03年度 飯田自然体験学習レポ−ト

                          2003.10.22〜03.10.24(2泊3日)

第一日目

 過去3年間、この『飯田自然体験学習』は雨に降られたことはない。
 昨年度は天気予報では雨、事実出発した時点では、どんよりと曇っていたが諏訪を過ぎる頃から雲が切れ出し、飯田に着く頃には太陽がのぞいていた。
 しかし今年は事情が違う。週間天気予報では3日間雨に祟られる心配があり、今度ばかりはどうも運が悪そうである。
 例年通り、この日は早く目が覚める。早速コンピュ−タで天気予報のサイトを見ると、レ−ダ−には大きな雲影があり、間もなく東京地方を覆いそうな気配である。この雲は大きくしかも低そうで、このままいくと確かに連日雨の予想もやむを得ない。
 しかし、その大きな雲の塊が、西で二つに分かれている。ひょっとしてこの雲の分かれ目に飯田が入ってくれると、ひょっとして晴れることは無理でも、雨が上がることも予想されるので、ただただ今回は天に祈るばかりである。

 自宅を出る頃、今まで音を立てて降っていた雨は小降りとなり、小田急で学校に向かう途中、多摩川を渡るとさらに小降りになりはじめた。これはひょっとしたら、雲の合間に入ったのかもしれない、と一瞬期待が出る。
 私が学校に着いたのは、午前6時30分、雲は厚いものの雨はほとんど落ちていない。このままでは校庭で出発式ができるかな、と期待し天に祈る気持ちでまったが、無情にも子どもたちが集まる頃になって雨が落ちてくる。
 しかも強くなる傾向に、出発式を玄関ロビ−とする。今年は文部科学省管轄のオリンピックセンタ−の夢基金の事業として、本校の本物の自然体験活動を全国の学校に紹介するために撮影隊が3日間子どもたちと行動を共にすることになっている。
 狭い玄関に42名の子どもと保護者、しかもカメラが3台も子どもたちの表情を追いかけるので大変な混雑になってしまったが、子どもたちはこれから始まる飯田大平宿での生活に興味しんしん、表情は誰も生き生きと輝いている。

 共通の荷物は雨の中、本校の教職員の手によってすでにバスに運び込まれているが、今年はドングリの苗が子どもの数の3倍もできたので、大変である。子どもたちも引率の大人も身の回りのリュックとナップザック、それに苗を数本持っての異動なので、たった数分の学校からバスまでの距離が異常に長く感じる。(本校の前の道は、大きな道路からの市口が狭いため、大型どころかマイクロバスも進入して駐車することができないので、普段からバスでの校外学習時は、歩いて3分ほどの水道道路という広い道まであるかなければならない)やっとバスに乗り込み運転手さんに大きな声であいさつ。今年も飯田から3台のバスが迎えに来てくれている。
 一号車のバスの運転手はこの学習をはじめて以来、4年連続して毎年迎えに来ていただいている飯田市の信南交通というバス会社の柳沢さんである。柳沢さんの運転技術は素晴らしく、大平宿への大変な山道も安心。今回も教育委員会に無理を言って飯田市のバス会社をお願いしたが、柳沢さんの顔を見た瞬間、今年も安心して山道を任せられるという安心感がわいてくる。

大勢の保護者に見送られ、雨の中約20分ほど遅れで出発したが、わずか5分ほどで初台のインタ−から首都高速に乗ることができた。これは幸先が良いとよろこんでいたが、突然スピ−ドが落ちてたちまち渋滞にまきこまれてしまった。
 きっとどこかで事故だろうと、しばしのろのろ運転を続けたが、対向車線で乗用車にトラックが追突している現場を通りすぎると、嘘のように流れ出す。これがいわゆる見物渋滞というものらしい。雨は間断なく降り続きワイパ−の動きだけが昨年までとは違うが、後は順調そのもの、出発が遅れたが、ほぼ当初の予定通り9時15分休憩場所の『双葉サ−ビスエリア』に到着する。

