02 飯田自然体験学習レポ−ト
  
          
 

 第一日目

前夜十分睡眠をとるために、9時過ぎに布団に入ったのだが、やはりかなり気になっているのだろう、ふと目が覚めて枕元の時計を見ると午前3時、もうひと寝入りしようと目を閉じるのだが、一度目が覚めるとなかなか眠りにつけない。

思い切って布団から抜け出したのが4時、やはり一番に外に出て空を見上げる。昨年の記録を見るとオリオンが真上で輝いていたようだが、今日は空一面どんよりとした雲が覆い、今にも雨が落ちてきそうな雰囲気がある。飯田でのこの行事は晴れる、という信念というか、宗教的な確信を持っているが今年は若干の不安が心を横切る。
 部屋に戻り、インタ−ネットで最新の天気予報と雲の動きを見ると、この雲は関東地方が中心で、飯田地方にはかかっていないことを確信し、やっと自信を取り戻して支度をして学校に向う。

午前7時の出発式直前、一人の児童が発熱のため不参加との連絡が入る。生活の場が大平宿という医療機関が万全でない場所なので万一を考え了解する。総勢58名で、少し遅れの7時30分、たくさんの保護者や教職員に送られてバスは出発した。今年も大平宿を知り尽くした飯田市のベテラン運転手がハンドルを握る。
 首都高速から中央自動車道路は順調そのものである。雲はなかなか切れないが、午前9時には『双葉』のサ−ビスエリアに到着。15分の休憩をとる。『双葉サ−ビスエリア』を出発して間もなく、雲間から青空がのぞくようになり、進むに連れて昨年同様、車窓からは左に南アルプス、右に八ケ岳の山々が我々を歓迎している。

今年は、この日はリンゴ狩りと五平もち作りが最初のメニュ−のため、『駒ヶ岳サ−ビスエリア』でもう一度休憩をとって飯田に向う。毎年のことであるが、飯田のインタ−付近の、たわわに実った真っ赤なリンゴの出迎えに、バスの中は子どもたちの大歓声でにぎやかに盛り上がる。
 20分ほど遅れて出発したのにかかわらず、予定よりかなり早く、午前11時過ぎには最初の活動場所である『三和リンゴ園』に到着した。バスから下りた子どもたちの第一声が『空気がおいしい』である。ここで3日間のお世話をいただく観光公社の高橋さんの出迎えを受ける。

雲一つない真っ青な高くて広い飯田の空、眼下には飯田の町並みが広がり、南アルプスの30O0m級の山々が歓迎してくれている。もやが全くかかっていない南アルプスの全容は『素晴らしい』一言につきる。
 ここ三和農園は、日本トレッキングという、今は亡くなってしまったが酋長と呼ばれていた永ゥ津平さんが経営していた牧場のすぐ下に位置している。この牧場は現在、長男の一平さんが運営しており、我々が実踏のときに昼食をごちそうになる場所でもある。素晴らしい風景と料理を味わえる飯田市民にも人気のある場所と評判が高い。
 折しも乗馬を楽しむ人たちが、ゆったりとした時間を過ごしている。子どもたちも近って見守っている。一平さんに挨拶をしようと思ったが時間がないので今回は失礼することにした。

そんなことを思いながら周りを散策しているうちに、昼食も終わり子どもたちのリンゴ狩りが始まった。リンゴ狩りを先にしたら、リンゴでお腹が齡tになって、保護者が子どもの活躍を思い心を込めて作ったお弁当が、食べられなくなると心配した担任の配慮である。

今年は第一目であるので、残念ながらお土産はなし。一つだけもいで、食べても良いというル−ルにしたが、樹から直接もぎとったリンゴの味は格別なようで、『おいしい』という歓声があちこちから聞こえトくる。
 作戦通り、一つで十分満足した子どもたちは、今夜の主食にする『五平もち』作りに挑戦する。リンゴ園のおじさんおばさんたちの指導で、炊きあげた米をつぶして、竹を輪切りにした型に入れて固めて焼きあげるのだが、時間と共に香ばし「かおりが広がる。

