苗作りで
     生きがい
芽生えたミズナラの苗たち
   05.02.11

(その一)ある特別養護老人ホ−ムでの一時の風景
 『おじいちゃん・おばあちゃんたち、こちらに集まってください。私のやることをよく見て、同じように手足を伸ばしましょう。 それいち・にいさん・・・・・・。』
 『だめだめ、おじいちゃん。勝手な動きをしては・・・・。私の言うことをよく聞いて、その通りに動かさないと、すぐ体力が落ちますよ。長生きするためにはきちんと身体を動かすことが大切ですよ。』『今日は折り紙です。指を動かすことは脳を刺激しますので、ボケ防止に最高ですよ。はい真ん中から折って・・・・・。そうですよくできました。』
 こんな風景が、高齢者たちが集まって生活する、いわゆる『老人ホ−ム』と呼ばれる施設では日常的に繰り広げられています。
 身の回りのことを一人でやれる高齢者ならばこの程度ですみますが、認知症(この言い方はちょっとおかしいと感じているのは私だけ? 認知が困難になった症状だから不認知症では・・・)が進行したり身体の機能が劣ってくれば、さらに初歩的というか、幼児に教えるような言葉づかいと指示の内容になることは容易に想像がつきます。
 まして寝たきりの老人になると、その対応はどのようなものになるか、誰にでもおよそのことは考えられると野もいます。
 身寄りがなかったり、家族と一緒に住めない事情を抱えている高齢者たちを集めて援助する場所(広い意味で『老人ホ−ム』)で生活している人や、例え家族と一緒に生活できる境遇にあったとしても、さまざまな事情で身の回りのことができなくなった高齢者の数は年々増え続けています。そして、家庭で過ごしている方も含めて、高齢者の世話をすることを、『介護』と総称し、その介護に関するさまざまな道具はもとより考え方などが巷に溢れるようになって久しくなります。
 老人ホ−ムと言っても、運営基盤が公立か私立か、対象高齢者の身体的様子、費用、介護の内容などさまざまありますが、私は、ここではそれらの区別はあえてしないで『老人ホ−ム』という言葉で表現し、高齢者が集団で生活する施設という認識で話を進めることにします。
 身の回りのことが一人でできる人や、沢山の趣味を持っている人たちにとっては、老人ホ−ムという高齢者集団の中での生活でも、ある意味豊かに生きられると思いますが、趣味といっても本を読む程度のものでは時間が多すぎて何をしてよいのか分かりません。
 このような人(これはかなり多い)たちに生きがいを与えることは、老人ホ−ムで働いたり、ボランティアを含めて介護の仕事に従事する人たちにとっては重要な課題になります。そこで介護の仕事に従事する人々は、高齢者の方々に生きがいを与えるために、この文章の書き出しのように体操や、折り紙やお遊戯など取り入れているのです。
 そのことは十分認めており、決して間違っていないと思います。大変な仕事をよくやっておられると敬意を表していますが、もう少し突き詰めて考えると、現代の日本の繁栄をそれこそがむしゃらに働くことによって実現してきた功労者である高齢者の方々に対して、もっともっと心からの感謝があって当然ではないかと思うのは私だけでしょうか。
 本当の『生きがい』というのは、自分が社会にとって必要な存在なのだ、と実感できてはじめて感じるのではないでしょうか。その意味で、私は生きがいというものが集団で体操したり、お遊戯することによって簡単に見つけたり身についたりするものではないかと思っているのです。
 高齢者が有意義な余生を過ごすためには、老人ホ−ムという箱物を作ることも必要かもしれ間千賀、むしろ生きがいを探すこと与えることの方が大切で、国民全体で真剣に考えなければならない課題だ信じています。

(その二)ある高僧のお話から
 サルの仲間は霊長類と言われています。いわゆる知恵が高い動物です。チンパンジ−やゴリラなどを観察すると、確かに知恵があるなと感じます。遺伝子などはほとんど人間と変わらないのだそうですが、やはり人間とは全く違います。
 その最も大きな違いが二本足で歩けるか歩けないかなのです。二本足で歩けるから人間なのです。二本足で歩けることを手に入れた人間だけが脳を身体の一番上におくことができるようになり脳が発達したのです。
 人間が最も人間らしいのは二本足で歩けるからなのですよ。二本足で歩けなくなったら人間ではなくなるのですよ。私は最近足腰が弱くなって、杖が必要になってきました。そう3本足になってしまいましたので、いよいよ人間ではなくなってきたのかな、と思うようになってきました。
 このように言ったからといって誤解しないで下さいね。杖が必要になってきた高齢者の方や、事故にあって杖を必要とする方、あるいは障害をもった方や寝たきりになった方が人間ではない、という意味ではありません。
 杖はよくできた道具です。杖を持つようになった時、杖が自分にとってどんな役割をするのか考えられることが大切なのです。道具として使いこなすことによって二本足で歩けることになるのです。
 私は、日本中どこにでも自分の二本足で歩いて出かけ、多くの人々に人間としての生き方や在り方を語ることを生きがいとしてきましたので、自分の二本足で歩きにくくなって杖を頼るようになった今、自戒の念でもって言っているのです。
 もうこの歳になっていますので、果たして杖が必要でなくなくことは難しいかもしれませんが、杖が必要になくなるように努力したいと思っています。杖を友として労りこからも人間としての私の生き方を最後まで全うしたいと思います。
 人間として得た尊厳を、私は最後までもち続けたいのです。

