ワ−ドになっていることから、従来の迷惑料という意味を消したい意図を感じたものであるが・・・。
 その補助金が、今年度から半径30キロ圏内の周辺自治体にも支払われる仕組みに変更されていたことになる。知らない間どころか、このことに関す記事など見た事もない。今、もっとも現政権に批判的だと言われている『日刊ゲンダイ』というネット大衆紙も触れていなかったのではないだろう。
 となると、現政権お得意の『閣議決定』という手順など踏まず突然変更されたのではと勘繰りたくなる。朝日新聞がどんな経緯でこの事を知ったのかは不明だが、記事にある『少なくとも約5億円・・・』という言葉は微妙で、これは氷山の一角でどれぐらいのカネがばらまかれているのかは全くの不明ということになりそうだ。
 30kmという数値が微妙。福島原発の被害を少なくみせるために、一応30kmまでを危険区域に決めて、事故後に対象自治体には避難計画を作れと命じているが、原発の立地場所など考えると実行可能な避難計画などできるはずかない。当然、住民の安全を保障するといより、形だけ整えたものになるのは明らかである。
 それでも国は次々と強引に再稼働をすすめているが、避難計画を義務化しているのに、再稼働にはその同意を必要としないのは奇怪しいという世論の高まりは、さすがの国も無視できなくなったらしい。
 ムリムリ作った避難計画であることからして、再稼働に反対や慎重な自治体が現れるのは当然であるが、原発立地の県と当該の自治体の同意に加えて、30km圏内の自治体の同意を得るために苦心していると聞こえてく。
 原発の迷惑料という意味合いの補助金を、原発とまさに正反対の自然エネギ−施設建設のためにと言い換え、しかも30km圏内自治体に広げ、さらに実施時期までもメディアにも内緒で変更し、再稼働同意と引き換えに使うとは、繰り返しになるが、さすが天才ペテン師である・・・。(杉)

10月12日
   なんともおぞましい事件2題・・・
 自分の妻と5人の子どもを刺し殺したうえに、県営住宅の部屋に放火したという茨城の事件は、テレビのニュ−スで語り尽くされているので、今更私がつぶやくまでもないが、あまりにも身勝手な男の犯行にただただおぞましく感じるだけ。
 何度も繰り返し報じられているので、事件のあらましは知っているつもり。だが気持ちが悪くなることが先にたち、詳しい事情になると聞きたくなくなるという感情があまりにも強いため、自ら耳をシャットアウツしているらしく、ただただ信じられないことが多すぎると言うところ。
 何でも、妻から別れると言われてカッとなったらしい。普通の神経では考えられないのだが、このところ『切れる』という言葉で流行っているらしく、前後の判断などできずに身近にある凶器で相手に襲いかかる事件が増えているように感じる。
 スト−カ−という言葉が盛んに聞こえてくる。自分勝手な男が、以前交際していた女性につきまとうという行為なのだろうが、嫌われていることが分かっているのだから、スッキリあきらめれば良いのに、自分が嫌われていることが分からないのか、それとも追いかけていれば何とかなると思っているのだろうか。そのあたりはとても私には理解できない。
 この一家に何が起きたのだろう。5人の子どもの中には、1歳の双子の男の子までいることから、妻からの別れ話はさほど昔からある話だとは思えない。
 そのあたりの事情はともかく、妻と我が子?(ひょっとしてこのあたりがに原因があるのかも知れないが)を刺し殺したとなると、突如切り出された別れ話にガッとしてというより、明確な強い殺意があったと考えた方が理屈にあいそうだ。
 それにしても酷い事件である。このような事件(スト−カ−事件)は不思議に感染力があるらしく、全国各地で類似事件が起きることが多いのが気がかり。できれば、今回だけは類似事件が起きない事を切に祈る。
凶悪な事件といえば、やはりここ数日、トップニュ−スで取り上げられているのが、東名高速道路で起きた、追い越し斜線で停車している車にトラックが追突して、ワゴン車に乗っていた夫婦が死亡した6月に起きた事故の原因を作った男の逮捕という話題。
