01年度 飯田自然体験学習レポ−ト
  
          

日目

 1025() 天気予報では雨の心配はないが、やはり気になるのはお天気。目覚めと共に空を見上げると、ェ上にはオリオンが、この学習の成功を約束してくれているかのように素晴らしい輝きで私に微笑みかけてくれる。
 学校に着くと、もう数人の児童と保護者の方が集まっている。出発が7時と早いので、少し心配したが杞憂らしい。
 雲一つない空を見上げながら、たくさんの保護者や教職員に送られて元気に出発したバXヘ、大平宿を知り尽くした飯田のベテラン運転手がハンドルを握る。大型のバスが入れない秘境である『大平宿』には、慣れない都会の運転手では心もとないので、あえてお願いした飯田の地元の中型のバス3台。
 ところが思わぬ落とし穴、永福のインタ−に乗る車線を間違えて、甲州街道の本線に入ってしまった。私は高速に入り間違いなどあり得ないと思っていたのに、これは驚いたが流石ベテランの運転手は落ち着いたもので、少し先の信・ナUタ−ンし、改め高速道路に車を進める。
 後のバスも先頭に従って、同じ行動であるが、きっと2号車・3号車の運転手の方は驚いたのではないだろ、かB
 高速に入ったら、最初の遅れなどまったく気にならないほどの順調である。ベテランの運転手らしく、巧みなハンドルさばきとアクセル操作で、高速の入り口間違いでロスした時間をまたたくまに取り戻し、9時少し過ぎには『双葉』のサ−ビスエリアで一休み。
 諏訪湖までの車窓からは左に南アルプス、右に八P岳フR々が我々を歓迎しているようにきれいな姿を見せてくれる。例年より10日ほど早いという紅葉が美しい。岡谷のJKを過ぎ伊那路に入ると、飯田はもうすぐ。飯田のインタ−付近の、たわわに実った真っ赤なリンゴの出迎えで、子どもたちから思わず歓声が上がる。
 飯田インタ−で去年同様、飯田市役所の竹前さんの出迎えをうけ、竹前さんの先導で目的地に向かう。予定よりかなり早く、午前11時過ぎには『柿の沢センタ−』に到着できた。ここは今回の自然体験学習のメ−ンの一つである、私たちの『中幡の森』を創るという壮大な夢作りの現地でもある。

土地の提供者であり、『中幡の森』の創造という夢の理解者で、一緒にやりましょうと言っていただいている宮内博司さんから、歓迎の挨拶をいただき、素晴らしい景色の中で昼食をとる。食後、植樹や間伐などの説明を受けて、p意していただいた特産のリンゴを頬張りながらしばし休憩。
 歩いても少しの距離であるが、鎮守の森のすぐそばの『中幡の森』までは時間短縮ということもありバスで移動し、いよいよ植樹開始である。

 去年は、最初だったこともあり報道関係者がずらりと並び、鍬入れの時には一斉にフラッシュがたかれていたが、。年はそれほどのセレモニ−はない。それでも朝日新聞や中日新聞、地元の数社の新聞記者の取材に、子どもたちもニコニコしながら応じている。地元の新聞には、翌日大きく報道された記事を見せていただいたが、どの新聞社も実に好意的に書いてくれているようである。学校に帰ってから保護者から聞いたことであるが、朝日新聞と東京新聞は都内版に掲載しているとのことで、この自然体験学習という実践が広まる期待がふくらんでくる。

植樹が終わると、今年の6年生の『総合的な学習の時間』の大きな課題である環境問題を考えるために、特にお願いした森林の間伐作業体験である。数人のグル−プに分かれて森に必要のない木を伐採する。必要でない木というと誤解が生れそうであるが、森を守るためには間伐は大変重要な作業であることを教えたい。実際に木を切り倒すことが重労働で、森を守るアとが「かノ大変かを少しは実感できるのではないだろうか。
 宮内さんから鋸の使い方や、切り倒す方向を見定めての切り口・受け口など、本格的な森林作業の仕方を指導していただいた子どもたちは、生れて初めて本物の木を切るという作業に夢中に取り組む。
 20mにも及ぶ立木を伐採するのだから、体験学習とはいえかなり本格的な作業である。最初のグル−プでは、木が倒れる時に倒れる方向とそのパワ−が予想がつかず、凄い驚きの声があがったが、それぞれのグル−プで協力しながら、実に有意義な楽しい間伐体験が進んでいる。
 ただ、教師にとっても初めての体験であるので、木が倒れる方向の予想を付けるのが難しく、折角植樹した苗木を痛めそうになるなど、思槎失敗もあり、来年は先に間伐作業を体験してから植樹が良いだろう、という反省まで手に入れることができたのも大きな収穫である。
 一連の作業に続いて、来年の植樹の苗を育てるためのドングリ拾いである。今年の6年生が持ってきたドングリの苗は、去年の子どもたちが当地で拾ったドングリを発芽させ教室で育てた苗であるが、その数がわずか十数本だったので、来年は数十本、できれば一人一本の苗を持ってきたいと考えているので、大量フドングリを持ち帰り発芽させるという計画である。
 ところが、今年はドングリが少ない。しかも、落ちている実はすでに虫が食べていたり、腐っているものが多く、予定量集まらない。聞くところによれば、例年より早くドングリが落ちてしまったとのことであるが、これは私の見込み違いである