そこで飯田と連絡する。飯田は雲の合間に入っていることを願ったが、残念ながら飯田も弱いながら雨が続いていると聞き、やや気持ちは滅入ったが、コンピュ−タの画面を思い浮かべ、これから厚い雲の合間に入り雨の止むのを祈る。
 休憩を終え走り出したバスの車窓から、今までガスで全く視界がきかなかった周りの山の稜線がはっきりと見え始めてきた。色鮮やかな木々が雨に洗われて美しい。バスの中が明るい雰囲気に包まれる。
 子どもたちの『諏訪湖だ』という声が聞こえる。くっきりとあたりの景色が現れ出してきた。これは幸先が良い。気がつくとワイパ−の動きも止まっている。
 願い通り岡谷のジャンクションのあたりから、薄日さえ差し込んできた。ひょっとしたら奇跡的に天候が回復するかもしれないと、いちずの願いを乗せてバスは順調に伊那路を疾走する。しかしその願いはほんの少ししか私たちに喜びを与えてくれなかった。無情にも再びワイパ−は動きはじめる。
 雨の勢いに一喜一憂しながら、バスは刻々と飯田に近づく。道路が空いてた空だろうが出発が20分も遅れた割にかなり早くの到着である。間もなくインタ−の出口、子どもたちには右の車窓を注意して見ることを伝える。

『ワッ−凄い』『美味しそう』などという歓声があがるのは例年通りである。雨なので色にいま一つ輝きはないが、たわわに実ったリンゴが例年通り子どもたちを迎える。インタ−で市役所の竹前さんの迎えを受けて、最初の目的地の柿の沢センタ−に向かう。
 柿の沢地区センタ−には、『中幡の森』近くにある、飯田市の公共施設であるが、毎年私たちが昼食や休息の場としてさせていただいている場所である。そこにはすでに『中幡の森』の土地を提供していただいているばかりでなく、どんぐりの苗の手入れまでしていただいている宮内さんとそのお仲間の方々の暖かい出迎えが待ち受けている。

早速、子どもたちに宮内さんを紹介し、あいさつをしていただく。学校の出発式を撮り終えて先行している撮影隊クル−が我々の到着を待ち構え、宮内さんや子どもたちの表情を逃すまいと3台のカメラがフル回転で追いかける。

昨年度自然体験活動でクランプリをいただいた関係から、本校の『飯田自然体験学習』は文部科学省からは自然体験活動の奨励校として推薦されていることをはじめ、全国から注目されている。その中で特筆しなければならないのが、長野県の県庁から『東京の子どもたちが長野県で素晴らしい活動をしていることを知ったので、ぜひ中の県にこの活動を紹介したい。ついては今回の活動の様子を取材したい。』という申し出である。

私はかねがね子どもたち通しの交流を視野に入れているので、県庁が動き出したことによって、近い将来この交流が実現する見通しがたちはじめる。
 その当事者である県庁の担当部署の宮田課長が、忙しい時間をやり繰りして柿の沢センタ−に、長野県の名物である『おやき』を大量に持参して駆けつけていただく。
 これは嬉しい。大平で予想もしなかった『おやき』がおやつとして出るなんて幸運である。子どもたちから最大限の歓声が揚がったことはいうまでもない。

空は明るいが細かい雨がふったり止んだりしている。昨日の雨で盛土して作った『中幡の森』の土の状態は柔らかく相当靴が汚れるだろうし、無理に今日やらずに改めてできないかを考え、澤田教諭を交えて竹前さんや宮内さんと協議をする。子どもたちは、そんな私たちの苦労などはどこ吹く風の雰囲気で、目の前に出された柿の沢地区の農家の大勢の女将さんたちによる自慢の味噌汁をご馳走になっての昼食を楽しんでいる。

 飯田に到着するまでのバスの中で澤田教諭と、もし今日植樹ができない場合は翌日にまわそう、と相談がまとまっていたので、今日はキノコ狩りをして直接大平宿に向かうことに決める。明日、大平宿からもう一度ここに来ることになるがこれは仕方がない。やはりこの学習の大きな柱が『中幡の森』への植樹であるので、このイベントは青空の元でやらせてやりたい。
 多くの学校で日程を変更するのに苦労すると聞いているが、本校の場合は現地の方との意志の疎通が実に行き渡っているのに加え、引率教員も臨機応変にできるので実にスム−ズにことが運ぶ。

昼食を終わり、再びバスに分乗してキノコ狩りの場所に出かける。このプログラムはこの学習を始めた4年前に行なって以来、時間的なことからやっていなかったが、今年は夕食に地元の食材を使おう、ということから取り入れたものである。前回は、これがキノコ狩りか、というほど無尽蔵にナメコやヒラタケが群生していた場所であるが、今回もその場に向かう。雨はもうほとんど気にならないほどになっている。

 バスで20分ほど山奥に入り、そこから歩くこと20分。キノコ栽培農家の木下さんが待ってくれている。あいさつをして木下さんの案内で山道を登る。4年前には秋晴れの元ヘビの脱け殻など探しながら歩いた道であるが、今年は雨上がり足元に注意しなければ水たまりに足首まで入ってしまう。

