付加価値のある苗木で『町おこし』

私の住む町の近くに、数年前に大型花店が誕生しました。恩田川沿いのその店は、JR横浜線の十日市場駅から歩いて20分ぐらいかかる大変不便なところにあるのですが人気があるらしくいつでもお客がいる感じです。

特に週末に行くとレジに大勢のお客が並び支払いの順番を待つほど盛況です。大型の温室風の店に足を踏み入れると、ムッとするほど様々な花の香りが一度に押し寄せ、おしゃれな植木鉢に植えられた色とりどりの花が、驚くほどの広さを誇るこの店内でさえ狭く感じさせるほどたくさんの花や苗が並んでいます。また、観葉植物や苗木なども目立ちます。

季節を先取りした花類(しかも新種なのでしょう見たことのない花)が多く、洋蘭なども驚くほど低価格で販売しているのも人気だと思いますが、パンジ−はじめ各種の花の苗や季節の野菜の苗が、一株100円程度という手軽な値段なこともあって飛ぶように売れている感じがします。
 私も散歩や買い物の途中によく訪れますが、広い駐車場があるので車で買い物をする人が台車に大型の買い物籠を乗せて運んでいる様子に出会います。圧倒的に女性客が多いのですが、熟年の夫婦姿が楽しんで買い物をしている風景も多く見かけます。
 買い物客の顔は何となくゆとりがあり、にこやかな感じがしますが、これは花が人の心を和ませる働きと、花屋さんの特徴の一つかも知れませんが、時間的に余裕を持ってながめて楽しんでいるからだろうと自分勝手に想像しています。だからレジで並ぶのも苦にならないのかも知れません。
 どんなに家が立て込んだ地域であっても路地には鉢植えの植物が並んでいますし、窓の狭い手すりにも花が並べてあります。団地やマンションなど土がない場所でもベランダにはプランタ−を置き花が植えられています。

庭のある住宅では、競うように様々な庭木が植えられています。特にこの季節は花の咲く樹木が多く、それを眺めながら歩くのも楽しみになっています。このような風景から、いかに多くの人が花や緑の植物を求めているのか知ることができます。

  私が『老人ホ−ムで花の苗を育てて生きがいつくり』という発想を持ち呼びかけているのには、このような背景がありますが、さらにもう少し視点を変えて、多くの人が緑を育てる喜びを持つ考え方を提案したいと思います。

 緑を大切に、樹木を育てようなどという標語が昔からありました。植樹祭が各地で行われている様子がテレビなどで紹介されています。卒業記念に苗木を植えることもどこでもやられています。

人々の願望
『樹木を育てたい』これは誰もが持つ潜在的な願望ではないでしょうか。だから庭付きの家が昔から夢であり、庭を手に入れた人たちは競うように庭木を植えるのです。樹木を育てたいという希望が叶うからです。

ところが、最近の住宅事情は樹木を植えて成長を楽しむ、というような願望を許せなくなったようです。新聞の折り込みに毎日のようにマンションの紹介があります。そのほとんどは80uを超える専有面積を持ち、間取りにもゆとりがあります。都心にマンションを求める人も多くなっていますが、マンションではそこにはベランダがあっても樹木を植えることはちょっと無理です。
 また、私の住む横浜郊外では建て売りの住宅の建設が盛んです。半年ぐらい前のことですが、20年以上空き地になっていた、およそ40m四方ぐらいの土地に突然住宅が建ち始め23軒もの家が建ったことも驚きです。全て木造3階建てで駐車場がある素敵な家なので、現代の建築の不思議と底力を感じていますが、当然庭はほんの少しで大きな樹木など植えると間違いなく近隣でトラブルになるのが目に見えています。

これは極端な例かもしれませんが、郊外でも広い土地の住宅を求めることがますます難しくなっています。それでも入居した人たちは、花を植え生け垣を作って楽しんでいるのです。
 このように、自分でどこかに樹木を植えたいという望みを持っていても実現が難しいという人々に対して、その願望の実現を可能にするのが、私が提言する近い将来自分で植樹できる『付加価値のついた苗木』の販売なのです。
 この考え方は、地方の活性化と同時に地方の子どもたちにも広げることによって、将来的に地域を愛する人つくりに役立つと信じています。