 こちらも酷すぎる。パ−キングエリアの出口付近の道路にその男は車を止めてタバコを吸っていたらしいが、妻が運転しているワゴン車に乗っていた夫が注意したところ、男は猛然とワゴン車を追いかけて、極端に寄せたり前で急ブレ−キをかけるなど嫌がらせを繰り返し、ついには追い越し車線で停車させたという。
 路側帯かあるいは左車線ならともかく、追い越し車線とは信じられないが、男はこんな事は慣れていたようだ。そして3分後に、大型トラックがワゴン車に追突、夫婦は死亡、娘二人が大怪我をするという事故というか明らかな殺人事件が起きた。
 この事故がおきた6月には、多分マスコミも報じたに違いないが、東名高速での事故報道は日常茶飯事。私も含めて、事故当事者の知人などではない限り、何故追い越し車線で停車したのかという疑問はもったものの、すぐに頭から離れるので思い出せないのも仕方ない。
 こんな男に関わったのも夫妻の悲劇なのだろうが、男の車には女が乗っていたらしいとなると、この男は、その女にカッコヨイところをみせたかったのかも知れない。しかし、同乗していたはずの女のことはマスコミが一切報じないのも変な話である。
 まさか、有名な政治屋や権力側の関係者だったり?・・・?なんてということを思い浮かべるのは、モリ・カケ疑惑で大流行の権力側への忖度などが取り上げられているかも知れないが・・・。

 全く関係ない二つの事件報であるが、共通に潜んでいるものは男の身勝手さ。私は決して死刑賛成論者ではないが、ここまで身勝手な行動で、全く罪のない複数の人を殺害したとなると、究極の罰則も致し方ないのではないだろうか。それも、長々と裁判を続けるのではなく、即実行を願いたいもの・・・。
 蛇足になるが、ワゴン車に追突したトラックを運転者は逮捕されたというのも、なんとも気の毒でならない。確かに追突事故を起こしたことは事実で、前方不注意と言われれば反論の予知は少なくなるが、前方で停車している車を見つけて急ブレ−キをかけたのではないだろうか。それでも事故は事故として逮捕された?・・・。
 それ以前に、まさか追い越し車線で、車を止めさせて、男がワゴン車の男性に殴り掛かっているなど、運転のプロだとはいえとても想像できはずがない。できれば、今回事故の背景が明らかになり、運転手の罪が軽くなれば良いのだが・・・。(杉)

10月11日
  ネット記事に一瞬ギョとする・・・
 昨日、ネットのヤフ−のメニュ−に『赤信号平気で渡る 老化原因?』という見出しがあったが、これを見てギョッとした人も多いのではないだろうか。
 かくゆう私もその一人。というのは、赤信号を平気でわたっているからである。もっとも、どの交差点でも赤信号で渡るわけではなく、私なりの理屈を持っているのだが、この見出しを見て、ひょっとして、私の行動を見ている人からすると、『あの年寄り、ボケが始まっているらしい・・・』と見られているとしたら、ひたすら赤面するしかなさそうだ。
 ところが本文を読むと、『人間年を取ると、周りを困らせる行動をとることが増えます』という書き出しで始まり。老化の典型的な現象として『約束を完全に忘れてしまっている』『赤信号でも平気で渡る』『高額商品をいきなり買ってしまう』などがその典型だと続いていることからから、私の受けたショックとはかなり違うようだ。
 ともあれ読み出した記事なので最後までめ目通す事にするが、高齢者が赤信号を無視していると思われる行動は、決してそうではなく渡り切れないことが多いのだそうだと具体的に説明している。
 私もこのような光景に出会う事はしばしば。どうして早く渡ろうとしないのかと考える人が多いようだが、日本の信号機は赤になるのがとても早く、特におばあちゃんには渡り切れないように作られていると筆者は述べて言う。
 日本の信号機は、歩行者が1秒に1mという数値で設計しているのだそうだ。この数値で計算して、渡り切れる時間を想定して赤になる設定になっているのだが、85歳を超えると男性は0.7m、女性は0.6mしか歩けないのだそうだ。