 途中には、以前にも備えつけられていた大がかりなイノシシを追い込む檻がある。
 子どもたちにとって不思議な木枠であるが、その見学は帰りの楽しみにして、まずはキノコ狩りである。
 4年前と同様、無造作に並べられたホダ木に生えている無数のナメコを発見した子どもたちの口からは『ウォ−!』という悲鳴に近い感動の歓声があがる。
 少し上に登った場所には、平べったい白いヒラタケというキノコ、周りにナメコが無数に群生している。木下さんから『あまり小さいヒラタケは採らないように、また色が茶色くなったものは盛りが過ぎたものなので美味しくないよ。ナメコは傘が大きく開いたものでも美味しいので安心して採ってください。』という説明を受けてキノコ狩りが始まる。

木下さん曰く『夫婦でやっているのだけど、キノコを採る時間がない。どうぞ好きなだけ採っていってください。そして持ち帰って、なるべく早く食べてください。』とのこと、このキノコの山を見ていると、なんと贅沢な言葉であり眺めであることか。

子どもたちはヌルヌルしてキノコの感触にキャ−キャ−言いながらも楽しそうである。
 中には気持ち悪いと尻込みしたり、いちいちハンカチで手を拭きながら恐る恐る触っている子どももいるが、慣れるに従って大胆に集めはじめ、始めてから30分もすると満足芝はじめてきた。
 4年前の子どもたちは、全員といってよいほど配られたビニ−ル袋に入りきれないほど詰め込んでいたが今年は何か遠慮がち。キノコの生える様子を見ただけで満足したのかもしない。

 キノコ狩りの途中に、自然体験活動の研究では第一人者である信州大学の平野教授も見学させてほしいとお見えになる。
 私も何度かお会いし、顔なじみである平野先生は大学では数少ない自然体験活動の講座を開いている方で、その先生がわざわざ見学に来られるのであるから、これは本校のこの活動も本物と認められたようで嬉しいことである。

撮影隊のクル−も子どもたちを追いかけるのが大変である。足元が悪い上に油断すると無造作においてあるホダ木に足をとられ、よろけるカメラマンもいる。
 これから予定は大平宿に直接行くだけなので時間的にも余裕がある。キノコ狩りを堪能しての帰り道は、すっかり雨もやんだ山道を、大声を出してイノシシの檻に入ったり、ドングリを広いながらのんびりと楽しんでバスに向かう。

バスに乗り込み、いよいよ日光いろは坂より急峻で狭い山道を大平宿へ向かうが、途中心配なのがトイレである。都会と違って急にトイレを探しても見つかるわけはない。子どもたちに不快な思いをさせたくないので、またまた竹前さんにお願いして、上久方の農協で急遽トイレ休憩をとり、大平宿に向かう。

ベテランの柳沢さんの運転は実に巧みで、急峻な上狭い道でも対向車と出会っても何ら心配はない。途中素晴らしい景色のところではゆっくり走らせるなどにくい運転である。刻々と移り行く紅葉の素晴らしい景色に見とれ、乗り物酔いの児童など一人もいない。
 絶景の山道をバスに揺られること約1時間、午後4時過ぎに、子どもによっては夢にまで見たというほど楽しみにしていた『大平宿』に到着した。

早速自分たちの宿舎になる、『からまつや』は『ますや』という民家に荷物をおいて開村式を始める。
 過去、このプログラムは駐車場となっている広場や廃校の校庭で行なってきたが、今年は新しく建てられた『下紙屋』という広い民家が利用できるので、囲炉裏を囲んでの開村式という演出である。

私が大平宿の村長と読んでいる、『大平宿を守る会』の代表の羽場崎さんから歓迎のあいさつがあり、例年以上になかなか味のある厳粛な式になった。

開村式を終えると、私の出番である。例年子どもたちに指導している火起しであるが、今年はその場の囲炉裏で行なう。
 これは私の得意技であるので難なく終了、例年通り子どもたちからの大きな拍手であるが、特に今年でこの模範演技も最後となることと、屋内ということもあって余計に感じたのかもしれない。

開村式終了後、子どもたちはそれぞれの宿舎に移り、すぐにとりかからなければならない仕事が食事の用意である。引率教員の多くは何度か経験している竈と囲炉裏での料理であるが、子どもたちにとっては生れてはじめての体験である。今日のメニュ−はカレ−ライスであり、家庭科の学習で学校で作ったことがあるのだが、ここでは勝手が違いすぎる。その上、最初の共同作業ということでチ−ムワ−クも固まっていない。

