素人の野菜つくり

野菜(キャベツ)の値段を考えてみませんか

 皆さんは野菜の値段を真剣に考えたことがありますか。安いということが基準になっていませんか。次の文章は、平成5年に当時校長をしていた大森第一小学校の校長室通信11月号に掲載したものです。
 野菜の値段を考えていただくために掲載してみます。何らかの参考ににしていただければ幸です。

この年の夏は異常気象が続き確か白菜が1ケ700円もした年だったと記憶しています。
―――(要約)
 今年の夏は全国的に長雨・低温傾向の異常気象が続き、農作物への影響が心配されました。やはり危惧されていた通り、稲作の被害が大きく、このところ『米不足』に関する話題が毎日、新聞やテレビで報道されています。

 米がとれ過ぎたといっては、全国の稲作農家に減反を迫り、今度は米不足なので、その減反政策を緩めたり、外国から大量の米を輸入するなど国の基本である農政が一貫していないように思えるのは、私だけではないと思っています。我が国の農政に対しては、様々な考えや意見があります。私には難しすぎるので、今日は、この問題には直接触れることを避けて、やや視点を変えて考えてみたいと思います。

 私が日曜農民であることは何回も述べてきました。自宅近くに約100坪ほどの畑を借りて日曜日を中心に自家用にいろいろな野菜を作っています。もうかれこれ15年ほどたつのでかなりのベテラン素人農民であると自負しています。今年の夏は、低温傾向でしかも雨が多かったせいで、野菜、特に葉菜を中心にかなりの被害がありました。               

 最近では高値で安定したようですが、一時はキヤベツ一個500円という常識では信じられないような値段がつき、消費者の間に強い不安感が広がりました。
 でも、この500円という値段が本当に高いのでしょうか。今月は、このキャベツ一個の値段に焦点をあてて、話題を提供してみようと思います。
 キャベツの値段を実際に自分で確かめたくて、自分で栽培してみることにしました。

 9月始め、四季どり甘藍(カンラン=キャベツのこと)の種を一袋300円で購入してきました。中にはさらにアルミ包装された二つの小袋の中に、それぞれおよそ100粒づつぐらい、かなり小さな種が入っています。                  

 育苗箱に土を入れ、およそ5センチ間隔で3〜5粒ずつ種を蒔き、土をかけ十分の水を与えます。計算しやすいために全ての種が発芽するものとします。丈夫な苗だけ残し後は間引きをすると、50〜60本の苗が得られることになるはずです。(実際でもだいたいその通りになりました。)

 今年は、雨が多く風が強い日などが続いたので、例年よりかなり難しい条件だったのですが、水やりなど欠かさず気をつけて苗作りをしてきました。しかし、畑に定植できたものは、やや不適当と思われるものも含めて、25本に過ぎませんでした。

 一方、一般に家庭菜園をされている人が育てるとしたらという条件を考えて、園芸店からキャベツの苗も同数購入し、同じ日に同じように畑に定植してみました。一本80円のその苗は、さすがに大きく元気がよいもので、私の作った原価12円ほどの苗よりはるかに成長が早いように思われましたし、現在はっきり差がでています。     

 以来私はこの苗たちを、一本も枯らさないように慎重に育てています。元肥は堆肥や油粕など十分に入れ、すでに追肥も二回終わりました。幸い、寒くなるにつれて虫たちが活躍する機会は少なくなり、植えかえた時の一度だけの消毒ですんでいます。

 あわせて50本植えた苗が、順調に育って収穫できるのは来春になるでしょう。先に述べたように、一本も枯らさない覚悟でがんばっていますが、日曜日もままならない私には、その世話が大変です。順調に育っているように思えますが、育ちの悪いものも目立ちはじめ、わが家の食卓に乗るのは、私の今の技術では30個ぐらいがいとこだろうと思います。
 人件費や消毒、肥料などを無視するとして、種代と苗代で計2300円、30ケ収穫できたとして、一ケあたり80円ぐらいなるのでしょうか。 

 この校長室通信を読んでいただいている皆さんは、私が苦労して作ったこのキャベツの値段を、八百屋の店頭に並ぶ一個500円のキャベツと比べて、高いと思われますか、それとも安いと感じられますか。

 もう少し深く考えてもらえるように、話をわかりやすくすることにします。
 仮に東京23区内に住むAさんが、近所の農家から、農地にかかる税金だけは自分で払うという条件で、教室一つ分の広さの農地を借りてキャベツを作るとします。

 教室の広さは普通60u程度、約20坪です。そこにキャベツが成長するために、最小限必要な空間をあけて苗を植えるとすると、私の試算では約250本ほど植えられることになります。種から苗を作るスペ−スも労力もないので、苗は購入するものとして計算します。
 苗代として、一回の栽培には、1本80円×250本=2万円は必要です。また、市街化地域の農地は宅地なみ課税されるので、20坪で約2万円の税金を収めなければならなくなります。