――凄い話ではありませんか。私の受け止め方と表現が未熟なので、誤解を与えたかもしれませんが、100歳近いお坊さまのこの発言は、生きがいとは何かということについて考えさせられではありませんか。

(その三)生殖能力がなくなっても生きているのは人間だけ
 だいぶ以前のことになるが、東京都知事の石原慎太郎さんが言葉は正確ではないが『婆は生殖能力がない・・・・』という意味の発言をして、人権侵害だと女性団体などから大問題にされたことがあリます。石原慎太郎さんの言葉はかなり荒っぽく、公人として適切だとは思えませんが、女性が閉経後には子どもを産めなくなることは確かですので科学的には間違っていありません。
 この世に生きる全ての生命体の生きる目的は、子孫を残すことであることは間違いありません。植物の多くは種を作ってその生涯を閉じます。動物も同じです。
 千年以上生きる樹木はどうだと言われるかもしれませんが、これらの大木を、人間が勝手に老木と言っているだけで、そのような樹木も実をつけるのです。実をつけることができるということは、生殖能力がある証拠で、その与えられた時間が私たちの生きる期間と比べてべらぼうに多いというだけす。

 人間に飼われたペットは別にして、野生の動物たちは自分がその能力をなくした時、死を悟ると言われています。群れをなして生きている動物は群れを離れ死を待つのだそうです。
 それだけ命を受け渡すことが大変な仕事であり、重労働なのですね。江戸時代までのわが国では人生50年と言われたように、肉体を駆使して生きていかねばならない生活環境においては、当然平均寿命そのものが短かかったのです。
 特に女性の寿命は短かったと学んだことがあります。人間としてもっとも価値のある重労働が子どもを産むことであり育てることですから、その役割を受け持つ女性が男性より短命になることは当然の理だと考えられます。

 だからといって、江戸時代までの社会で、生殖能力がなくなった女性が役目を終わって死んでしまうのかというとそうではなく、婆としての役割があったのです。
 私は、婆の役目は人間としての子育てを子どもや孫に教えること、指導しながら実際に子育てを受け持つことではなかったかと思っています。一部の特権階級は別にして、社会全体では母親となった女性も大きな労働力だったはずで、その労働力をカバ−してきたのが爺婆の役目だったのではないでしょうか。
 人間が誕生以来、生きるために親子・兄弟などの家族が最低限の単位だったことは確かで、社会の制度がそれほど整っていなかった頃には、まさに家族で助け合い何でもしていかねば生きていけなかったに違いありません。その意味でも子育てを指導したり受け持ったりすることが婆の役割であり、生活の糧を求める知恵や技術を伝えるのが爺の役割だったのではないかと考えています。

(その四)婆の重要な役割(子育て)が薄れた
 近代になって、電化機器の発展によって生活が豊かになり医療が飛躍的に進歩し続けています。生活は豊かになり労働が軽減したことによって、わが国の平均寿命は飛躍的に延び、今日では男女共に世界で最も平均寿命が長い国となりました。
 女性にとって人生の重大事だった出産のリスクが少なくなると同時に、さまざまな社会的な条件が重なり、出産する子どもの数が激減したことも要素の一つに違いないでしょうが、女性の平均寿命の延びは特筆ものです。
 女性の出産や社会的地位の向上などに関しては、論を展開する自信はありませんが、近年生活様式が変化し、便利で豊かになってきたことと関連して、子育てについての考え方と環境が激変していることは確かです。
 その一つが家族の数の問題です。決論的に言うと、今まで子育ての重要な部分を受け持っていた婆の役割がなくなってしまったことではないでしょうか。
 核家族に加え少子化が進むに連れて、最近の傾向として、親は自分たちの子どもは自分たちで育てるのが最上と考え、婆がいるのにもかかわらず保育園に託すようになっています。

 婆も、やっと自分の自由になる時間ができたのに今更子育てなど、という気持ちになるのは当然で、折角の素晴らしい家庭における子育ての機能を役立たせるチャンスを互いが放棄しているのではないでしょうか。(このあたりは、それぞれの家庭の問題が絡み、一般的に論議すると誤解を生む恐れがありますが・・・・。)
 ともあれ、自分免許で子育てする親と、たっぷりとした時間のある爺婆との意識の差は大きく、爺婆の意識としても、自分たち自身動けなくなったから子どもに頼るということができにくくなっているのが現状です。
 寿命が延びることは、自由に動けなくなった高齢者の、子どもの年齢も相当高齢になり、介護をしたくてもできない、というのも今日の高齢者介護の問題を複雑にしている要因になっています。