充実した時間を過ごした子どもたちは、これから始まる未知の囲炉裏生活の期待を胸にいよいよ今回の学習の生活の場である『大平宿』に向う。飯田から大平宿までの山道は、マイクロバスでも、対向車があると大変である。
 幸いなことに、対向車も都合の良い場所だったので、順調に『大平宿』に到着、途中の紅葉の見事さは、子どもたちの心に刻まれたはずである。

今年は、この行事に賛同していただいた、アウトドアの専門家の中村さんと清藤さん、そしてセミプロのカメラマンの関島さんのカメラが我々の到着を待ち受けている。中村さん以外は初対面であるが、そこは私流の『一度あったらお友達』という考え方で、名刺の交換で早速打ち解ける。
 今年も例年通り大平宿を守る会の世話役の羽場崎さんの出迎えがあり、歓迎の挨拶をいただく。
 初めて目にする山村風景に興味津々、そしてこれから始まる3日間の体験に対しての期待が高まってきたのか、一人一人の子どもたちの瞳が輝いている。今年はこの場を廃校の校庭にしたことが、ことさら雰囲気を出しているようだ。

自分達の生活の場である『からまつ屋』と『ます屋』に分散し荷物などの整理をして、『大平宿』での最初の学習である、『間伐体験』が始まる。昔から使われている鋸などの道具を示して、わかりやすく静かに語られるインストラクタ−の寺岡さんの説明を受ける。

間伐の意味などは十分学んでいる子ども達だが、周りの混み合ったカラマツの林を見て、改めて間伐の重要性を知ったように頷いている。3本ほど伐採するということになっているようだが、あらかじめ印のついた木を見て、それらが全て樹齢30年は過ぎた直径20cm高さ20mにも及ぶ樹であるのには、さすがの私もびっくりした。これは本格的な伐採である。
 倒れる方向に半分ほど交代に切り、鉈で受け口を作る。反対側を切るとカラマツの大樹はゆっくりと傾き、倒れていくが、あまりにもカラマツが混み合っているので、予想したように一度に地面に直接倒れるのではなく、隣の枝にもたれかかって、大きく弓なりに湾曲して停止してしまう。

その時、周りの枝を払い落とすので大量の落下物がある。瞬間、こんな大樹が倒れる瞬間を経験したことのない、児童からも大人からもウオッ−という声にはならないような大きな驚きが口からもれ、森一面に響きわたる。

そこからは文明の力であるチェンソ−の出番である。エンジンをかけて切り羽が動いてあっと言う間に幹を切るのであるが、大きく湾曲した樹木は受け口など作』ないので、どちらに倒れるかわからない。
 寺岡さんは、経験として倒れる方向が予測できのだろう、的確な注意で子ども達を倒れる方向から避難させて作業を続ける。

混み合っているため、なかなか予想通りには倒れないが、ごく間近に大樹が倒れる様子と、それに合わせて、周りの枝などのおびただしい落下物の多さに森林の作業の危険性が実感できたのではないだろうか。中でも一本は、子ども達の集団の方向に向けて落下し始め、びっくりして大急ぎで避難したことは印象的である。生きる力というのは、こんな緊張感の連続から生まれるにちがいない。
 去年も植林の場で間伐体験をしたが、このスケ−ルは去年の比ではない。恐らくこんな臨場感のある体験活動は都会の学校では皆無に違いない。地方の学校でも、めったに見られないはずである。これは今後の重要なメニュ−となり、来年度以降もぜひ取り入れたいものである。
 数メ−トルに切り出した丸太を広場まで運び出し満足した子ども達は、いよいよ自宅ではまず絶対しない、自分たちの食べる食事の準備である。そのために、準備を始める前に火おこしと薪割りの指導をしなければならない。
 全員を集めて、まず私が燃やすためには空気が必要で、空気の出入りのしやすい薪の組み方を示し、実際に火をつけて見せる。薪に火が移って燃え始゚ると子どもたちから大きな拍手がおこる。槙田教諭が鉈の使い方と薪割りの方法をていねいに指導し、実際に薪を割って見せた時にも大きな拍手、雰囲気が盛り上がっていることを実感する。