教師たちは、ここでの生活を通して自主性を育てることを目標なので、できるだけ口をはさまないようにしているので、時間は容赦なく過ぎ去っていく。
 その上両方の民家にはカメラがあるので自由に動き回るスペ−スも限られてくる。

子どもたちは真剣に料理をしているがなかなかはかどらない。しかし確実に互い通しの思いやりの気持ちが高まっていることは見ていても雰囲気で分かる。
 結果的には食事にありつけたのは午後7時前になってしまった。予定よりおよそ1時間遅れである。

今年もいろいろな学習予定が入っており、食事当番以外の子どもたちもそれぞれの役割がある。今年新たに障子張りというメニュ−が入り、その学習チ−ムは気合の入った行動で破れ障子の手入れに挑戦している。このプログラムはなかなか面白い上に、例年すきま風に悩まされるので実用面からも効果的である。特に『ますや』という民家の障子は破れ方が激しいので、このチ−ムの活躍は特筆ものである。

 子どもたちの夕食の準備が始まるころは、すでに夕暮れの帳がおりはじめ、あたりには暗闇か広がってくる。
 雨はすっかり止み雲間からは星の姿が見えはじめている。この調子なら、今夜はきっと星空の観察もできるだろうと楽しくなってくる。

予想通り、星がたくさん見えるようになってきたが雲の動きが激しい。食事が終わり後片付けの時間になって、『星がきれい』『星の観察ができるぞ』という大きな明るい声が響きわたる。いよいよ私の出番である。
 今年は月の状態がよく、全くの闇夜なので、去年のように月の上がってくるのを気にしなくて良い。気持ちの上では実に余裕がある。

子どもたちを広場に集めて指導を始めようとしたのだが、その時になって急に雲が広がり星影は消えてしまった。雲が急速に動いているので、その合間に星が顔を出すのだが、あまりにも雲の動きが早いので、『ほらあの星を見てごらん』とこえを掛けて、懐中電灯をその星に宛てようとすると雲に隠れてしまう。 しばし雲と星と懐中電灯の光の追いかけっこをしていたが、落ち着いて話ができない。きっと明日ゆっくりできるだろうと思い星の観察は切り上げて、子どもたちを大平宿のはずれまで案内することにした。

 狭い部落なので、夜の散歩を5、6分楽しむともうはずれに到着。そこで全員の懐中電灯を消して、真の暗闇(漆黒の闇)という状態を体験させる。これは、月齢の状態がよくないと体験させられない。3年ぶりに体験できた漆黒の闇は、キョト子どもたちの記憶の中で生き続けていくに違いない。

そこから宿舎までの帰りは一人で歩くことにしたが、懐中電灯をたよりにキャ−キャ−と賑やかな時間がゆっくりと過ぎていく。途中から急に雲の動きが遅くなり、素晴らしい星空が広がってきた。残念ながら就寝時間をかなり過ぎているので、全員を集めることはせず周りに集まった子どもたちには星座のことなど説明するにとどめたが、見た子どもたちは、秋の星座の雄大さと天の川の美しさも記憶に残してくれたと確信している。
 天候の回復が遅れた関係と破れ障子の手入れが終わってすきま風が防げた分、この夜の寒さはほとんど感じることはなかった上に、教師たちの指導も慣れたもので、すぐ安らかな寝息をたててぐっすりと寝始めた。

後で、この日我々の確認の手違いで厚い寝袋を受けとることができずに寒くて寝られなかった、という子がいたことを知った。学校では教師と子どもの信頼関係が強くなると、ついつい教師に油断が生じ、子どもたちの自主性を信頼して、確認をしなくても子どもたちから言ってくれるだろう、という甘さがでてしまうことがある。しかし、大平宿のような特殊な場であっては、このような失敗はしてはならない。
 私が普段の学級を見ていた限りでは、確実な指導ですっかりまかせてしまったことが原因であるが、引率責任者として一人一人確実にチェックしなかった私の責任だろうと反省している。
 帰宅して病院に行って手当を受けたおかげで、その後具合が悪くならなかったからよかったが、もしびょうきにでもなっていたら、と思うと今でも冷や汗が出る。
 保護者にすぐ謝罪し、今後二度と同じ過ちを繰り返してはいけないと肝に命じた。6年生であることなどで、ついつい大丈夫だと思った甘さがあったのだろうが、今後この学習をより有意義にするために、厳重に注意しなければならない。

