学校給食を考える

 我が国で今日のような学校給食が行われるようになったのは、昭和29年から立ったと思います。私が確か五年生で、始めは脱脂粉乳を溶いたミルク状の飲物を、家から持ってきた食器で飲んだ記憶があります。

 その年に公布され、直ちに施行された学校給食法には、この法律の目的として、第一条に『この法律は、学校給食が児童及び生徒の心身の健全な発達に資し、かつ、国民の食生活の改善に寄与するものであることにかんがみ、学校給食の実施に必要な事項を定め、もって学校給食の普及充実を図ることを目的とする。』とあリマス。
 戦後の混乱期は、人々は自分が食べることだけで精一杯だったのが、その頃からやっと児童生徒の健全な育成に心を砕けるようになり、上記のような目的で、この学校給食法が定められたのだろうと想像しています。

 ユニセフの尽力で、というよりアメリカの膨大な余剰食糧の輸出という事情が大きかったのが定説になりつつありますが、ともあれ強力な援助で始まったこの脱脂粉乳給食は、あまり美味いものとはいえなませんでした。
 むしろ飲み干すのが苦痛でしたが、多くの児童生徒は、飲まないと教師の鉄拳が怖くて飲み干したのではないでしょうか。

 しかし今思うと、この脱脂粉乳給食が我が国の児童生徒の体位向上に及ぼした功績は大きく、このお蔭で今日の我が国の繁栄と豊かな生活があると言って過言ではないはずてす。その意味では、この法律の役目は立派に果たされたわけです。

 第二条に、学校給食の目標として次のようにうたっています。
『学校給食については、義務教育学校における教育の目標を実現するために、次の各号に掲げる目標の達成に努めなければならない。』

1.日常生活おける食事について、正しい理解と望ましい習慣をやしなうこと。
2.学校生活を豊かにし、明るい社交性を養うこと。
3.食生活の合理化、栄養の改善及び健康の増進を図ること。
4.食糧の生産、配分及び消費について、正しい理解に導くこと。

 はたして現在にどれぐらいマッチしているでしょうか。先が割れたスプ−ンは最近こそ使われなくなりましたが、まだまだ食器すら改善されない学校もあると聞いています。私が校長として赴任した学校では幸い強化磁気の食器を使っていますが(一度に出す食器の数は3つが限度ですが・・・)、はたしてアルマイトの食器で、食事に対しての正しい知識と理解、そして望ましい習慣が養えるのでしょうか。
 場合によったら、コロッケやフライまでスプ−ンで食べさせていては『犬食い』と呼ばれる、日本の食文化がもっとも忌み嫌う、食器に顔をもっていって食べる習慣がつくのではないでしょうか。

 そういえば、私も知らず知らずにそうしているのでしょうが、町のレストランや食堂など食べ物を扱う店で、箸を使うそばやラ−メン、あるいは○○定食などを食べる人たちの様子を観察すると、ほとんどの人々は食器を口に持っていくことをせず、口を食器に近づけているようです。
 本格的な和食では、かなりの数の器が並べられます。視覚で食を楽しむことが私達日本人の優れた感覚の一つになっています。その器を手にして口を近づけて箸でいただく姿にこそ、日本の食文化の原点があるのではないかと私は感じています。器を口に近づけることによって、必要以上に上体や首を動かさなくり、背筋をピンとのばして流れるような仕種で食べることができるようになるのです。

 私達の食べるものは全て、肉や魚そして野菜にいたるまで『命あるもの』です。言い換えれば、他の命と引換えに生きているとも言える大切な『命』をいただく敬虔な儀式が食事なのです。そのため、姿勢を正し『大切なお命を頂戴します』という意味の『いただきます』というあいさつをし、終わったら『お命をいただいて本当にありがとうございました』という感謝の気持ちをこめて『ごちそうさま』と口にするのだと、以前私が結婚式をあげた宇治にある興聖寺の植木和尚に教えられたことがあります。
 だからこそ、私達日本人にとって、何より大切な儀式である食事の間中は、背筋を伸ばし姿勢を正す必要があるわけで、小さな器に料理を分けて乗せ、それを手にして口を近づける和食のマナ−は、この敬虔な儀式の進行にきわめて有効な方法なのです。

 今はたしてどのぐらいの日本人が、このような和食のマナ−について価値観を見出しているか疑問ですが、学校給食が『日本の食』について考える機会を奪っていることだけは確かなようです。
 学校給食を始めたねらいのひとつに、貧しさゆえの栄養のかたよりと体位の向上をはかることがありました。今の我が国に、貧しさゆえの給食の必要性があるのでしょうか。むしろ、今日ではすでに学校給食を始めた頃の目的は達成されたと言ってもよいのではないでしょうか。

 確かに私が受け持った児童の中には、給食があるのでかろうじて食事にありつけているという例もないでありませんが、この場合でも、本当の貧困からくる事由ではなく、親の気持ちの持ち方一つの問題であることが問題なのです。

 随分以前になりますが、埼玉県のある町の町長が、学校給食廃止の方針を打ち出したことがあります。当時私は、町長の勇気に感動し町の人々の反応を楽しみに見守ったのですが、残念ながらこの町長の英断は挫折し、町長自身の自殺と言うことで幕はおりてしまいました。


 私は、今すぐ現在の学校給食をどうこうしようとを論じようとは思ってはいませんが、給食費すら意識的に払わない親が出はじめていること一つとっても、学校給食が曲がり角にきていることは確かで、そろそろ必要かどうかまで掘り下げた根本的な議論があってもおかしくないと思っています。

 飽食暖衣に慣れ過ぎた社会全体が真剣に取り組む必要があるのではないでしょうか。      (杉)

                             トップペ-ジへ戻る