 さらに、高齢になると信号機をもともとよく見ていないのだそうだが、その事は信号無視ではなく、『瞼が下がってくるから、信号機が設置された上のほうがよく見えない』『転倒すると寝たきりにもなりかねず怖いので、下を見て歩かないと不安』『腰が曲がってしまうから、信号機はよく見上げないと見えない』など、多くの老化による体の変化が関係しているとのこと。
 こうならないための解決策としては、瞼の下がり防止には、目を強くつぶってから強く開けるという運動を、1日10回程度行うと良いとある。また、普段から簡単なスクワットで足腰を鍛えるなど身体を鍛練することなのだそうだ。
 なかなか蘊蓄のある意見で思わずうなずきたくなるが、分かっていてもできないのが生身の人間、特に、瞼の上げ下げなどなかなかできるものではない。
 記事が、私がギョッとしたこととは無関係だと分かるが、少し私の言い分もつぶやくことにしたい。私が赤信号を無視することが多いのは、いわゆる『押しボタン信号』と呼ばれている代物である。この信号機がある場所は、多くの場合車の量が少なく、少し待っていると車の流れが切れることが多いので、わざわざボタンを押す必要がないからである。
 しかし、この事をおおっぴらに主張するつもりはない。幼稚園や小学校では『赤信号は止まれ』と徹底的に教えているのは決して間違った事ではなく、例え車が通っていなくても、ボタンを押して青になってから渡るのは、ル−ルに則った正しいやり方である事は十分承知しているからであるが・・・。
 昨日から新聞もテレビも選挙一色。マスコミは揃って三つ巴の選挙選だと騒ぎ立てているが、希望の党の出現は、徹底的に野党潰しである事が明らか。このままでは野党勢力はそがれ、選挙後に生まれるのは翼賛体制・・・。
 失望が先にたつ事から、今日は何とも締まらないつぶやきになってしまった。(杉)

10月10日
  何ともお粗末・・・
 ネットではコイケ都知事のことを『みどりのタヌキおばさん』と呼んでいるらしい。みどりとは彼女のトレ−ドマ−クである緑を基調にしたいでたちであり、タヌキは狸で、細川・小泉の両総理や自民党を飛び出して、野党を作っては壊してきたオザワ氏あたりを、上手くたぶらかして今日の地位を得た事からの命名である。誰が言い出したのかは知らぬが、実に上手いネ−ミングと感服する。
 おばさんは少し失礼なので、私は今後は『みどりの狸女史』と呼ばしてもらおうと思っているが、先週の金曜日だったと思うが、党首である狸女史自らが記者会見で、『希望の党』の公約を発表したというニュ−スが流れた。
 国民にわかりやすく、ゼロにしますという文面である。そこには12の事象に対して、ゼロにするという文章が並んでいた。
 記事によると、・原発ゼロ・受動喫煙ゼロ・ブラック企業ゼロ・隠ぺいゼロ・満員電車ゼロ・花粉症ゼロ・企業団体献金ゼロ・殺処分ゼロ・移動困難者ゼロ・待機児童ゼロ・フードロスゼロ・電柱ゼロの12項目だという。
 よくぞここまで次元が違う項目を並べてゼロを作ったもの。トップの『原発ゼロ』は言葉として申し分ない。しかし、本気でゼロするために最稼働した原発も含めて全て廃炉するという方針なら、『さすがコイケ女史』と大拍手を送りたいが、選挙が終わったら『そんな事言いましたっけ・・・』となりそうだ。
 というのは、狸女史は、党首による討論会では『再稼働には反対しない』と、共産党などのいう脱原発とは意味が違うと発言したというから、どうやらこの『原発ゼロ』というセリフは国民を騙すためにわざわざ作り上げたものだと言っても差し支えない代物。
 『受動喫煙ゼロ』もちょっと待ってほしい。先日の都議会が『子どもがいる家庭内では喫煙してはいけない』という条例を可決したことから、狸女史殿が本気で取り組んでいる気配は伝わるが、家庭内のことまで『お上の命令』が行き渡ってはまさにファッショ。こんな事をすんなり可決する都議会に恐怖を感じる・・・。
 『隠蔽ゼロ』も、よくぞここまで平気でウソがつけるものと呆れる。都民ファ−ストの議員たちは誘い合っての飲み会も禁止らしいが、そんな締めつけを嫌って、最初から活動していた複数の議員が逃げ出したのはまさにマンガ・・・。自由に議論できないこと自体が『隠蔽体質』そのもの。よく言うよと言うところ・・・。