 現実的ではありませんが、一年を通してキャベツのみを栽培し、年三回収穫することができるとして、しめて年間750本の苗を育てられる計算になります。
 そこには葉を食べる虫は少なく、病気も発生もないとします。実際にはこんな恵まれた環境は考えられませんが理想として話を進めます。
 消毒はしなくても、肥料はかなりいるはずです。私の経験では、年間5千円ぐらいはかかるのではないでしょうか。一年を通して、日曜日は全て晴れると考え、午前中は農作業に従事でき、しかも、Aさんの腕は確かで、一個の失敗もないと仮定すると年750個のキャベツを収穫できることになります。

 苗代6万円、税金2万円、肥料代5千円が最低必要で、人件費や消毒代などを全く無視すると、収穫できたキャベツ一個は約110円ぐらいの見当になります。私のような未熟な自称農民なら、半分収穫できればよいほうなのでキャベツ一個の値段は一挙に220円になってしまいます。
 現実には、Aさんのようなプロでも、連作障害などを考えると、全く失敗なく年間を通して750個のキャベツを収穫することなど不可能なことです。また年に2回の収穫が精一杯だろうと思います。余程丹精こめて作らなければ難しいと思いますが、その七割が収穫できたとして、一個およそ200円ほどの計算になります。

 実際の農家では、苗を自分で育てる土地があるはず、苗など購入する事は少ないと思います。その場合は単価はぐんと低くなりおよそ60円見当になるでしょうでか。市街地以外の農地で栽培すればさらに単価は低くなると思います。

 しかし、農家が生産し私たち消費者の手にわたるまで、農協による集積・出荷や、運送、そして市場でのセリ、仲買人の手から小売業者までの流れなどきわめて複雑な流通経路があり、その都度その人たちの人件費を計算して野菜の値は上がります。

 もし、Aさんが苦労して作った一個200円のキャベツを、現在の流通経路にのせて市販したとすると、はたしていくらになるでしょう。
 野菜は生きものですし、きわめてデリケ−トです。その時の天候などに大きく影響されます。現在の自由市場の考え方では、需要と供給の関係で値段が変動することは当然ですが、私たちの大切な食料である農作物ぐらいは、農家の人も納得し、消費する私達も安心できるような、ある程度いつも安定した値段でありたいものです。

 高値安定の現在、近所の八百屋やス−パ−の一ケ300円のキャベツは、農家はどのぐらいの単価で出荷しているのでしょう。
 ビ−ル320円、スポ−ツ新聞110円、たばこ一箱240円、缶のジュ−ス類110円などと比べてみたときのキャベツ一個500円。
 これは本当に高いのでしょうか・・・・・・。
                                                   ―――――――
 いかがでしょう。

先日、ス−パ−マ−ケットで値段を調べてきましたが、そのときはキャベツ1ケ128円でした。キャベツを実際に栽培している農家に支払われる値段は、どのぐらいになるのでしょう。農協に集荷する費用やトラックで搬送費用、さらに市場でセリにかけたり、仲買人の手間賃などを加算していくと50円以下かもしれません。

キャベツを例にとって話を進めてきましたが他の農作物も基本的には同じです。農家としては、これではとても生計が立たないので作物の単価を抑えるために、大量収穫でき、しかもできるだけ手間をかけないために農薬を使わざるを得なくなります。それも広い場所で大量に散布することによって効果は高まり、見た目にもきれいな作物が収穫できるようになるのです。

シュンギクのように、匂いのする野菜はあまり虫の被害がありませんが、それでもアブラムシの除去剤は散布しなければならないでしょう。まして多くの虫が好むアブラナ系の野菜は殺虫剤を散布しないと、よほど気をつけていない限り一晩でも葉は虫食い状態になってしまいます。
 本来ならば、あんな小さな虫たちが食べるということ事態、美味しくて安全なのだろうと思いますが、経済的に豊かになった私たちは、そのような虫が食べたような野菜に対して嫌悪感を持つことが当たり前となり、少しでも虫食いの葉が見つかると食べる人はまず皆無といっても過言ではなくなったのです。

人間とって食料、特に毎日食べている野菜などは大変重要です。特にこれからの社会を担う子ども達には、何よりも安全で安心できる食物を与えることは、私たち大人の責任だと思っています。そのためには、私たち自身がもう一度身の回りの野菜を吟味する必要があるのではないでしょうか。

色や形にこだわっていませんか。遠くから車で運ばれてくる野菜は、それだけ燃料を使い二酸化炭素をたくさん発生させていることになります。
 このことも考えて、せめて家庭では地元でとれた新鮮な野菜を食べたい物ではありませんか。
      (杉)

                             トップペ-ジへ戻る