日本人の心原風景は『農』 そして季節感

季節感を忘れた日本人

私たち日本人の血の中に流れる基本的な生活習慣は、日本の風土気候から生まれていると確信している。世界に例のない温暖な島国であるが故に、生きる糧を得るに易しい風土は、争いを好まず盗む必要もない生活を生み、お互いを同胞としていたいたわりあい助け合う精神を自然に培ってきた。

一年を通して雨の多い温暖な気候は、はっきりとした四季を作ってきた。四季というよりさらに細かい季節変化が毎年繰り返され、悠久の時を過ごすうちに人々は二十四節気七十二候という世界に例のない季節の変化を微妙に言い表す素晴らしい知恵を生み出した。

元々は中国の考え方なのだろうが、月の満ち欠けを基本にした暦で、日本流に季節のずれを修正できる『24節気』という素晴らしい考え方を、生活の中に取り入れた先人に敬意を表したい。日本人の季節感はこの24節気を抜きにして語れない。

八十八夜や二百十日などは、立春から数えた日数であることは多くの人が知っていることだが、なぜ立春から数えた日が、これほど重要になっている訳を説明できる人は少なくなってしまった。
 中国から伝わった旧暦では、1〜3月を春、4〜6月が夏、7〜9月が秋、10〜12月を冬と決めて、春の真ん中の春分を含む月を2月、夏の始めの立夏を含む月を4月というように定めたわけである。この考え方で、季節がずれて、例えば春分が2月に入らなくなると、『閏(うるう)つき』を入れて調整した。

これで季節のずれを一ヵ月以内に押さえる。一月以上も季節がずれると種蒔きや刈り取りなどの農作業などの『生活暦』では困ることが多いので、季節によって変わらない立春や立夏などの太陽の季節点を基準にして表すという素晴らしい知恵である。
 立春は昔の都、京都や現在の東京では梅が咲き始める頃になる。まさに春の訪れを感じられる日で、日本人の生活の基準に相応しい日なのである。
 このように立春を中心にして数えると、八十八夜は現在の暦で5月2日ごろになる。この頃になると、今ではあまり馴染みのない言葉になったが『八十八夜の別れ霜』などと格言が残っているように、近畿や関東地方では霜の下りる心配がなくなる。
 農耕民族であった私たちの祖先にとって、米づくりは生活そのものであり、八十八という数字そのものは米の字を分解したものであることから、この日から本格的な米づくりに入ったのではないだろうかと、私は想像している。

この二十四節気は完全に太陽の動きを基準としており、その意味ではまさに太陽暦であるが、この太陽暦を太陰暦で暮らす週間があった江戸時代までの社会でも、使っている不思議を私は感じざるを得ない。

西欧社会が18世紀の産業革命によって、大量生産大量消費の思想を打ち立てたが、わが国は鎖国という条件があったのは確かであるが、19世紀の後半まで、この考え方を知らずにいたこと、そして知った後も、つい50年ほど前まではこの季節感が生活の基本になっていたように思える。

最近話題になっている様々な社会的な負の要因や事件は、実はこの日本人として一番大切な『季節感』を日本人自身が失ったからではないかと考えるのは私一人なのだろうか。

季節行事を見直す

 考えてみると、節分の豆まきが各家庭から姿を消してきた。桃の節句でお雛さまも完全に商業ベ−スになってしまい、一般の家庭では雛飾りなど無縁になってしまった。お釈迦様の誕生日を祝う花祭りが宗教行事だとして学校から消えてしまった。

こどもの日の基になった『端午の節句』という言葉が死語となり、『ちまき』って一体何なの、という質問が来るようになった。八十八夜が節分から数えた日で、その頃が茶摘みの最適期であることや、米という字が八十八という組み合わせから来るように、米を創り始める季節であることを理解する大人すら少なくなってしまった。

自然までが季節感を味わうゆとりがなくなったのかと思うほど年によっては雨も少なくなり、梅雨という季節も言葉だけになってしまったような気もする。本来ならば田植えの季節に当たるのだろうが、品種改良から寒さに強い稲がつくり出されて田植えの季節は早くなってしまい、梅雨の到来を迷惑だとしか思わなくなってしまった風潮が悲しい。

二百十日という言葉も死語に近くなってしまった。昔は台風の特異日と言われた二百十日や二百二十日も、台風に備えるという意識すらなくなってしまった。もっとも台風程度で壊れるような弱い家がなくなったからだと考えると別段感傷的になる必要もないのかもしれない。
 お月見の習慣も失われて来た。

学校が荒れている、校内暴力、登校拒否、問題行動、無気力無関心などなど、学校がかかえる問題は数多く、決してこれから少なくなることなど考えられない。ますます数は多くなり原因はより複雑化し、問題の解決は今以上に難しくなっていくに違いない。

私はこのような問題を根本的に皆無にできないまでも、少なくする有効な方法の一つが幼い時から季節の行事を家庭で、親子が楽しむことだろうと信じている。物心ついた頃、親子で『鬼は外・福は内』あるいは『明かりをつけましょ、ぼんぼりに…』などの合唱や香りのたかい菖蒲湯に親子で入る体験、わが子の将来を短冊に書き星に祈ったり、お月見をしながらお団子を作ったり食べたりするゆとり、これがわが子との信頼を作り上げると同時に、子どもの心の教育としてこれからの人生の糧になるのではないだろうか。

そのような両親の十分な愛情で育まれた子どもたちを、プロとしての教師が、そのこの才能を見いだし引き出し伸ばしていく、これが学校教育の本来の姿であると考えている。
 いかがだろう・・・・・・・。            (杉)     


                             トップペ-ジへ戻る