 その他『?』を覚えるゼロのオンパレ−ドであるが、今日はその一つの『花粉症ゼロ』について一言。
 花粉症って、個人的な体質の問題であり、根本的に失くすためにはその原因である花粉を失くすしかないというのが一般的な味方であるが、『花粉の原因を失くす?』ことなどどうしてできるのだろう。
 花粉症といえばスギの花粉が有名だが、日本中に数千万本もある杉の木を切り倒すのが政党の公約なのだろうか?・・・。もしも狸女史が本気でしゃべっているとしたら、狸女史自身が、自身に内在するキツネ(まさか赤いキツネではないだろうが)にたぶらかせられていることになりそうだ。
 ただ一つだけ方法がある。それは、私がスギの花粉症を克服した、桑と蚕の効能を実践することであるが、まさか狸女史がこの方法を知り、これを国策として押し進めるなんて想像することもできるはずがないので、ここで語ること自体論外であろう。
 また、花粉症と称されている厄介な病気は、スギの花粉だけではなく、ヒノキやサワラなどの樹木の花粉も原因するという。
 近は、サクラの花粉にも過剰に反応する人がいるらしく、さらに、ブタクサやセイダカアワダチソウなどの雑草たちもその原因の一つである事も明らかになっているのだから、『希望の党』は、日本中の樹木やもとより至るところに生えている雑草を刈り取るということになりそうだ。
 他の『ゼロ公約』も何ともアホラシイものばかりであるが、長くなるので今日はこれぐらいにして、またの機会につぶやきたい・・・。(杉)

10月6日
  全てお上が決めること?・・・
 デンデン政権が発足以来、親分の命令でもあるのかも知れないが、何でも型にはめたがるし傾向が強くなったと感じることが多い。

 『女性が輝く社会』というキャッチコピ−は素晴らしいと飛びついた人が多いようだが、現政権の発想は、女性を安い賃金で働かさせたいという安っぽいものだから、たちまちそのための保育園問題に発展し、ここにきて陰りが見えてきたらしく、この言葉があまり耳にしなくなっている。
 これに焦ったのかとうかは別にして、今度は『働き方改革』なる言葉をはやらそうと躍起になっているが、『女性が輝く』にしても『働き方』にしても、それぞれ個人が持つ価値観が一番大切なことであって、政権のご都合で『こうあるべきだ・・・』と言うものではあるまい。
 そんな事を思っていると、都議会で『子どものいる家庭では禁煙』とする条例を可決したという記事が今朝の新聞に載っていた。都が決めることを神奈川県民の私だとやかく言うのもはばかれるが家庭内の行為まで都(お上)が決めて良いとは思えない。
 この話の発端は、コイケ知事が何としてもオピックまでに受動喫煙を失くしたいという思いから言い出したものらしい。コイケマダムもデンデン氏と発想が同じらしく、自分の思うような社会習慣を押し進めることが趣味なのだろうが、自分の権力を誇示したいことから、何としても受動喫煙を禁止したいようだ。
 タバコの煙と臭いは、喫煙習慣がない私にはあまり歓迎したくない代物。いやむしろ迷惑と感じるので、神奈川県がすすめている歩きタバコの全面禁止などは歓迎しているが、喫煙そのものは絶対的な悪だとは受け止めていないので、愛煙家の人々の居場所を作ることも大事だと思っている。
 『酒は百薬の長』と諺があるとおり、適量のアルコ−ルは体温を高め血流を良くすることから健康には良いとされてきたが、一度飲みはじめるとクセになって、ついには酒の虜になる人も多く、かえって健康を害するということも良く耳にする話なのに、こちらは健康には『百害あって一利なし』と全くの悪者扱い。
 タバコを吸う行為そのものが悪だというのが最近の通念になっているものだから、愛煙家と言われる人々にとっては、ここらでちょっと一服・・・なんてことは、言い出したくてもとても言い出せない雰囲気になっている。
 愛煙家は男性に多い事から、家庭でも愛煙家の父親の立場は限りなく悪くなって、わざわざ屋外にでて喫煙する男性が増えていることは、私の近場でもそんな光景を目にすること。高層階の団地などでは、屋外にでられない事から、ベランダで喫煙する姿を称して『ホタル族』なんて言葉も一時は流行ったものである。
