田舎が元気でなければ この国の未来はない
『Kuwaffee』で『村おこし』



Kuwaffee で全く新しい飲料習慣を・・・

地方に出かけた時に立ち寄るお土産店や道の駅などには、その地方の特産品を生かしたお菓子やケ−キ類や、野菜や山菜などを工夫した漬け物や真空パックにつめられた品物、あるいは最近は焼酎などが山と並べてあります。しかし買い求めても、もう一度取り寄せるなどは極めて稀です。お土産としては、これでよいのでしょうが、どの地方に旅しても似たりよったりでいつも何か物足りないものを感じています。

何か、田舎が潤うような爆発的な品物でできれば良いのですが、なかなかそんなヒット商品は思い当たりません。文旦は季節と地方が限定されますしシルクロ−ションには薬事法の壁があります。

ある日のことです。田舎を元気にする究極の特産品は、毎日食したり使ったりするものでなければならないということに気付きました。毎日食して保存ができ、しかも田舎で作れるものって何でしょう。米がその代表ですが、すでに競争の時代は終わり、普通の田舎では太刀打ちできなくなってしまっています。

緑茶は東北以南であれば育ちますので、まさに田舎を元気にする特産品の条件にあてはまりますが、大企業が大量にペットボトルで売るシステムを作ってしまい、日本の伝統文化である急須で入れて楽しむ習慣が急速に失われてしまっています。今更緑茶を大量に作っても、田舎を潤すヒット商品にはなりません。

さらに、最近は緑茶よりコ−ヒ−や紅茶という人も増えています。紅茶はともかくコ−ヒ−は全て輸入品ですから、いくらコ−ヒ−好きな人が増えても日本の田舎が元気はなれません。コ−ヒ−は刺激が強く、飲み過ぎると身体に悪いと言われているのに、愛飲する人は増えているのは、すでに習慣になってしまっているからではないでしょうか。

前書きが長くなりましたが、私は現職時代、教師たちが朝の一時や休み時間に、コ−ヒ−を飲んでいることを思い出しました。ほとんどの学校の教職員室には必ずといって良いほどコ−ヒ−メ−カ−がおいてあり、教師や職員は手軽にコ−ヒ−を作っています。出がらしはフィルタ−紙ごとそのままごみ箱に捨てられます。急須を使って入れる緑茶より後始末が簡単なのが、時間に追われる教師には便利なのかも知れませんが、コ−ヒ−を飲む習慣そのものが日本人に定着しているようなのです。

この習慣は一般の家庭でも確実に浸透しています。私はここに注目したのです。もしコ−ヒ−と同じように口当たりが良くて、しかもそれが身体に良い飲み物ができたとしたら、将来的には、生活の中に習慣として定着するのではないかと仮定してみました。そしてそれが田舎の人々が簡単な装置で大量に作れたとしたら、田舎を潤すに違いありません。

そして行き着いたのが『桑の葉』なのです。シルクロ−ションと同じで、蚕から教えられたと言ってもよいと思います。

『桑の葉茶』は健康飲料として大変人気で、ちょっとした薬局などでは必ず見つけることでできます。桑の葉を加工した健康補助食品も数多く紹介されています。きっと桑の葉には素晴らしい効果があるに違いありません。図書館に行って、桑の葉の成分を調べてみることにしました。
 すると人間の身体に必要とされるミネラルがふんだんに含まれていることが分かりました。特に
カルシウムは牛乳の15倍鉄分は緑茶の2倍、魚介類にお得含まれている亜鉛も多いというから驚きです。

また、私には化学のことは全くわかりませんが、桑の葉だけにDNJ(デオオキシノジマイシン)という成分が含まれており、これが血糖値の上昇を抑制する効果があることも証明されているそうです。
 植物学の
牧野富太郎博士は、DNJなどという最近の化学のことはご存じなかったのにも関わらず、自分の著書である薬用植物図鑑で桑の葉には『涼血効果』があると明確に書かれています。

『涼血』なんていう言葉はわたしもはじめて聞きますが、何となく血がサラサラになるようなイメ−ジの素晴らしい言葉ではありませんか。その他・肥満防止・血圧上昇抑止・中世脂肪の改善・肝機能の強化・体脂肪減少・発癌抑制・便秘改善・殺菌作用など、素晴らしい効能があることもわかりました。

すでに『桑の葉茶』はもとより『桑の葉の粉』も市販されています。しかしかなり高価で、牛乳などに溶かして飲むように案内されています。私は早速購入して試してみましたが、案内にあるように簡単には溶けません。どうもこれでは、普段からコ−ヒ−などに代わるほど気軽に飲める代物ではないようです。やはり簡単に溶けるようにしなければ、普段から飲む習慣を作るのは難しいのです。