充実した時間を過ごした子どもたちは、いよいよ今回の学習の生活の場である『大平宿』にむかう。飯田から大平宿まで約20km、大型バスは入らない山道の連続である。

去年は直接大平宿に向かったので、子どもたちは曲がりくねった山道で紅葉に感激しては歓声をあげ、ぎりぎり中型バス1台が通れるような細い道での、対向車との行き違いに感動の声を上げていたが、今年は植樹や伐採に満足したのか、バスの中は静かで大方は眠りに入っている。

 午後4時前、大平宿に到着。今年も大平宿を守る会の世話役の羽場崎さんの出迎えがあり、歓迎の挨拶をいただく。あらかじめ勉強しトきたアとであるが、初めて目にする山村風景に興味津々、そしてこれから始まる3日間の体験に対しての期待が高まってきたのか、一人一人の子どもたちの瞳が輝いている。

 それぞれの家に分散し荷物などの整理をして、いよいよ食事の準備である。ところが手違いで頼んでいた食材が届かない。携帯電話の電波の届かないこの廃村『大平宿』では、唯一の連絡闥iが、一台きりの緑の公衆電話であるが、これもカ−ドが使えない代物ときているので、外部との連絡もままならない。
 早速、文明の利器を普段から使い慣れている生活との違いに驚かされたが、今食材を乗せて向かっているという情報に一安心と同時に、先生も子どもたちも一様にあわてても無駄というかなり開き直りの心境になっているのか、実にのんびりしたものである。
 その間に、初めての薪割りと囲炉裏と竈の火おこし作業を楽しむ。
 待つこと約40分、やっと食材が届く。今年は全ての子どもたちが全ての体験を味わえるための工夫として、それぞれの任務が完全に分担できるようにグル−プ分けがなされており、事前指導が十分なこともあり、動きが実にスム−ズである。

 夕暮れが迫り、気温が急速に落ちはじめる。上弦を過ぎた月のおゥげで、キっかり日が落ちても月明かりが、分散している家々との連絡程度の行動には懐中電灯なしでも可能にしてくれる。

最初の食事はカレ−である。炊事係の児童は真剣である。生れてはじめて経験する竈で釜を使ってのご飯炊き、囲炉裏でのソ理作りなど、なかなか手際よい。去年の経験が生きているのだろうが、先生たちの指示が確実に通り、作りはじめが遅れたにもかかわらず出来上がりは早く、ご飯もカレ−もなかなかの出来ばえである。

去年は、全く初めての事だったので、先生も不慣れだったこともあり、できるだけ手がかからない方法を選択したが、今年は{格的な料揩フ連続である。たった一回の経験で、これほどまで変化するとは驚きと同時に、本校の教師の質の高さに敬意を表すると同時にこのような教師集団と一緒に生活できる幸せを改めて感じることができた。

後片付けが終わり、私の出番である星の観察にはいったのだが、月が明る過ぎる。
 夜の行動の自由与える獅ナあるが、星を観るためには邪魔なことおびただしい。去年は全くの闇夜だったため、漆黒の闇という素晴らしい経験ができたのであるが、影がはっきりと見えるほどの月明かりでは、見える星は限られて来る。

 次の夜には、乗馬でのトレッキングの人たちが入村するという情報で、夜肝試しなどのイベントでは迷惑をかける心配があるので、肝試しを今日に繰り上げたので、星の観察は速めに切り上げて、3人一組で自分の宿舎まで帰るという肝試しにレる。
 去年は漆黒の闇で、始める前から泣きだした子どもをいたのであるが、懐中電灯も必要ないほどの月明かりで、子どもたちは余裕そのものである。肝試しを楽しんだ子どもたちは、田中教諭がこの日のために老眼鏡を巧みに利用して作った、手製の望遠鏡で星観には邪魔だった月の表面を観察し、寝る準備にかかる。
 夜の冷え込みはかなりなものであるので、携帯カイロを身につけて寒さに対して十分な用意をして寝袋にもぐり込むよう指示を出し、しばしのお喋りタイムをとって消灯。長い価値ある体験の連続で満足した子どもたちの安らかな寝息が聞こえて来る。

子どもが寝てからも先生たちの仕事は続く。その最大が囲炉裏の火を絶やウないことである。
 火を絶やすと冷えが襲って来る。去年も利用した『からまつや』という家は、部屋には襖があって身体を寄せ合って寝ると寒さはしのげるが、今年初めて利用する『ますや』は、昔旅籠だったという家なので、襖もないので大変である。

 囲炉裏の回りは防火といういみからも当然板張りである。先生たちは火を絶やさないという重要な仕事があるので、その板張りの場所にに寝袋をしいてもぐり込むことになるが、すョそばに囲炉裏の火があるとはいえ、寝袋の薄い布を通して体温が板が奪い取るので、大変である。恐らく先生たちは、寒さと囲炉裏が気になって殆ど眠れなかったのではないだろうか。

 第2日目のペ−ジへ