 こうなると、家庭内でも喫煙は『悪』だと言われても仕方ないが、中には夫婦揃って愛煙家という家族もいるだろうし、夫の喫煙が気にならない妻も多いだろう。
 医学的に『タバコが害』である証明ができれば、麻薬同様にタバコを禁止するのならいらしらず、税金の源だとなると誰もそれを口に出さず、全国至るところに自動販売機まで備えて堂々と販売しているのも変な話。
 受動喫煙が子どもの健康に悪いと本気で思えば、戸外で吸うか、子育てをしている親たちが禁煙すれば良い事であって、条例で禁止するのは国家統制に通じる危険な動き。同じような話がスポ−ツ庁という役所から発せられた、『通勤にスニ−カで』というキャンペ−ン・・・。
 民間から言い出すのならともかく、少なくとも国の出先機関だろうスポ−ツ庁の長官が言い出すことに大きな違和感を覚える。それ以上に、全てがお上が決めると言う風潮があたり前になっていることに、危険な臭いを感じるのだが・・・。(杉)

10月5日
   正体がバレだしたらしいが・・・
 衆院選挙の立候補者がだいたい出揃った。昨日は希望の党が公認者を発表したが、その内訳は何ともお粗末。
 民主党が民進党と名前を変えても、党として安保法案と共謀罪には絶対反対。いわば党是だったはずなのに、マダムの踏み絵には、これに従うことが受け入れ最低条件だとあるにも関わらず、『はい、女王さまのお言葉には絶対に服従いたします・・・』と誓詞を入れて、マダムに跪いた輩がほとんど。
 踏み絵に書かれた文言の中で、まともなのは『脱原発』という一言だけ。これも、日本の社会を目茶苦茶にした、マダムのタニマチ的な存在だと言われているコイズミ元首相のお気に入りのフレ−ズ。マダムの口から出るこの言葉は、国民を騙すテクニック的な戯言という感じで、どこまで本気なのかも疑わしい代物。
 この踏み絵だけはどうしても踏めない、というより始めからダムから『あんたはノ−よ』とレッテルを張られていた民進党のエダノという福島原発事故当時の官房長官が、このままでは生き残れないと考えて、『立憲民主党』なる政党を立ち上げたが、その主張がデンデンはもとよりマダムたちに比べて、はるかにまともに伝わるから不思議である。
 マダムのお膝元である『都民ファ−スト』からは早速2人の離反者が出たというマスコミ記事からも、マダムの正体が徐々に国民に明らかになっている。そして不信感に変化するのは時間の問題だろう。党是を捨て・魂を売って、しかも多額な身代金までとられてまで公認を求めた候補者たちはその大部分はあえなく討ち死。選挙後に後悔するのは間違いなさそうだ。
 私の住む横浜の片田舎の選挙区を昨日の7区と言ったのは間違いで正しくは8区であるが、毎回お馴染みのフクダという名前はない。自民党を逃げ出したからだ。『エダケンジ』という絶対的に選挙に強い候補者に負け続けることにいらだち、マダムの人気に便乗したのだろうが、与えられた選挙区は東京5区らしい。
 東京5区とはどのあたりなのか調べてみたら、目黒区を中心に世田谷区の一部。横浜の片田舎で地元の保守票を当てにしていたフクダさんには、とてもじゃないが敷居が高すぎて、街頭演説をしても『あの人誰?・・・』ならまだしも、『横浜の田舎から逃げ出した男よ・・・』となると、当選どころか供託金も戻らないのではと気の毒にすらなってくる。
 今のところ、横浜8区には『希望の党』公認の候補者の名前はない。何でも、自民党の候補者は、逆に東京5区で一度だけ比例当選をした人物らしいが、いまだに名前を覚えられないほど知名度はゼロ。希望も自民も、戦う前から『エダケンジ』という名前に怯えてまともな対応ができないらしい。
 エダさんはどちらかという右寄りの思想の私好みではない人物だが、さすかにマダムの踏み絵は踏めないらしく、かといってエダノの下にはつけないというプライドがあって今回は無所属で立候補するのだそうだが、それでも、ブッチ切りのトップ当選は間違いなさそう。
 共産党から女性候補者が立つらしいが、デンデン落とせという世論の要望に応えて共産党が野党統一候補としてエダさんを推薦したら、凄いことになると期待している。はたして共産党のシイ委員長がそこまで大人の対応ができるかどうか楽しみに10日を待っているところ。
