ドングリに想いをよせて・・・

 植物が種を維持し続けるために、それぞれ工夫をしている。
 動物にその種子を運ばせるイノコズチやアメリカセンダングサなどはその一例である。これら草の種子は、どこに運ばれてもその地で芽を出し繁茂する。
 しかし、樹木となるとそうはいかない。一度芽を出すとよほどのことがない限り50年や100年は当たり前、種類によっては 500年,1000年という長い長い風雨に耐えなければならなくなる。また、自分が大きく育ち枝葉を伸ばすと、まわりは自分が大将でその下では、日陰でも生き抜くことのできる植物しかの成長を許さない。

 それは自分の子どもでも同じであり、もしそこで芽生える幸運にめぐり合ったとしても、自分が枯れるまでは子どもが成長することを許せないのである。
 ドングリの仲間の木は、自分のまわりに自分の種子を落としても育つことができないことを知っており、できるだけ遠くにしかもバラバラに自分の種子を運ぶことによって、次の世代の繁栄を画策するのである。
 もし、ドングリの実がまん丸だったら、落ちた実はきっと同じ方向にころがるだろう。風がふいても同じような運動をするだろう。同じ場所に大量に集まったら、リスなどのドングリを食餌にしている動物によって、全て食べつくされるにちがいない。だから、あのようなそれぞれに工夫された形を持ち、できるだけ不規則にしかも親の木から、できるだけ遠くに運ばれやすくなっている。

 ドングリにとって待ちわびているのが、台風である。
 強い風で落とされたドングリは大雨によって、遠くに流されその地で新しい命を育むのである。これもわかるような気がする。なるほど台風にはこんな役目もあるのである。
 もう一つドングリが待っていることが、子ども達に拾われることだという。一部はコマなどに使われてしまうが、多くは校庭や庭という全く新しい環境に捨てられ、そこに根を下ろす機会に恵まれるからである。その意味で遠足でのドングリ拾いは意味があるが、ごみ袋に入れられたのではドングリの折角の願いが水泡に帰す。最近の学校では、生活科の定番として遠足や社会科見学などで、大量にドングリを拾ってきて、そのドングリを使って子どもたちに工作をさせているが、ほとんどの場合残ったドングリはゴミとして処理しているようである。

 私は、採取したこのドングリ、子どもたちの教材として十分利用するのは大賛成であるが、以前から余ったドングリを土に返したいものだと考えており、一部は育苗箱で発芽させていたが、植える場所が限られている都会地では結局枯れさせることが多いのが悩みになっていた。
 そこで今私は、ドングリの発芽させて新しい土地に生きさせることを考えている。
 ドングリの発芽率はかなり低いようであるが、それでも発芽させる意図を持った環境を整えれば、十分子どもの数程度の発芽は可能であり、現に私の部屋で発芽したドングリの苗がすくすくと育っている。
 私は、大量に発芽させて、入学した子どもにプレゼントしてはどうかと考えている。 恐らく小学校に入学したお祝いに、たくさんのお祝いを貰っているだろうことは想像に難くないが、都会の子どもたちにとって苗木のプレゼントは、きっとびっくりするにちがいない。新入生たちは(親の仕事になりそうであるが)植木鉢に植えられた数十センチのドングリの苗木を、自宅の庭やベランダ、あるいは路地先において毎日水やりなどして育てる。もし置き場のない子どもたちがいたとしたら、学校に置いて育てるのもよいだろう。
 
数年間育てると、植木鉢の大きさにもよるが、かなり大きくなる。
 6年生になったら、その苗木をもって提携している地方の自治体に行き植樹する。これが私がすすめようとしている『ふるさとの森構想』である。
 おそらく多くの子どもたちは、自分で育てたドングリの苗木の成長を楽しみにするだろうし、小学校時代の思い出として、いつまでも心に残しておくに違いない。また時にはそのドングリの苗木に会いに出かけるのではないだろうか。
 今は夢物語であり、私一代ではできない継続の事業であるが、教職員の協力や地域の理解を得ることができれば、単なる夢物語ではないはずである。もし区がその気になって理解と協力してくれれば、『渋谷・故郷の森』の実現も手の届くはずである。
 簡単に定着することは難しいことであるが、都会と地方の利害が一致するこの事業は、かなり可能性は高いのではないだろうか。 (杉)

 このような私の提案に、飯田市が応え予算を含めて全面的な支援と、年度途中の教育課程の変更にも関わらず許可した渋谷区の英断で、その年(2000年) を最初に今日まで続いているのが、中幡小学校の実践である『飯田自然体験学習』である。
 恐らくこの自然体験活動は、全国のどの公立学校では考えられない夢の実践だと自負している。

                  トップペ−ジへ