00年度 飯田自然体験学習レポ−ト

  第一日目
 10月26日(木)朝7時30分、校庭に集合した6年生児童45名の顔は未知な体験に対して、少しの不安と大きな期待に輝いている。
 大勢の保護者の方に見送られて、いよいよ出発。
 飯田市が私たちのために特別に用意してくれた中型のバス2台は、いつも行っている移動教室や林間・臨海学校と比べ、子供たちの荷物もかなり大きくなっている上に、大平宿での自炊生活に備えて大量の食料はじめいろいろな物資が座席まで占領し、座る場所もないほどななってしまった。
 今は秋の行楽シ−ズン真っ最中であるので、飯田市内のバス会社では調整がつかず、1台は茅野市からの配車である。
 幡ヶ谷に7時30分の配車という事は、運転手の方は朝3時頃に出発していることになる。申し訳ない気持ちで一杯である。

 インタ−ネットで調べた3日間の天気予報は、ほぼ雨の心配がない。その上私は、個人的に飯田を訪れたことも入れると今回で5回目、今まで一度も雨に会っていないので、奇妙な自信がある。

普段乗り慣れている大型バスではないので、気持ちが悪くなる児童も数人出たが、中央自動車道は渋滞もなく、極めて順調なバスの旅である。途中『談合坂』と『駒ヶ根』のサ−ビスエリアで休憩をとり、飯田インタ−には予定通り11時30分到着する。
 児童たちはインタ−の側道の近くの、窓から身を乗りだしたら届きそうな近くにある、たわわに実った真っ赤なリンゴを見て大きな喚声をあげる。
 確かに大人でも、大きな真っ赤なリンゴがこれほど大量に近くに見えると思わず『美味しそう』と口から出るのだから、初めてリンゴの樹を見る子どもたちが大騒ぎをするの気持ちはよく分かる。
 インタ−で飯田市観光課の高橋さんの迎えを受け、昼食の場所である『沢木湖』に案内していただく。途中の車窓からはリンゴとカキの見事なコントラストが見える。これほど間近に大量のリンゴを見ると、だセん興味が薄れるのか喚声は少なくなってくる。
 沢木湖畔は観光客の姿もなく、まったく私だけの世界、子どもたちは『飯田の空気は美味しい』と口々に言い合っている。昨夜来の雨で芝生は濡れているが、コンクリ−トの部分はすっかり乾いているので、適当に広がって楽しそうである。

 食ラIわって、いよいよ目的の『大平宿』へ出発。市街から少し入る当たりから、道幅は狭くなってくる。日光のいろは坂以上の急カ−ブの連続と、乗用車でもすれ違いが難しいような狭い道路、そして山道の工事の連続で乗っている我々は思わず喚声と悲鳴が続くが、そこはさすがベテランの運転手、実に鮮やかな運転ぶりである。
 それでも途中は工事区間が多く、何回もすれ違いのために相手の車をバックさせたり、あるいはバスがバックしたりと大変である。その度に必ずヌちらともなく会釈したり短いクラクションで互いの連携を取っている。
 『飯田の人はみんな優しくていい人ばかりだと感じた。すれ違う度に、東京ならばどけどけといったクラクションなのに、クラクションを鳴らしても、優しくそっとした音色ばかりだ。』という子どもたちの感想に、私も感じていた事を子どもたちも気がついてくれている事にうれしくなる。
 大平宿までの山道ヘ、譌p車で約40分の距離であるがであるが、すれ違いに時間がかかるバスでの行動なので、予定より少し遅れの2時半に到着する。

入村式で『大平宿保存会』の羽場崎さんから、この集落が30年前に集団で離村したいわれなどを聞く。普段は飯田市内でスポ−ツ店を経営している羽場崎さんは我々のために特別時間をさいて駆けつけてくれたとの事で、私も2年ぶりの再会の挨拶をかわす。
 1組は『からまつ屋』2組は『中村屋』という生活の場になるそれぞれの民家に移動して、いよいよ体験生活が始まる。男の子が挑戦するのは薪割りである。鉈を使う事など実生活では全くない。先生たちも経験した人が少ないこの薪割りの作業は子どもたちにとっては新鮮な経験なのだろう、実に生き生きと挑戦している。
 私は自分自身がうれしくて仕方がなかったのだろう、早速『からまつ屋』の囲炉裏に火を入れる。何度も経験があるので、本の少しの新聞紙で鮮やかに薪に火がつき、あたたかそうな炎が揺れ始めた。
 周りの子どもたちからも『校長先生さすが』と称賛の声がかかり、年甲斐もなくうれしくなってしまう。
 後で先生たちから、『校長先生が体験してどうするのですかB子どもにやらさなければいけません。』ときついお叱りに、もっともな事と納得しごめんなさいの連続と若干の寂しさを味わい、以後はできるだけ口も身体も出さないように心がける。