第二日目

 翌朝、目覚めると抜けるような青空が広がっている。
 寝袋から這い出した子どもたちは家の前を流れる小川で顔を洗う。
川の水で直接顔を洗う経験などはじめての子どもたちは、『冷たい−』とか『気持ちいい』などと言い合いながら、冷たい小川の水を手にひらですくっては洗顔を楽しんでいる。

終わって広場での朝会と体操、朝のあいさつが静かな山にこだまする。

この『飯田自然体験学習』は、何度も言うが誰も食事を用意してくれない。食べるためには全て自分たちで作らなくてはならない。これがこの学習の目的の一つであるが指導する教師たちにとって大変なことである。
 しかし、このプログラムを終えると子どもたちは確実に変化し、自主的で思いやりのある態度が身につくことから、教師にとってやりがいのある教師冥利につきる仕事である。
 朝の私の仕事は、食事当番以外の子どもたちを自然の素晴らしさに気付かせるために、大平宿の周りの散歩に連れて行くことである。

昨日と打って変わって、光が満ちあふれている。赤や黄色に色づいた木々の葉が、朝の陽を受けてキラキラと輝いている。誰からともなく『きれい−』『気持ちいい』という短い言葉が発せられる。

今年は、樹木の専門家の林さんと一緒に朝の散歩を楽しむのであるが、彼は所々で立ち止まって、いろいろと葉っぱについて興味深い話をしている。私も何かしなければならない雰囲気になり、近くの笹を丸めて草笛を鳴らしてみたら、子どもたちがこれに興味を持って挑戦してくれる。ついつい嬉しくなってしまう。

のんびりと大平の自然を楽しみながらの約40分程度の散歩を終え、戻ってみても食事当番は悪戦苦闘の真っ最中である。しかし昨夜のような不手際はない上に、チ−ムワ−クもまとまってきたので心配はいらない。それでも食事が住んで後片付けなどしていると時間はどんどん過ぎていく。

この日予定では、バスで近くの県民の森に行くことになっていたが、昨日『中幡の森』へのドングリの苗の植樹ができなかったので、今日改めて行くことにしているので時間的にはかなり苦しい日程になっている。

大平県民の森は、今回の実地踏査で組み込んだプログラムである。そこは静かな森で周り360°の視界に電柱や電線がない。紅葉が見事でのんびりと散策したり風景をスケッチするには絶好の場所である。すぐ近くに大きなヤマメの大きな魚影もたくさん確認できる池もある。

この場でのプログラムを前日の雨のためにはあきらめなければならないのは残念だが、『中幡の森』の植樹が大切である。子どもたちを少し追い立てて、9時にバスに乗り込み昨日登ってきた道を今度は一気に下る。何度も記すが、昨日と違って朝のまぶしい光に映えた山の美しさに見とれて、時間的にはあっという間に目的に地に着くことができた。

宮内さんのあいさつと植樹の説明を受けて、早速植樹にとりかかるが、今年はドングリの苗が多いので、一人で数本植樹しなければならない。子どもたちは、石灰で植える場所をスコップで堀り丁寧に植えていく。

この『中幡の森』のことは、事前に聞いているので植える動きも力強い。数十年後の森の姿を想像して植えているのだろうが、予想した以上に大きな土地と見晴らしの素晴らしさに、改めて、いつか来る日を思い浮かべているようである。

数が少なくなったとはいえ、かなりの数の報道陣が子どもたちの活動の様子を取材に来ている。同行した撮影隊もメインの活動なので張り切ってカメラを回している。

 すっかり植え終わって記念写真を撮ったが、今まで3年間で植えた本数ぐらいが一挙に増えた森は、整地してある部分の約半分ほどがドングリの苗で覆われてしまった。去年植えた苗も宮内さんの手入れが行き届いていたおかげで、ほとんど枯れていないことを考えると、広い森も10年もすれば混みすぎるのではないかと新たな心配も生れてくる。

 植え終わって、来年の6年生に託すために近くの森でドングリを拾う。4年も続いていると、自分たちの森が実現することが疑うことのできないようになるのだろう、ドングリを拾う子どもたちの姿に真剣さが現れている。

 今日の予定はかなり忙しい。これからソバうちを体験し大平宿に戻って間伐体験と森林学習が待っている。
 宮内さんたちにおくられて、ソバ打ち体験の場所に向かう。柿の沢センタ−でソバ打ちができれば良いのだが、雨など全く想定していなかったのでお願いなどしていない。あいにく予約が入っていて使えないので、無理にお願いして飯田市の外郭団体が運営している『アザレア』というお土産屋を兼ねた物産店を確保していただく。
 そこは3年前のこの学習で、帰る日に昼食をいただいた場所であるが、新しくトンネルができたので、『中幡の森』からはぐっと近くなり15分ぐらいだとのことである。