 『自民党』を勝たせることは国を滅びの道に追いやるだけと知りはじめた国民が増えていることは何となく肌で感じられる。その意味で、『希望の党』という選択をする有権者も多いだろう。
 しかし、ここにきてマダムは『自民党との連立』などとのたまっているとなると、自民党が過半数を大幅に割り込んだとしても、希望や宗教政党はもとより大阪維新なとという改憲を主張している輩たちに合わせて3分の2を与えたら、トンデモないことになることだけは片田舎の貧乏老人でも判ること。
 将来をになう若者のためにも、今回は、『ストッフデンデン・ストッフマダム・・・』と叫びたくなるが、国民は・・・。(杉)

10月4日
   銃乱射とは違うが・・・
 NHのニュ−スでお馴染みになっている渋谷駅前のスチランブル交差点は、世界的に有名らしく、外国人がしきりにカメラに納めている映像を、テレビのニュ−スだけではなく新聞や雑誌でも見かけることが稀でなくなっている。
   私も富士通に勤めていた当時から、東横線が身近なこともあって渋谷に出かけることが多く、この交差点との付き合いは50年以上になる。もっとも、50年前からスクランブルだったかと問われると、正確には覚えていないが・・・。
 ともあれ、いつ渋谷に出かけても、信号が変わると物凄い人が一斉にこの交差点に溢れるのは壮観という言葉がぴったり。何度も訪れている私でも、時にあらゆる方向に進む人々に行く手を遮られるのは日常茶飯事。 修学旅行の中・高校生が困惑するのは当然である。 
 その、いつも人が溢れるスクランブル交差点に、赤信号を無視してワゴン車が突っ込んだという、昨日のニュ−ス映像に我が目を疑う。
 アナウンサ−によれば先週のことだという。映像を観る限りけが死者はなかったらしいが歩行者にしてみれば、到底想定できることではなく、あまりスピ−ドが出ていないことから上手く避けられたらのだろうが、それにしても信じられない光景である。
 中には、この車を蹴り上げている男性の姿があり、その後と倒れ込んでいたことが気になるところ。怒りに任せて思わず蹴りを入れたのだろうが、なかなかの勇気。思わず笑ってしまったが・・・。 
 テレビのニュ−スでは、警察は52歳の男を逮捕したとのことだが、食事をしながら無意識的に画面を見ていたので、そんな事件があったのか・・・という程度で聞き流す。逮捕は、あそこまで鮮明な映像がるのだから、またまた防犯カメラの映像から逃げた車の運転手を割り出したのだろうとしか思いつかなかった。
 ところが、今朝の新聞の記事によると、運転手の男が渋谷警察署に自ら出頭したため、道路交通法違反の疑いで逮捕したとあることに、探し出せなかった警察と含めて何ともマヌケな事件だと思ってしまう。
この事件は先月25日、ワゴン車が追跡するパトカーを振り切りながら2度にわたり赤信号を無視して渋谷のスクランブル交差点に進入し、その後、逃走したものだとあるが、あの交差点は停止している車の列があったはずだろうに、何故突っ込めたかという素朴な疑問が頭をよぎる。
 男は当時、免許を携帯していなかったということで、調べに対し『職務質問から逃れるために逃げ、事故を起こした』などと供述しているというが、免許所を持っていないというだけでスクランブル交差点に突っ込んだとは不可解極まりない。
 こんなマヌケた事件であるが、ふと、アメリカのラスベガスで起きた自動小銃の乱射で59人の死者と600人にも及ぶ負傷者を出した事件を思い浮かべる。
 何の脈絡もない。銃の乱射の犯人は、明らかに殺人が目的であり、単に職務質問を逃れるために交差点にノロノロと車を突っ込ませた今回の事件とは、全く因果関係はない。
 しかし、以前秋葉原の歩行者天国の道路に猛スピ−ドで突っ込み多数の死傷者を出した事件があったが、その犯人には明らかに殺意があったとなると、もしも、今回逮捕された男に『人を轢いてみたかった・・・』という心理があったとしたら、信じられないような凄惨な光景が現実になったのではと暗澹たる気持ちにさせられる。