(その五)老人ホ−ムで苗を育てる(提言)
 その一で問題提起したように、老人ホ−ムで生活する老人たちに生きがいを与えることは緊急の課題です。
 若い職員の言う通りに動く、いわば言葉は悪いが、高齢者を保育するというような、チィチィパッパチィパッパの場において唯々諾々と指示に従って行動することが続いたら、ボケというか認知症(痴呆症状)が急速に進み自分で判断能力がなくなることは確かだと思います。
 自分で判断する能力なくして、生きがなど探すことができるわけがありません。このままでいずれ寝たきり生活が待っています。食も排泄を他人任せで、ただ寝たきりで、はたして人間の尊厳はあるのでしょうか。
 意識があるうちは回復しようとする意欲があると思います。回復できるという希望は、まだ人間としての尊厳の炎は燃えていますが、やがて脳の機能が停止し脳死状態になると 単に機械で心臓が動いている状態になることは想像に難くありません。
 それでも生かしておくべきかどうか、家族にとって切実な問題に違いないでしょうが、人間としての尊厳がなくなった以上、私ははたして生かせておくことが必要だろうか、と疑問を持つ立場の側にいます。
 もう一歩踏み込んで言うならば、尊厳死という考え方を認めるべきだろうと思っています。人間としての尊厳がなくなったら、人間ではなくただ死という現実を待つ物体そのものになってしまっているのですから、無理に延命装置で機械的に生かせておくことは、肉親の情として理解できないでもありませんが時間的にも経済的にも苦しいものだと思います。
 生きがいを持つことによって、人間としての尊厳を保てる時間を長くして、尊厳を失った時には死を選ぶ、そのような考え方を、一人一人が持つことが重要なのではないでしょうか。
 趣味をもたない高齢者に(がむしゃらに働いて今日の繁栄をもたらした功労者である現在の高齢者の多くは趣味を持ちたくても持てなかったのが現状であろう)、生きがいを持たせることは大変難しいと思いますが、自分が社会に役立つ仕事をしているという自覚は、生きがいにつながるはずだと確信しています。
 身の回りが美しくなることを望まない人はいません。自分の生活する場の範囲を広く考える生きがいを見つけやすくなるのではないでしょうか。ここに一つ生きがい作りのヒントが隠されていると思います。
 老人ホ−ムの高齢者の方に、花の種と育苗セットをプレゼントし、苗を作ってもらおうという構想を私は持っています。花の苗はどんな花でも安くて一鉢100円はするが、種から育てると一株10円以下で作ることができます。
 この苗を老人ホ−ムの回りや近くの道端に植えるときっと街の雰囲気が変わるでしょう。駅前に『○○ホ−ムの高齢者の方が育てました』と看板をあげたら、きっと反響が返ってくるのではないでしょうか。
 高齢者の方も自分で育てた花の苗が、町を美しくするのに役立ったり、何より人の心を和ませたりすることを知ったら、きっと違う花の苗も育てよう、という気持ちが生まれるに違いないと信じて疑いません。

苗を育てる方法はいろいろとあります。簡単な方法をお教えしますよ。

 将来的には量的に十分な苗の育成ができるようになれば、その苗を一般に人に販売したり、行政を通して街づくりに役立てるようになり、例え少額でも老人ホ−ムで生活している高齢者の方に還元できたとしたら、一石二鳥どころか三鳥でも四鳥にもなるのではないでしょうか。何よりの効果は高齢者の方の生きがいとなることなのです。
 ちょっと工夫すると、樹木なども種を蒔いて発芽させたり、挿し木や取木などで苗を作ることも簡単にできます。人気のバラやハ−ブの苗なども作るのにそれほどの技術は必要としません。ドングリを発芽させていろいろなところに森を創る活動などにも発展するかも知れないと思うと夢が生まれてくるではありませんか。
 多くの老人ホ−ムでは花壇を作ったり廊下に花を活けたりして、高齢者の心を和ませる工夫をしているはずです。そのため、庭で草花を育てたり野菜を作って高齢者の人たちに安らぎを与える努力をしている職員も多いはずです。
 その苗を高齢者自らが育てるという考え方を持ってはいかがでしょうか。これが私の提案する『苗を育てる』システムナノです。

もし読者の中に、自治体の議会の議員の方や老人ホ−ムの経営者、また行政の担当の方などおいでになったら一緒に考えて行動したいと思っています。学校の教職員の方も子どもたちと一緒にできるプログラムだと思いますので、一報いただければ幸です。 (杉)

                         トップペ−ジへ