素人の野菜つくり

朝、ダイコンとあいさつする子どもがいる風景

 校長職の時は、ずっとダイコン作り私の担当でした。1学期の終わりごろにジャガイモを収穫して放置してあった6年生の畑は、夏休み中はまさに雑草の天国になります。6年生にとって、その雑草取りが2学期の農作業のはじめとなります。

毎年思うことですが、イネ科の植物が多い雑草抜きはかなりの重労働なはずなのに、この作業は都会の子ども達には魅力的なのか実に楽しそうに活動します。ほとんど手作業の雑草抜きですが、まさに人海作戦の効果で1時間もすると、すっかり取り除かれた雑草は野積みされます。間もなくこの雑草も肥料となって土に戻すのも大切な教育理念の一つとしてきました。
            

 そこに石灰を撒き鶏糞と腐葉土をいれて耕します。数日後、種を蒔くのですが、私流のダイコン作りは畝を作らず、平らにならした畑に溝を作り、かなり密に種を植える方法をとっています。子どもたちの仕事ですので、ばらつきがあるのは仕方ありません。数日後芽生えが始まり、やがて畑には何重もの緑の線が描かれるようになります。

この一列に揃った芽生えは、今までいろいろな野菜の芽生えを知っている6年生にとっても実に感動的なものであり、命の尊さを教える絶好の素材になります。芽生えた新しい命に優しく土を寄せていくことを知ると、子どもたちは一本の芽をも傷めない気持になり、実にていねいに土を寄せる作業をします。

一回目の土寄せを終わると、浅いながらも畝ができ畑らしくなります。数日後、本葉が出揃うと誰の目にも明らかに混みすぎることが分かるので、間引きという作業が必要なことを指導します。いまさら説明する必要はありませんが、この本葉が数枚出た若いダイコンの芽はそのままで食べても甘味があり実に美味しいものです。マヨネ−ズやドレッシングでサラダにしたり、チ−ズや生ハムなどでくるむと、実に味のある素晴らしい料理になることを子どもたちに教え、実際に食べさせるようにしています。

間引いたダイコンの葉はいかに生野菜嫌いの子どもであっても、確実に食べるのも不思議ですが、これはダイコンが土から抜かれ命がなくなる瞬間、いわば命が食料に変わる瞬間に、ダイコンが放つ何かが子どもの心を打つのではないかと私は信じています。

また、私自身の経験から「おい大根、元気かい」とか「早く大きくなれよ」などと語りかけると、作り手の気持ちをダイコンは察して、ぐんぐん大きくなり素晴らしい味をご馳走してくれことを知っていますので、このことを朝会などで話しています。

ダイコンの芽生えの時季には、6年生たちが毎朝畑でダイコンに声をかけルようになります。この風景は微笑ましいものです。ダイコンはますます元気になり、あっと言う間に次の間引きが必要になるほど混みはじめ、かなり大きくなったダイコンの葉は料理のバラエティは多くしてくれます。

間引きを繰り返しながらていねいに土寄せをし、毎日声かけをすることによってどんどん大きくなったダイコンは、年末収穫を迎えルことになります。大体毎年100本ほどの収穫がありますが、ダイコンを素材にしていろいろな料理を工夫します。

葉も皮も使って、ふろふきダイコン、ダイコンさらだ、おでん、ブリダイコンやイカダイコン、ダイコンカレ−、おひたし、キンピラなど、子どもたちが作る料理はかなりバラエティにとんでいます。何より嬉々として料理を作っている姿は、最近話題になっている荒れる子や学級崩壊、不登校やいじめなど教育の負の部分など何一つ感じさせないほど明るい雰囲気が充満しています。

全てのダイコンを学校で料理しきれませんので、残ったダイコンは子どもたちの家庭に持ち帰って夕食の食材となりますので保護者も大歓迎です。
 畑で野菜作りをするとなると、教員は100%の例外なく畝をつくります。この畝作りが難しいと、野菜つくりを敬遠する人もいますが、学校ではできるだけ子どもたちが世話をしやすいようにしなければ、子どもたちが興味を示しません。その意味で、畝を作らないことが大事なのです。

 畝など作らなくても、ダイコンは芽生えますし、どんどん成長します。はじめから間隔を開けて種を播くのも考えものです。私の方法は水糸を張って、種を密植します。本葉が出るまでは、それの方が成長が早いことも経験上知っていますので、自信を持って子どもたちに教えます。本葉が出て誰の目にも混み過ぎるとわかった時、間引きをして食べることを教えます。子どもたちは確実に食べてくれますし、『この間引きした菜を生ハムで包んで食べるとビ−ルの最高のつまみになるよ。お父さんやお変えサンに食べさせてあげなさい。』と言うと、先を争って持ち帰って親に学校での出来事を話します。

 6年生になっても、このような家庭での話題が見つかると嬉しいものなのです。ぜひ全国の学校でダイコンを作ることを奨めたい教育思っています。校庭の片隅の一坪ででもいいではありませんか。朝早く子どもたちがダイコンに声を書けている風景が見られるがには、きっと登校拒否やいじめ等の負の話題は無くなると信じています。(杉)

                             トップペ-ジへ戻る