 わが国では銃を手に入れることはほぼ不可能だが、車となると、免許の有無はともかく横浜の片田舎の貧乏老人でも分割払いで簡単に底入れることができる。となると、改めて万が一、運転手に殺意があったとしたら・・・・想像すると背筋が冷たくなる。
 秋葉原の事件を起こした男は、いわば『自棄っぱち』だったと記事にあった。加えて、この自棄っぱちな心理は日本人、特に若い世代に蔓延しているとも・・・。信じたくはないか、この事をISのチエ者が知ったら、トンデモ光景が日本中至るところで起きそうだ。
 今日もまた杞憂でってほしいというつぶやきになってしまったが・・・。(杉)

10月3日
  早晩に日本でも・・・
 以前から思っていることだが、ますますアメリカが奇怪しくなっている。昨夜に報じちれた、アメリカ西部のラスベガスで、64歳の男がホテルの32階から、近くで開かれていたカントリー音楽の屋外コンサート会場に向かって無差別に銃を乱射したという事件に衝撃を受ける。
 今朝のニュ−スによると、死者は59人、負傷者は600人近くにのぼっているというから大惨事。アメリカは一般人の銃所持が許されているので、これまでも、銃の乱射事件は数限りなく起きているが、ホテルの高層階からコンサ−ト会場に打ち込まれたというのは前代未聞。だれも想定していなかったのではないだろうか。
 容疑者の男は、警察官がホテルの部屋に突入する前に自殺したとのことだが、音楽を楽しむために集まった人たちは、自分たちがねらわれるなど想像もできなかったに違いない。それだけに何とも痛ましい、そして愚かな事件としか表現のしようがない。
 アメリカでは銃の乱射事件が起きるたびに、銃の所持規制が話題になり、特にオバマ前大統領は本気で規制をすすめたことは何度背記事になっている。しかし、西部開拓時代から自分を守るのは自分の責任だという風潮が強いため、具体的な規制は何ら進んでいないらしく、銃の乱射件は最近でもアメリカ各地でしばしば起きているようだ。
 私は本物の銃に触れたこともないが、元々が戦争のために発明された代物なので、その性能の向上のために、国の浮沈に関わると各国は性能向上合戦。その結果、現在では引金を引くだけで、自動で数十発以上の弾丸が発射されるのは当たり前らしい。
 こんな危ない凶器が、誰でも簡単に手に入ったら事件が起きないはずかない。アメリカという国は、この一点でも狂っているとしか思えないが、それでも自分の命は自分で守るという精神は変わらないのだろうか。
 自殺した容疑者が、意識的に眼下で行われているコ−サ−ト会場に乱射したことは間違いなさそうだ。すぐに、イスラム国(IS)が、我が国の兵士が行った事件だと犯行声明を出したとのことだが、事実だとしたらこれは北朝鮮の原爆並の恐怖感を覚える。
 警察は動機を詳細に調べており、今のところは男の単独犯と発表しているらしいが、いかに狂気に陥っていたとしても、自分と同じアメリカ人を前代未聞の方法で殺害するとは信じ難く、ISの犯行はともかく、何らかの組織が関与しているのではないかという疑いが捨てきれない。
 まして、本当にISが命令したとなると、アメリカ人同士で、ひょっとしてあいつはISのシンパでは・・・という疑心暗鬼が広がるのでないだろうか。ISが実際に関与しているかはともかく、今回の犯行声明でアメリカ人に不安を植え付けた効果は満点。ISの凄さは侮れるものではない。
 先日起きたイギリスでのテロはISに影響された思想の影響らしいと報じられていることから、これはトンデモないことになりそうだ。
 今のところ我が口では、ISの関与しているテロ事件は報じられていないが、アメリカと同一歩調というか、アメリカのポチ状態の現政権は、ISから見たら、アメリかそのものと認識することは当然で、ISの幹部たちが、次は日本を・・・と考えても決して奇怪しくない。
 人々が憎しみ合うことがテロを生むことは世界中の人々はもちろんそれぞれの国の政府も理屈では分かっているはず。その憎しみのリンクを断ち切らねば、テロは決してなくなるはずがないのに、テロが起きるたびに、テロを撲滅するためと称して、警備を厳重にしたり思想の統制が必要と叫ぶだけ。
