素人の野菜つくり

冬野菜の王様−白菜作り

 私は今から数年前まで自宅前に約100坪ほどの農地を近所の農家から借りて、いろいろな野菜つくりに挑戦していました。当時は、学級担任であったり、教頭であったり、また校長職との兼任でしたので、自宅の前と言う恵まれた環境でしたが、畑仕事ができるのは土曜日(土曜日が休みになる前は無理でしたが)と日曜日に限られていました。
 ですから、日曜日になると朝から野良着に着替えて一日中畑で過ごしたものでした。
 その畑も、開発の波には勝てず現在特別老人養護施設の建設がはじまり、周りを見わたしても以前の面影すら探すことさえできなくなっています。

 この百姓仕事の経験は後になって教育において大変役に立ちました。
 言葉を選ばずに言うならば、野菜を育てるのも子どもを育てるのも考え方や気持ちの上では同じではないでしょうか。特に最近の圧倒的多数の子どもたちは親の都合で、生まれた時から兄弟が少なく、核家族の中で育てられています。親から叱られたり、兄弟で物を奪い合うような経験もほとんどありません。
 親のお手伝いの機会も全くないと言っても過言でないほど、自分で何かをしなければならないと言うことがありません。着替えなどの日常の生活経験さえ、親が決めて手伝うことも多いようです。

 そんな現代の子どもたちに、私は畑で野菜作りを教育カリキュラムに取り入れて学校経営の柱にしてきました。
 学校園での農業作業は協働作業です。そこには算数や国語のテストの成績は関係ありません。自分たちで何かを作った経験がない子どもたちにとっては、野菜作りは絶好のチャンスになりました。汚れを気にしていては土とは戯れられません。都会の子どもたちにとって、当初は汚れることに何かしら嫌悪感があったらようですが、教師や友だちと一緒になって共通の仕事をすることが楽しみになったきました。私の場合は教師集団が一丸となって農作業に取り組めたことが、結果的に良かったのですが・・・・。その意味では素晴らしい教師集団と共に過ごせたことは良い思い出です。

 この経験を生かして、私は退職後『自然体験の伝道師−ネイチャ−エバンジェリスト−』と名乗り、全国に学校で野菜作りをすることを投げかけています。

 学校は最近、どんどんと忙しくなっています。本当ならば地域の人々と一緒になって子どもたちの教育に取り組むことが必要なのですが、不審者対策が一段と厳しくなり、門扉を固く閉ざして、地域の人さえの来校すら拒んでいる場合が多いようです。
 その上、学力低下という現場の教師たちにはなんの罪もないことが、あたかも教員の資質の低下のようにマスコミから叩かれていますので、折角の総合的な学習の時間の意義すら怪しくなって、自然体験の大事さは頭では分かっていても、実際に実行となると難しいのが現実です。
 まして、農作業など無理だという雰囲気がありますし、都会地では学校園や学級園すら確保するのが難しいことも十分理解できます。しかし、子どもの心を豊かにするためには、自然体験や農業体験は大変有効な方法です。多くの学校が難しい条件の中工夫することを願ってやみません。

 このサイトでは、このような学校や教師を応援する意味で、私の拙い農業や職に対する経験や意見を掲載することにしたいと思っています。私は農業に関しては素人ですので、プロの農民から見たら間違っていることも多いと思いますが、都会の学校での農業活動や自宅での野菜作りの経験から、自分なりの考えを述べたいと思います。
 間違い等にお気づきの場合は、お手数でもご連絡・お叱りをいただければ幸です。よろしくお願いします。
 秋から冬にかけて、食卓を飾る代表的な野菜は、やはり白菜です。
 つるべ落としの夕日がはやばやと地平に落ち、夜のとばりが一面を覆うと、勤め帰りの人々は、灯りに誘われて、のれんをくぐり、鍋料理をつつき、酒を酌みあう機会が多くなります。
 また、一家団欒のひとときを楽しみに、できるだけ早く家路にむかう人たちも多いと思います。
 その団欒のひとときを飾るのも鍋料理であることが多いのも、この季節の特徴ではないでしょうか。

 鍋料理の主役は、カキでありタラであったりします。また、カニでありボタンでもあり、場合により、チャンコだったり寄せだったりと、それぞれの場に応じてにぎやかです。
 しかし、これら主役の海や山の幸を引き立てるのに、なくてはならないのが『白菜』なのです。
 椎茸やしめじのきのこ類も味があります。ネギやしゅんぎく、人参や大根なども鍋の味を引き立ててくれますが、『白菜』のない鍋料理は考えられません。これは日本人にとって、誰もが感じる共通の季節感ではないでしょうか。

 その『白菜』はなかなかうるさい野菜です。まず酸性の土壌をかなり嫌います。現在では、品種が改良され、病害虫に強いものもでてきたのですが、一般的にはきわめてデリケ−トな野菜なのです。
 さらに、種を蒔く時季を間違えると、うまく育ってくれません。その年の気候にも関係するはずなのですが、不思議と8月25日〜30日の一週間の間に蒔くとできがよいようです。
 それ以前に種蒔きをすると、発芽はするのですが、病気になることが多く、しばらくすると、すっかり消えてしまうことがよくあります。

 逆に、蒔く日を遅くして、9月になって蒔いたものは、病気になるものは少ないし、順調に成長はするように感じるのですが、9月下旬になって気温も下がると、急に成長が鈍くなり、白菜独特のあの心地好く締まった楕円に結球した姿になりにくい傾向があります。

 私は以前かなり長期間、この気難しい『白菜』の栽培に挑戦しましたし、今でも猫の額ほどの庭で挑戦していますが、まだ満足のいく作品ができなません。

 種蒔きの時季が、暑い蚊の多い時季なので、ついつい野外に出ることが少なくなるいけないのかも知れません。
 また、残暑が厳しいので、深く耕したり、堆肥を入れたりする土作りが億劫になるのもうまく出来ない大きな原因の一つなのだろうと、失敗するたびに反省していますが、次の年、その反省が生かされません。
 今年こそ、計画をしっかり立て、汗を流すことを厭わず、まず土作りに打ち込み、時季を逸することなく種を蒔き、自ら『白菜』の立場にたって、どうすれば育ちやすいかを常に考え、満足のいく作品を作ってみようと思っています。

 このこと、学校作りや学級作りと同じではないでしょうか・・・・。(杉)

                             トップペ-ジへ戻る