具体的な提案

 最初は地方の人たちによる苗木つくりからはじめます。大人が苗作りをしても良いのでしょうが、小学校や幼稚園の子どもたちに、校外学習などの機会を利用してドングリを拾い発芽させることをすすめたいと思っています。その苗を育てることは子どもたちの心を育てる絶好のカリキュラムだからです。

その苗を、行政が買い取って、学校には苗の記念図書館や苗の記念コンピュ−タなどということで還元します。そのなえを都会で展示販売会などの機会に販売するのですが、これだけでも立派な付加価値に違いありません。
 さらに、その苗に『付加価値』をつけるわけです。

植樹場所の提供

 付加価値としてはいろいろ考えられますが、もっとも大きい価値は、その苗を植樹できる場所を提供することです。販売する苗に、自治体の市長や教育長の顔写真のついた、『この苗は、私たちの○○地区の空き地に植える権利を保障します。』という保証カ−ドをつけるのです。

誕生記念や入学記念に最高のプレゼントにするなど夢がふくらむキャンペ−ンなどはどうでしょうか。その苗を部屋やベランダ、あるいは庭で数年育てある時期家族で植樹に地方を訪れます。その時、格安で休息する場や宿泊施設を提供できると、自分たちが植えた記念樹を見にリピ−タ−となるのではないでしょうか。
 この付加価値のついた苗を植樹に来た都会の人たちの中で、ドングリを拾って苗木をつくり販売する人が生まれたら、これはその地方にとって何よりの宣伝効果をもたらすに違いありません。

私は中幡小学校でドングリの森創りを提案し実行してきました。それは6年生が飯田市校外の廃村『大平宿』を中心に行ってきた究極の自然体験活動の一つに森創りをするものですが、その時拾ってきたドングリを発芽させ苗を育てて、次の学年の子どもたちに託して植樹するという命の受け渡しのリレ−活動です。まだ、はじめて数年しか過ぎていませんが、子どもたちが大人になって自分の家庭をもった時、自分たちの子どもにこの森のことを自慢できるのではないでしょうか。中には訪れる家族もいるに違いありません。

かなり長い時間が必要ですが、一時的なイベントではないので、きっと心に残るものだと信じています。
 この手法は、地方の名所作りにも応用できるはずです。

桜の名所創り

 桜に限りませんが、ある地方にとってシンボル的な場所があると思います。その周りに子どもたちによる植樹をする計画です。町おこしで、よく植樹をしますがその苗を子どもたちに作らせるという活動はあまり耳にしません。

私は、これからの教育に一番必要なことは子どもたちに命の大切さを実感できる活動を与えることだと信じています。日本のような温暖な気候では、大体の植物は挿し木で育てることができるのですが、多くの人がそのことを知りません。たとえ知識として知っていても実行している人はごく少数です。
 小中学校の理科では残念ながら挿し木の方法を教えませんが、総合的な学習の時間を利用して挿し木の手法で桜の苗を作ります。6年生が育てた苗を入学記念に1年生に託します。これを繰り返して6年生になると町のシンボルの周りに桜の苗を植えるのです。桜は成長が早いので、数年で花をつけるようになります。きっとその地方の子どもたちの手によって植え続けられる桜は、町のシンボルとしての価値を高めるでしょうし、その町を愛する子どもたちを育てるに違いありません。
 この方法で作る名所は桜に限りません。それぞれの地方に合う樹木で名所を育てることを検討されたらいかがでしょう。

鉢の工夫

 苗を育てる鉢に付加価値をつけるもの大変味があります。地方には利用価値の少ない間伐材が至る所で放置されています。その間伐材で鉢を作ってはいかがでしょうか。

樹皮を剥いてしまうと乾燥してひびが入ってしまいますので、樹皮のついたままくり抜いて鉢として利用する、あるいはポリの鉢を樹皮で飾ったり、くり抜いた材にポリの鉢を埋め込むなどの方法で部屋のインテリアとして飾るに耐えるようにすると立派な付加価値がつくではありません。そのような付加価値のついた鉢を町の産業として育ててみるのも面白い試みだと思います。
 間伐材以外にも、趣味の陶芸などで作ることや、その目的で陶芸教室などを作り地方の文化の発展の手助けにするアイデアとして広げていけます。 (杉)

                         トップペ−ジへ