ソバ名人の仁科さんとそのお仲間の方が、私たちを待ち受けてくださり早速ソバうちの体験が始まる。まずは仁科さんからの説明であるが、仁科さんには申し訳ないが時間が気になって仕方がない。

子どもたちは私の心配など全く無頓着で、説明を食い入るように聞いている。
 すぐに実地にはいっていただけると思っていたが仁科さんの模範のソバうちが始まりますます時間が気になってくる。(後で知ったが、これは撮影隊に頼まれたとのこと、この時ばかりは、正直、少しだけ撮影がやっかいに思えた。)
 子どもたちは興味津々、楽しげにソバを打ちはじめている。そば粉に水を入れこねて団子状にしていく。丁寧に丸めて、そして広げ、たたんで切っていく。多分お腹もへっているのだろう、どの子も真剣な表情でソバに仕上げている。それに比べて私はますます時間が気になる。

途中、仁科さんはの仁科さんとは気心が知れているので『実は昨日の雨でやむを得ず日程を変更している。できれば2時半までに大平宿に戻りたいのでよろしく。』とお願いしたのであるが、そこは名人の気質、ソバ打ちの工程をはしょっていただいたのだろうが、ソバを打ち終わってグル−プごとに茹でて食べはじめたのが、すでに1時を大きく過ぎてしまっている。

毎年ソバの量が多く、一人分の量を少なくしてもらうようにお願いしているのであるが、名人は少なすぎると味が落ち、2人で体験させることにこだわりがあるようだ。私も仁科さんのこだわりももっともだと共感できるので、それ以上強くお願いしていない。
 例年のように時間があればが、ゆっくり食べたり、残ったソバを夕食の食材に利用するなどできるのであるが、今年はその時間的な余裕がない。無理すればまだまだ食べられそうな子どももいるようだが、片づけも皆さんに任せてしまい、大急ぎでバスに乗り込む。
 今日も一緒に行動してくれる信南交通のバスの運転手、柳沢さんに事情を話して危険のない程度に急いでいただくが、途中下手な対向車に出会い、やっと大平宿に3時過ぎに戻ってきた。柳沢さんの『あの車と出会わなかったら、十分間に合ったのですが・・・』という言葉が物語るように、かなり急いで登ってきたようだ。

大平宿に戻る途中、青空の部分が多いのに一部の雨雲から落ちてくる。風も出てきた。きっと寒冷前線が通過しているのだろう。大平宿に着いてバスを降りる時にはすっかり天候は回復し青空が広がっている。風が強く急に寒さを感じる。聞くところよるとついさっきまで、霰が降っていたとのことである。

防寒の準備をさせて、すぐ間伐体験に入る。間伐の指導者は昨年と同じ寺岡さんである。寺岡さんとは、何度かシンポジウムでお会いしているので気心が知れている。寺岡さんから、できれば森に住む大型の動物の頭蓋骨の標本など子どもたちに見せて上げようと思っている、との提案をいただいたが、はたしてそんな時間があるのか難しい。

昔、木を伐るために使っていた大きな鋸や、間伐の仕方などの説明を聞き、いよいよ実際の樹木の伐採が始まる。計画では3〜4本伐採する予定だったが、風が強く本来ならば伐採する天候でないことと、時間的なことも関係して、今日は一本だけになった。

しかし、この一本はかなり太く、昨年混みすぎた林の中で伐採したので、木が一度に倒れなかったことなどから、民家の近い倒れやすい樹木だったので、臨場感あふれる体験となった。

 安全のため、あらかじめ倒す方向を決めてロ−プで確保してから、一人一人少しずつ樹木に鋸を入れていく。まず受け口をつくり、次に反対側に切り口を作っていく。最後に担任の澤田教諭が鋸を入れると、樹齢約35年直径20cm高さ30mほどの巨木が音を立てて倒れていく。

誰もが『ウオ−』と叫んだ一瞬。凄い迫力である。昨年は時間的にゆとりがあったので3本も切り倒したが、周りの樹木と絡んでしまったが、今年は凄い音を立てて地面に叩きつけられた。