 日本の現実は、間違いなくテロを誘発している。これは恐ろしい。今は、選挙という目先しか見えないので、あまり騒がれないが、選挙の結果によっては、テロの本質を語ることなく、またまたテロ撲滅とだけを叫んでいてはやがて・・・。
 今回の恐ろしい事件でトンデモ空想をしている今朝の自分。(杉)

10月2日
  締まらない話になってきた・・・
 先週は、コイケ女史の選択しかないのではとつぶやいたが、女史がおもむろに安保法案に反対する民進党の現職議員は公認しないと、極右の論理を持ち出したことから風が何となく変わってきた感じを受ける。
 女史がエダノ氏を公認しないと明言したのかどうかは知らない。また、エダノ氏が女史から嫌われるほどの現憲法を守る本当のリベラル思想を持っているかも判らないが、私には福島原発事故当時の官房長官として、立て板に水のごとくテレビに出まくって、国民を安心させるどころか、逆に不安に陥れた印象が強く、リベラル云々よりも人物的な不信感を強く持っている。
 そのエダノ氏は、公認されないのなら、同じように排除されるだろう民進党の一部議員と新党を立ち上げるとのニュ−スが流れ手いる。何でも『民主党』という名前までマスコミが伝えているところから、この情報は間違いなさそうだ。
 無所属となると、比例復活という道が失われるとのこと。これも小選挙区比例代表制という矛盾に満ちた選挙制度の欠点なのだろうし、国民の税金から配られる政党助成金なるものも手にできないのだから、よほどの自信がないと無所属はリスクが大きすぎることは選挙音痴の私でも理解できることからも、10日の公示日までに新党結成はほぼ間違いないだろう。
 となると、民進党の身投げに怒りを隠そうとしない共産党は、希望の党から公認候補が出る選挙区には候補者を立てることは明らか。エダノ・共産党の連携がまとまればともかく、できないとなると、エダノ『民主党』に集まる候補者が立候補する小選挙区では、自民党対野党統一候補という、デンデン政権を退場に追い込むための方程式が崩れ、自民党・希望党・共産党に加えて『民主党』という最低限4人の候補者が、互いに足を引っ張りあう従来のパタ−は変わらない。
 また、コイケ女史は、森友学園疑惑でカゴイケ氏から『一番の悪者は大阪府知事』と名指しされた人物が大将の『維新』という政党と連携することが明らかにしているようだから、選挙で大勝ちしたとしても、モリ・カケ疑惑は追及しないということになりそうだ。
 何とも締まらない話になってきた。今後、女史が都知事の職を投げ出して、選挙に打って出たら全国の風は変わり、希望の党が圧勝となるかも知れないが、今回の民進党のリヘラル議員排除は、コイケ旋風に乗っかれる候補者が全ての選挙区で公認できる余地を閉ざしてしまったような気がする。
 女史の政局を観る勘働きは半端ではないことはだれの目にも明らかとなると、どうやら女史としては、ここ数日の間に、手足のごとく動く、ある程度地元で名の知られた人物を探しているのではないだろうか。
 今朝のマスコミは、ワカサ番頭が『政権奪取は次の次・・・』といったと大きく取り上げているが、女史としては、このまま自民党政権が続けば、自分の人気は間違いなく陰り日本国初の女性総理大臣という夢がなくなることは知っているだろうから、そのまま素直に『そうなんだ・・・』とは思えない。
 モリ・カケ疑惑の追及が恐れて、北朝鮮の脅威を必要以上に煽り、消費税の増税分を教育になんて、誰もがウソだろうと思うような理屈で『国民の信を問う・・・』などとのたまっているデンデン親分とその一味はどう動くだろう。
 すでに女史と手打ちが行われているとは思いたくないが、ひょっとしてアメリカさまには自分の立場を失うと困るだろうと理解を求め、北朝鮮の将軍さまに多大な献金をして10月10日過ぎに一発、さらに投票日が近づいた時点で、北海道上空を通過するル−トで数発のミサイルを発射してもらう交渉でもしている?・・・。
 いずれにせよ、女史の動きもデンデン政権のあがきも、10日ごろまでにははっきりするのではないだろうか。
 しかし、こんなバカバカシイ選挙に、一説では6000億円が浪費されるとなると、何とも虚しくなるが・・・。(杉)

                トップペ−ジへ