農村が元気でなければこの国の未来はない

 ライブドア騒動で代表されるように、マネ−ゲ−ムというのでしょうか若者や主婦層までも株の売買で一攫千金を狙っている人が増え、一億総お金儲け主義がはびこっているような雰囲気になっています。お金が大切だということ自体はそれほど問題ではありませんが、お金儲けのためならば何をしてもよい、という考え方は問題です。法律を犯してまでも株価をつり上げたり、国のリ−ダ−であるべき人までが官製談合など悲しく情けない事件が多すぎます。一体この国のモラルはどこに行ってしまったのでしょう。

 都会では、お金さえあればボタン一つで何でもが可能となるほど、便利で快適な生活ができるようになっていますが、反面、急速に進む過疎化と高齢化によって元気がなくなった村の存在は見過ごすことはできません。一昔前の日本の村には活気がありました。子どもたちが自分たちの社会を作って遊び回る姿が日常的に見ることができたのですが、最近はその姿も消えてしまいました。昔から経済的には決して豊ではありませんでしたが、そこには自然の恵みに感謝し慎ましく生きる人々の姿がありました。人間としてもっとも大切な相手を思いやる慈しみの心が、ごく自然に生まれる環境は、日本人の心の原点として精神的な支えでした。
  村の豊かな自然は都会に住む人たちの食糧の作り出す場でもあります。そのことを現在都会で生活している人たちは知ろうともしなくなっています。お金さえあれば何でも買えるというシステムが、日本人の心と生活の原点である村を見えなくしてしまっているのです。しかしいつまでも都会の繁栄が続くとは考えられません。間もなく食糧さえ手に入らない世の中が来ることは確実です。今こそ過疎にあえいでいる村の存在に光を当てなければ大変なことになることは、多くの識者達も警告しています。

私は、『農村が元気にならなければこの国の未来はない』と語り続けています。どうすれば村を活性化できるか、昔のような子ども達の屈託のない声がひびく村にするための方法を一緒に考えようではありませんか、と呼びかけています。

農村を活性化するためには産業が必要です。高齢者や主婦に現金収入の方法がないと村に活気は生まれません。産業を起こすことはなかなか一朝一石にできることではありませんが、知恵を出し合って特産品を作り出し流通できるようにすれば、過疎にあえぐ村に元気を与えることはできるはずです。そのよい例が、徳島県のある村ではお年寄りが、山に出かけて美しい新緑や紅葉の葉を集め、それを箱詰めして都会の料亭に仕入れてもらうというビジネスによって、一人が年間数百万円の収入を得ている事実です。これは大変大きな勇気を与えてくれます。そこで、私なりの活性化案を紹介したいと思います。

そこで一つの提案します。 地方の特産品を産み出す工夫です。
 その例として、『土佐文旦』で作るお菓子について紹介したいと思います。

文旦の皮をうすく切って煮る 一晩水にさらしグラニュ−糖を入れて煮詰める 水分がなくなったらアルミの入れて冷ます 適当な大きさに切ってグラニュ−糖をまぶしてでき上がり

土佐文旦は、毎年2月頃から出荷される高知県の特産の柑橘類です。皮が厚く種が多いのが欠点ですが爽やかな味が都会の人に合うらしく近年人気がでて最近は手軽に入手できるようになっています。私は日頃から果物の皮の部分をゴミとして捨てていることに疑問を持ち、皮を加工できないか研究を続けていますので、今回は文旦の皮を使ったお菓子作り紹介することにします。

試行錯誤して、今回『シュガ−文旦』と名づけたお菓子を完成したのですが、少量の海水成分を隠し味にしていますので、グラニュ−糖を使っているのに甘さ控えめの食感と、何より文旦のほのかな香りと口当たりの良い苦みがうまくミックスされて、お土産にしても喜ばれる出来ばえになりました。早速、友人知人はもとより近所の多くの方に食べていただき感想を聞きましたが、口々に後を引く美味しさがあると大評判。我ながら大成功と自画自賛しています。
 これは、多くの地方の特産の野菜や果物の皮や種子の加工のヒントになるはずです。
 文旦以外に、カリンの飴(ジャム状にして喉の特効薬)、柚子のお菓子や種の粉末(食べてもお風呂に入れてもなかなか良い)
など実験済みです。暖かくなったら、身近な果物や野菜、あるいは野草などで挑戦してみようと思っています。自信作ができましたらまたこのコ−ナ−で紹介します。

興味がある方はメ−ルでご連絡ください。 試作品を持参して作り方の講習や、あるいは農村の活性化について参考意見などお話をさせていただきます。村の活性化に何らかのお役に立てれば幸と思っています。()

                             トップペ-ジへ戻る