間伐体験の時間はわずか1時間半程度。寺岡さんとそのお手伝いの方々には大変申し訳なく、また残念ながら、来年度にもお願いすることにして、林さんの樹木のプログラムに移ることにした。 林さんは詳しい資料を作ると同時に、昨年の経験を生かして主に葉っぱ探しののネ−チャ−ゲ−ムを計画していただいている。大平宿の中央部、通りの仲にアキグミの樹木がある。そのアキグミの実を食べることから彼の学習は始まった。今では美味しいお菓子が何時でもどこでもお腹一杯食べられることに誰一人疑問を持つものは以内が、その昔ぎりぎりの生活を余技されないこの大平宿の子どもたちにとって、格好のおやつだったアキグミの味は現代の子どもたちはどう感じたのだろう。その時は好奇心で食べたが、きっと東京に戻ったら見向きもしなくなるのではないだろうか。

今年お風呂が大きな『水道屋』という民家を本部に予定していたのであるが、窓の戸のガラスどころか障子すらが、すっかりきれいにはがれており、まさに吹きっさらしの状態だったため、さすがに利用することができない。もっともこれは障子張りというメニュ−を作ったため、羽場崎さんたちが事前に剥がしてくれたのかも知れないが、雨で日程が狂ったので、子どもたちはとても水道屋の障子張りまで手が及ばない。

そんなわけで、本部を『下紙屋』という建て替えられた民家に移したので、私は子どもたちのお風呂を確保するための風呂たきをかってでた関係で、今年の林さんの学習には残念ながら参加できなかった。
 子どもたちに聞いたところ『大変楽しかった』『森のことがよく分かった』と大満足だったようである。林さんに、来年もお願いしたのできっとこの学習はさらに発展するものと確信している。

二日目の夕食の準備が始まる。

 今夜のメニュ−は、昨日採ってきたキノコをふんだんに使ったキノコ汁である。食事係のチ−ムワ−クはさらによくなり、それぞれの仕事分担がはっきりと理解できるようになったので、みるみる食事の準備は整っていく。はじめて予定の時間通り作れて、係の子どもたちも大満足の様子である。
 その間に湧いたお風呂に入るのであるが、私が引き受けた『下紙屋』のお風呂の釜が水漏れでびっしょり濡れてしまい、林さんの学習が始まってから約2時間ほど挑戦したが全く火がつかない。

途中で、子どもたちを別のお風呂に振り分けてもらうことにしたのであるが、火起こしには自信があっただけに、これはかなりショックである。
 風呂釜の周りにティッシュを詰めて水漏れを吸収しながら、囲炉裏から大量の火種を持ち込んでやっとの思いで火をつけることができたのは、子どもたちが他のお風呂をつかった後になってからである。
 もっとも、このおかげと行っては何だが、この下紙屋のお風呂で引率の教員が子どもたちが寝静まってからゆっくり入れたのは怪我の功名かも知れない。

食事と片づけが終わると、昨日宿題になっていた星の観察を始める。この学年の子どもたちは、星の観察の希望が強く、8時には全員広場に集っている。今日も雲の動きが早くその上北の空は条件が悪い。

火星とその近くの南の魚座のホマルハウト(秋の一つ星)付近は澄みきっている。この近くの星と、ときどき現れる白鳥座や夏の第三角、アンドロメダなどの秋の空を彩る神話の世界に誘う。

担任は撮影隊のインタビュ−を受けているらしく不在である。他の引率者も少ないので少し子どもたちを楽しまそうと思いついた。北の空無理だと判断し星の観察を一段落させて、廃校の探検に連れて行くことにした。

廃校というのは、この大平宿にあった学校である。離村と同時に廃校になった建物であるが、木造のまさに昔の学校というイメ−ジそのものので、きれいに保存されている。その学校に忍び込んで探検するというものである。
 校庭に集めて、グル−プごとに探検する事を告げると多くの子どもたちは大喜びで大歓声を上げるが、中には泣き出す子どももいる。いくら大きな声を上げてもここには我々の関係者以外だれもいない。ワ−ワ−ギャ−ギャ−大声が真っ暗な学校の中に響きわたる。

言葉では、まだまだ満足しないようなことを言っているが、どの子の顔にも満足感が現れている。私自身も結構楽しんだのだろう、きょうもまた就寝時間を超えてしまった。
 この夜も昨夜と同じで、子どもたちが寝静まってから満天の星空が広がったが、さすがに私でも、子どもたちを起こしてまで星の観察はできなかった。

第三日目

 もう今日は東京に帰る朝になってしまった。きょうも空は雲一つない快晴である。昨日同様前の小川で顔を洗っているが、その数は増えている。冷たい水が気持ちよい事が広まったのだろう。もし明日もこのチャンスがあったら全員が並んで小川で顔を洗う風景が展開するかも知れない。自然にはその力があるのだろう。

