素人の野菜つくり

サトイモは最高の教材

 私は『学校で作る野菜は何が良いですか?』と聞かれたら、真っ先にあげるのがサトイモです。
 現代では、ほとんどの教師にとって農業体験は初めてですので、できるだけ簡単にしかも確実に育つ野菜でないと意欲がなくなってしまいます。教育は人です。意欲のない教師がいくら口先で言っても子どもたちは動きません。
 その意味でサツマイモなどの芋類は大変作りやすい野菜ですが、中でもサトイモは最高だと確信しています。

 ジャガイモは、種イモの段階から、芽をできるだけ少なく切って植える必要があります。一つの種芋にはたくさんの芽になる部分がありますので、1ケをそのまま植えると、茎がたくさん出てしまって成長に問題が起こります。そこで、元気な茎を一本残して、後は芽を摘み取るという『芽カキ』という作業が重要になります。芽カキなど経験を積まないとなかなかできないものです。
 そこで、芽カキが少なくなるように、種イモの段階で芽をできるだけ一つになるように切って植えるのです。これが案外難しく、下手をすると切ることは切っても、芽のない部分を種イモとして植えてしまうことも稀ではありません。

 サトイモにはこんな手間がありません。芽になる部分を上にして上さえすれば良いのです。たまに上下間違う子どももいますが、種イモそのものが、すでに芽が出始めていることが多く、緑の部分が芽になるところだよ、と教えればまず間違うことがありません。また、土をかける前に教師が簡単に間違いないか確かめられることもサトイモの優れたところだと思っています。
 
 実際に私が校長として野菜作りを教えた経験を紹介します。
 私のサトイモ作りは、畝は全く作らないのが特徴です。

 水糸に沿って真っ直ぐ一列に60cm程度の間隔で穴を堀り、少しの化成肥料を入れて土を戻したところに、サトイモ上下を間違わすに植えます。
 植え終わったら、まっ平らにしておきます。しばらくして雨が降るとイモを植えた部分は少しへこむ状態になるので植えた場所はわかります。しかし、大勢の子どもが入る畑なので、テ−プを張って踏まないように注意を与えています。

サトイモの芽生えは遅く、一月ぐらいたつとサトイモを植え込んだ畑は一面雑草に占領されますが、、その中で気の早いサトイモは遠慮がちに小さな芽を出しはじめます。
 子どもたちがこの芽を発見したら、サトイモ作りは半分以上成功したと言っても差し支えないと思います。

 芽を観察させて、この芽と違う草は栽培には必要ないこと教え、注意深く除草することを教ます『草抜き』という作業は子どもたちにとって慣れない仕事ですが土には不思議な力があり、間違いなく子どもたちは実にていねいにこの作業を進めます。

 抜いた草にも命があること、そしてごみ箱などには決して捨てず、畑に埋め戻すことによって、命が肥料になって野菜の成長に役立つことを、その場で指導することも忘れてはならなりません。

すっかり雑草を取り除くと、ほんの小さな芽をも見えるようになり、子どもたちはこの芽に労りの心を配るようになります。芽がでそろったこの頃にていねいに土を寄せてやると、畝ができ、七夕の頃には、はっきりとサトイモとわかる葉が広がり、葉の上には丸い露がたまるようになります。
 『昔から、その露を集めて墨を摺って、七夕の短冊に願い事を毛筆で書くとかなえられると言い伝えられている』と言って、露を集めて短冊に願いを書くために硯で隅を摺ります。この日書いた字について一切指導はしません。『上手だね』『願いが叶うといいね』と、徹底的に褒めることにしています。実際にいつもより間違いなくていねいな字を書くから不思議です。

夏休みに草抜きという重労働がありますが、一年目はほんの数人の教師と、呼びかけに登校した子どもたちとで行いましたが、その年の秋教師はもとより、子どもも保護者も予想を遙かに超える大収穫を目にすると、翌年からは子どもたちが自発的に登校して草取りと土寄せをするようになりました。
 私は、これは子どもたちのネットワ−クの力だと確信しています。子どもたちが後輩に伝えてくれるのです。昔は、この方法で子どもたちの遊びなどが伝わったのだろうと思いますが、最近は大人の価値観がこの子どものネットワ−クを壊してしまい、伝わりにくくしているようです。
 でも、子どもを信じて待つ姿勢を持ち続ければ、子どもたちのネットワ−クは生まれてくるものです。

後はお天気任せ、二学期になっても葉はどんどん茂り、11月の中旬までそのままにしておきます。いよいよサトイモ堀りですが、毎年、およそ150kgほどのサトイモが収穫できます。
 子どもは大喜びして次の学年の子どもたちにこの喜びを伝えます。教師も親も改めて感動します。学校中大いに盛り上がり、ますます畑に対しての愛着が大きくなります。 
         (杉)

                             トップペ-ジへ戻る