それからしばらくの間は、毎日桑の葉を集めていろいろと実験に明け暮れました。試行錯誤の末に、特に難しい工程を経ずとも、桑の葉を細かい粒にする方法を見つけました。出来上がった桑の葉の粉は実に美しく、まるで翡翠を思わせるグリ−ンです。舌にのせるとやや青みがあるもののほのかに甘さが感じられます。ここまで実験を進めてきて、桑の葉の粉をお湯や牛乳に溶かすのではなく、コ−ヒ−とブレンドして、まるでコ−ヒ−を作る要領でフィルタ−紙で濾過してはどうかというアイデアが浮かんだのです。

やってみると、透明で深い緑の液体が現われました。飲んで見ると人によっては、青みが気にならないではありませんが、甘くて誰でも抵抗なく飲めそうです。次ぎにコ−ヒ−とブレンドしてみたところ、色はコ−ヒ−そのもので味がまろやかな不思議な飲み物が誕生しました。舌に優しい味ですから砂糖もミルクも入れる必要がありません。

私は、この飲み物に、桑とコ−ヒ−とのブレンドですからKuwafee(クワヒ−)』と名づけました。Kuwaffeeはすこし気取って発音すると『クワッヒ−』『カッヒ−』というように、ネイティブな英語の発音に近くなるのも面白いとは思いませんか。(単に英語の方言だという悪友もいますが・・・)

健康にも良いとなると、近い将来(宣伝の方法によりますが)日本人の習慣にすることも不可能なことではありません。コ−ヒ−とブレンドするだけですから、家庭で桑の葉の粉の量を加減するのも、あるいはすでに比率を決めてブレンドした物を売り出すのも良いではありませんか。コ−ヒ−の種類も選択できるのも強みです。

健康志向の多い日本人のこと、この『Kuwaffee』を常飲する習慣ができる可能性は限りなく高いと思います。養蚕は今日の我が国の繁栄の礎です。いまでも農村のいたるところに桑は残っています。生育力が旺盛で病虫害に強い樹木ですので、いくらでも増やせますし誰にでも栽培できるはずです。農村の活性化に役立つと確信しています。

多くの人がかなり高価な『青汁』を愛飲していると聞いています。桑の粉を『桑の葉青汁』や『桑の葉青汁のもと』などというネ−ミングにしても面白いとは思いますが、お湯や牛乳に溶かして飲むというのでは従来の物と変わりません。
 だからこそ私は、コ−ヒ−と桑の葉の粉のブレンドにこだわりたいのです。『
Kuwaffee』は喉越しが良く、桑の葉の粉の割合を限りなく多くしていくと、まさに青汁そのものになります。大量に生産できるようになれば、かなり安く作れるはずです。

私の活動を応援していただいている飯田市の農家の方には、すでに桑の粉を大量に作るようにお願いしてあります。
 『
Kuwaffee(クワヒ−)』は私の商標登録です。商標登録したのはの決してお金を儲けるためではありません。儲け主義の大資本に利用されたくないという思いからです。
 『Kuwaffee』が、田舎の活性化のために役立てられたらと願っています。

私は今年の5月から毎朝この『Kuwaffee』を愛飲しています。
 
 すでにご存じだと思いますが、糖尿病の指標とされている血液検査における
『HbA1C』という項目があります。血糖値は血液検査の前日などの食べ物や運動量などで変化するそうですが、この『HbA1C』と値は過去120日間の平均の血糖状態を表すものですので、医者はこちらの方を重要視しています。
 その値が
4.3〜5.8ならば正常、6.0以上が糖尿病の予備軍、6.5以上なら完全に糖尿病だといわれています。
 私は、随分以前からこの値を下げるように指示され薬を服用していますが、晩酌は欠かさない、空きな食べ物はなんでも食べてしまう食習慣を改められなかったので、なかなか下がらずむしろ上がり気味でした。
 
この『Kuwaffee』を飲みはじめて4ケ月、まさに120日たった今、やっとこの値が5.8と正常の範囲になりました。
 
 これには医者も驚き『Kuwaffee』の効果は認めてくれ、2ケ月後の血液検査でこの値が保てれば薬の服用はやめると言ってくれています。
 『
Kuwaffee』だけ常飲すれば良いとは思いませんが、飲みはじめて血圧やコレステロ−ル値、血糖値も徐々に下がっていることを思うと、『Kuwaffee』の効果は抜群と確信しています。

田舎の活性化に役立てたいと興味関心を持たれた方、あるいは糖尿病などでお悩みの方で試してみたいと思われる方はご連絡下さい。

 今すぐお届けすることは難しいものがありますが、来年から安価で供給できると思います。

 多くの人たちと一緒になってこの『
Kuwaffee』を広めていくことが、田舎の活性化につながると信じていますし、役立つ日がくるのを夢見ている毎日を過ごしています。(杉)

『Kuwaffee』の説明書はこちらから

                             トップペ-ジへ戻る