 今日も朝会の後、食事作りが始まっている。私と林さんは昨日とは別の子どもたちを連れて、散歩に出かける。戻るとほぼ食事の準備は整っている。
 日ごとに助け合う事が当然になるここ大平宿では、滞在する日数分だけ手際がよくなるのだろう。
 出発の準備を考えると、教師たちは大平宿での最後の食事の余韻を楽しむ時間はない。
 毎年よほど気合を入れて指導しなければ、いつ出発できるか分からなくなる。食事の後片付けなど全体にかかわる事は協力してやればかなり短時間でできるが、個人の荷物を片づけさせるのは必難の仕事である。
 いかに普段家庭で片づけなどさせていないかが如実に現れる。忘れ物の山ができる。
 その忘れ物を自分のものとして認識させるのも一苦労である。これも普段の過保護傾向というか、自分のものを自分で管理するという生活習慣ができていないからだろう。
 このあたりは学校ではなく明らかに家庭での任務なのだろうが、価値観が大きく違う家庭の子どもたちを一同に集めて指導しなければならない、現代の公立学校の教育システムにあってはこのあたりにも限界がある。

やっとのことで閉村式を終えて、バスに乗り込んだのが10時近くになってしまった。今日も一号車の運転手は柳沢さんである。元気な朝のあいさつを交わして出発。今日の予定は、リンゴ狩りと昼食を兼ねた五平もち作りである。バスは紅葉の谷間を快適に下り降りる。
 対向車が少ない事などが幸いして、目的の『三和観光農園』には当初の計画通りの11時少し過ぎに到着。出発の遅れを取り戻すことができた。
 南アルプスの3000m級の山が全て見える場所は全国でもこの付近しかない。今朝は空は澄みきって南アルプスの稜線がくっきりと美しい。最高のご馳走である。

農園のおじさんやおばさんから、炊きあげてこねたもち米を竹の輪の中に入れて形を整え、二つずつ串刺しにして焼き上げる、飯田独特の五平もちのつくり方を教わり、焼きはじめる。
 間もなく香ばしい米の焼いた香が漂い、もち米に程よい焦げ目がつくと出来上がりである。味噌だれをつけて食べる。誰一人残す子どもはいないばかりかお代わりをする子どもが続出する。

すっかり満足した子どもたちを待ち受けるのがリンゴ狩りである。先にリンゴ狩りをさせたら、リンゴでお腹が大きくなるだろう、すると折角の五平もちをたべきれなくなってしまうかも知れない、という教師の配慮である。

さんさんと降り注ぐ太陽の光で、10月末とは思えないほどの暖かさである。中には半袖のシャツ姿になる子もいる。真っ赤に色づいたリンゴは、この農園の中ではたべ放題と聞くと、子どもたちの目はらんらんと輝いてくる。

この農園の伊藤社長も今日は天気に誘われたのか、子どもたちに大サ−ビス、一人一人美味しいリンゴを自らもいでは与えている。確かにこんな素晴らしい天気の中で樹で十分熟れたリンゴをもいで食べるのだから、東京では考えられないほどの味である。ことも達にもその味が分かるのだろう、凄い勢いで食べている。

 あっと言う間に2個目に挑戦している子どももいる。美味しい美味しいの大合唱で、リンゴの畑の草の上に寝ころぶ子どもも現れ、しばし時間を忘れてしまう。出発予定の時間になったのだが、伊藤社長から南アルプスの山の紹介と、さらにブル−ベリ−の紅葉のことまで説明していただく。

この学習では初めてになるが、意図的に出発時間を遅らせ、大勢の人たちに見送られて午後1時30分バスは農園を出発し、一路東京に向かう。飯田インタ−からの伊那路ではすっかり満足した子どもたちは全員ぐっすりと寝ている。きっと素晴らしかった大平宿での生活の事や、今さっき食べたばかりの美味しいリゴの夢でも見ているのだろう。

午後5時30分、保護者や教職員の出迎える学校に到着できた。


 今年も大勢の人たちの善意で実施できたこの『飯田自然体験学習』、いくつかの反省点はあったものの、大きな成果を上げ無事終わる事ができた。
 カメラに追いかけられながらも子どもたちは自然の表情で3日間有意義に過ごしてくれた。この学習の様子を、全国の学校が見てくれて、それぞれの考え方で自然体験の学習を構築してくれることを願ってやまない。

 この学習はこれで終わったわけではないだが、3日間の生活のレポ−トとして一応ここで終結としたいと思っている。                (杉)