 子どもたちの宿舎の囲炉裏から追い出された私は、風呂を沸かす事にした。本部としている『水道屋』と呼ばれている民家は斜面に建てられており、その建物の地下部分と表現したら良いのかもしれネ「がかネり大きな風呂がある。
 この夏に火災で三軒全焼した関係で、風呂部分の修理のために沸かす事ができなかったのであるが、『水道屋』の修理が終わって、この日から沸かしても良いとなったので早速の挑戦する。
 薪で風呂を沸かすのは何年ぶりになるだろう。小学生の頃は毎日私の仕事としてやった事があるので、ほぼ50年近く前にも逆上る事になる。今では考えられない事であるが、レンガパッチンと呼んでいた罠で雀を捕まえて、風呂を湧かすついでに食べていた記憶がよみがえってくる。
 沸かす事およそ2時間、なかなか良い風呂加減になってきたので、毒味ならぬ毒湯と称して一番に飛び込む。薪で沸かした湯独特の柔らかい湯の感触がたまらない。
薪の風呂は一度火が安定すると、あとは大きな薪を入れておけばかなり時間的には余裕ができる。勝手に手だしをしてはいけないと自分に言い聞かせながら、子どもたちの様子を見て回るが、初めての経験なのに竈でお釜でご飯をたく姿が実に楽しそうで生き生きと輝いている。

あるワンパク児童が『俺ここが気に入った、ここでずっと住みたい。』と周り笑わせたが、この豊かな感性を大事にしたい。
 カレ−と野菜サラダの夕食を終わるころ、外は真っ暗になっていた。外灯一つないので漆黒の闇である。民家の修理の工事人が去ってしまうと、ここ大平宿は私たち以外の人間は一人もいない。お互いに了承さえできていれば、どんなに騒ごうと大声を出そうと迷惑がかからないという解放感がたまらない。
 見上げると、我々を歓迎するかのように満点の星空、若いころは星の指導に情熱を燃やして、学校で星を観察するために宿泊なども何度も経験している私にとって血が騒ぐ。
 星の観察については、だれにも遠慮がいらないので、早速第一回目の星の観察を始める。広場に集めて、まず『寝っころがってごらん』と指示する。当然都会で生活している子どもたちはそんな事をした事がないのだから驚く。数人の子どもが寝っころがって星空を見上げたが、口々にきれいとか、流れ星など喚声が起こる。それに連れられて次々に寝っころがり夜空を見上げる。
 私の懐中電灯の光が、白鳥座のデネブ・琴座のベガ・鷲座のアルタイル、この夏の大三角から北極星の見つけ方、Wの形になっているカシオペア座と北極星の関係、そしてカシオペア座から白鳥座を通り夏の大三角の間を流れているぼんやりとした白い光の流れが『天の川』と次々に指すと、あれほど騒がしかった子どもたちも静まりかえって星の世界に入って楽しんでいるようである。
 私自身これほど迄の星空を見るのは久しぶりであるので、初めて『天の川』を見る子どもたちにとっては物凄い感動だったのではないだろうか。
 一旦終了してしばらくして見上げると、真上にはペガサス座からアンドロメダ座・ペルセウス座など神話の世界で飾られた秋の星座のオンパレ−ド。そのすぐ後からスバルに先導された横向きのV字型の牡牛座などの冬の星たちが現れ始めている。またジュピタ−と呼ばれる木星の神々しい迄の輝きとサタ−ンと名付けられた土星の怪しい光も漆黒の闇にじっと大平に注がれている。

再び第二回目の星の観察、子どもたちの喚声は前にも増した事は言うまでもない。

気温はぐんぐん下がり、部屋の中でも囲炉裏の火が落ちると寒さがこたえてくる。もっとも都会の家のように密閉されていない上にすき間だらけの家は、外と変わらないと言っても過言ない。引率の先生たちは、囲炉裏の火を消さないように交代で寝ずの番である。もっとも寝袋にもぐり込んでも、囲炉裏の周りが広い板床であるため、下からの寒さで起きてしまい、薪をくべて火を保つ事が必要になってしまう。

2日目の活動
飯田のトップへ