この頃から、空は厚い雲に覆われ、中に低い黒い雲が流れだし、ナイトレクとして子どもたちが楽しみにしている星空観察の行方が怪しくなってくる。

今日の主食は、リンゴ園で作った五平もちなので、豚汁と野菜サラダで簡単なはずであるが、これがなかなか難しい。食事当番は悪戦苦闘、指導する教師たちも大変である。仕事のない子どもたちは初めて目にする周りの風景や、前に流れる小川に興味深々だが、遊びを工夫するのに苦労している。

注意を守らなかった一人の児童が、自分の仕事でもないのに薪割りで手を切ったという連絡が入り、看護婦の毛利さんと宍戸教諭が、保健室として利用している『深見荘』に連れて行き治療をするが、医者に見せるほどの重傷ではないとのことで一安心。

夕食が終わる頃、予想通り雨が降り始めた。これは今日の屋外の活動はできそうもないと判断した担任は、一度は屋内で過ごすことを決めたのだが、7時を過ぎた頃には雨は止んだので、急遽『肝試し』をすることにした。
 子どもたちが大喜びしたことは当然である。
 『肝試し』といっても、普通の学校のように教師たちがお化けの格好をしたり、小道具を用いて驚かす訳ではない。よく用いられるコンニャクなどの小道具を使うことなど全く必要がない。
 ただ昼間、間伐体験の説明を受けた集落の外れにある広場から、子どもたちが考えたアイデアを尊重して、抽選で決めた男の子と女の子のペア−で自分たちの家に帰るだけのものであるが、都会では経験できない真っ暗な道を歩くのであるから、子どもたちにとっては大変な冒険であるらしく、肝試しとしてこれで十分である。
 しかもここは『大平宿』。本校の関係者以外は全くいない。どんなに大声を出しても大騒ぎしても誰に迷惑をかける訳ではない。大声で叫びながら恐怖心を振り払ったり、互いに好意を持っているのか微笑ましく腕を組んだり、場合によったら男の子が女の子に頼りきるなど実に様々な光景が繰り広げられる。きっとこの子たちの心にいつまでも残る素晴らしい時間になっただろう。

一段落した頃から再び雨が降り始める。今度の雨はかなりまとまったもので、明日の行動が心配になってくるが、雨のおかげ手、夜の冷え込みは例年よりやわらかい。
 先輩たちの申し送りと、指導の徹底で十分な防寒対策をした子どもたちから安らかな寝息が聞こえるまでにはそれほどの時間はかからない。
 ただ、子どもが寝てからも先生たちの仕事は続く。去年の反省にたって、保健室という意味合いで、もう一棟新しく建てられた『深見荘』というッ家を借りていたので、順番で休息はとれるようになったが、体力の消耗は大変なものがある。

明日の社会を担う子どもたちを育てる情熱と、子どもたちの幸せそうな瞳の輝きが生きがいだという本校の教員集団とはいえ、この『飯田自然体験学習』を続けていくためには、これからも意見を出し合いよ閧謔「方向性を見いだしていかなければならない。その意味では、北村君と平岡君という養護教諭の免許取得に教育実習にきた大学生二人がなかなかの好青年で、宿泊行事には必ず参加してくれているのが心強い。

子どもが完全に寝静まった夜遅く、本部にしている『水道屋』という民家に、引率者全員が集まり、改めて中村さん達を紹介するが、その頃になると雨はますます激しくなり、早々に明日の予定を確認して互いの持ち場に離れた。私も寝袋にもぐり込む。

 第2日目のペ−ジへ